1まとめらいぶ2017/10/10(火) 19:40:36.30ID:CAP_USER.net
国内大手暗号通貨取引所のbitFlyerはこのほど、ビットコインをチャージできる
プリペイドカード「bitFlyer VISA プリペイドカード」の発行を開始した。
bitFlyerアカウントからビットコインを円建てでチャージし、全国のVisa
加盟店でプリペイドカードとして利用できるという。ビットコイン取引所と
プリペイドカードの連携は国内初。オリエントコーポレーション
(以下オリコ)とフィンテックベンチャーのカンムとの連携で実現した。



bitFlyer VISA プリペイドカードは、カンムが発行しオリコが運営するVisaプリペイド
カード「バンドルカード」と提携したもので、bitFlyerが自社ブランドカードとして発行。
チャージや残高確認には、バンドルカード同様「バンドルアプリ」を使用するという。

 利用にはまずbitFlyerに登録し、Webサイトからカードを申し込む必要がある。
申し込み後バンドルアプリでアカウントを作成し、届いたカードのカード番号
などの情報を入力してカードを有効化。有効化が完了すれば、アプリのプリペイド
カード画面から、入金額を日本円で指定してビットコインをチャージできるように
なるという。

 チャージの上限は1回につき3万円、月12万円まで。ビットコイン以外にも、
各種コンビニやクレジットカード(Visa/マスターカード)、キャリア決済
(NTTドコモ)、ネット銀行、銀行ATM(ペイジー)などからチャージできる。

カードの有効期限は5年で、入会費・年会費・利用料金は無料。年齢制限も設けていない。
Visa加盟店でプリペイドカードとして利用可能で、利用時にはバンドルアプリへPush
通知がリアルタイムで届くという(※一部加盟店舗を除く)。

【IT media NEWS】
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/10/news079.html
【【仮想通貨】VISAでビットコイン、bitFlyerがプリペイドカード発行。】の続きを読む