『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.10.3

      SUV

      1まとめらいぶNG NG BE:837857943-PLT(16930).net

      スーパーカー『ビースト』でお馴染みの、米国新興メーカー「Rezvani」
      (レズバニ)は、予てから予告していた新型クロスオーバーSUV『タンク』
      を初公開すると共に、スペックも発表した。

      高い車高に分厚いボディパネル。巨大オフロードタイヤ、薄型ヘッドライト、
      ルーフにLEDバー、小さめのサイドウィンドゥを持つ、近未来オフローダーだ。
      オプションではナイトビジョンカメラや、ライフル弾防御ガラスも採用する
      防弾仕様もセレクト出来るなど、「地球上で最もタフ」なSUVと言えるだろう。

      また、「オフロードエクストリームパッケージ」には、
      「Dynatrac ProBock XD60/80アクスルセット
      (エアロッカーとエアコンプレッサー)などの
      ハードコア機能が追加される。

      パワートレインは、6.4リットルV型8気筒エンジンで最高出力は500psを発揮する。
      価格は17万8500USドル(約2000万円)で年内にデリバリーが開始される。

      【レスポンス】
       https://response.jp/article/2017/10/08/300806.html#cxrecs_s













      【【画像】地上最強のSUV?ナイトビジョンに防弾ガラスも装備、レズバニ タンク がすごい。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/26(水) 21:57:38.90ID:CAP_USER.net
      アウディ・ジャパンは26日、同社最小の新型スポーツタイプ多目的車(SUV)
      「Q2」の受注を開始し、6月中旬に発売すると発表した。全長4.2メートル、
      全高1.53メートル、全幅1.795メートルで国内の多くの立体駐車場に入り
      、最小回転半径も5.1メートルと日本の道路事情に合わせた。

      Q2のエンジンは116馬力の1リットルエンジンと、150馬力の1.4リット
      ルエンジンの2種類ある。1.4リットルエンジン搭載モデルの燃費は1リットル
      あたり17.9キロとなっている。また、多角形を多用した新たな外観デザインを
      導入することで、同社のAシリーズなどとの差別化も図られている。

      価格は「Q2 1.0TFSI」が299万円▽「Q2 1.0 TFSI sp
      ort」が364万円▽「Q2 1.4TFSI cylinder on de
      mand sport」が405万円。前輪駆動モデルのみで、同社は初めてアウ
      ディに乗る人や若年層のほか、国産車からの乗り換え需要も見込んでいる。

      【米田堅持】

      【毎日新聞】
      https://mainichi.jp/articles/20170427/k00/00m/020/022000c#csidx70665de65b7cf769f46acc5a12a82c0



      ※画像一覧
       https://mainichi.jp/graphs/20170426/hpj/00m/020/001000g/1
      【【自動車】『アウディ』新型SUVのQ2発表!日本の道路事情に合致】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/02/13(月) 21:42:02.33ID:CAP_USER.net
      【response】
       http://response.jp/article/2017/02/13/290573.html







      ポルシェ カイエン スクープ写真

      ポルシェ カイエン次期型が、厳冬のスカンジナビアに姿を見せた。
      一見、これまでよりカモフラージュが軽く見えるが、騙されてはいけない。
      フロントエアインテークやデイタイムランニングライト、ヘッドライト
      などは全てダミーパーツがはめられている。

      但し、露わになっているルーフラインが、現行モデルより伸びやかに、そして
      ルーフエンドが丸みを帯びていることが確認出来た。次期型では、アウディ
      「Q7」を始め、VW「トゥアレグ」次期型や、ランボルギーニ「ウルス」と
      フォルクスワーゲン・グループの「MLB」プラットフォームを共有し、
      兄弟モデルとなる。

      新プラットフォームにより、エアロダイナミクスを始め燃費やパフォーマンスが
      向上する他、車重を約20%軽減し、剛性アップが図られる。エクステリアの
      ポイントは、新型「パナメーラ」のフロントエアインテーク・デザイン、
      「マカン」のクラムシェルフードとラップアラウンドテールライトだと言う。

      また、室内も「パナメーラ」新型からインスピレーションを得たものとなりそうで、
      タッチスクリーンのインターフェイスはシンプルになる。

      パワートレインは、現行ラインナップのがブラッシュアップされる他、
      直列4気筒や完全エレクトリックモデルの投入も噂されている。

      ワールドプレミアは2017年と発表されている。
      【【クルマ】『ポルシェ』カイエン次期型、ランボルギーニSUVと兄弟モデル予定。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/08/17(月) 19:29:17.21ID:???.net
      マイナビ ニュース



      今回のマイナーチェンジでは、同車の力強く先進的なイメージを進化させるべく、
      デザインを一新。機能性を突き詰め、美しさと風格を備えた伸びやかな
      スタイルを実現するとともに、「TOYOTAの最上級SUVにふさわしい
      フロントマスク」を追求した。3本のグリルバーの上下にメッキを施し、
      グリルからランプへ連続する一体感のあるデザインとすることで
      機能性と先進感を付与。LEDヘッドランプも採用している。

      インテリアは重厚感のある加飾部とソフトな表皮巻を組み合わせ、
      上質な室内空間を演出。ミリ波レーダーと単眼カメラで歩行者を検知する
      「歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ」をはじめ、
      「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」
      「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」
      の4つからなる衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」も
      全車標準装備される。

      「新型ランドクルーザーお披露目会」では、
      「ランドクルーザー」のチーフエンジニアを務める小鑓(こやり)
      貞嘉氏のアンベールで新モデルが初公開された。
      小鑓氏は新モデルのデザインに関して、「ランクルは過酷な地域を走ることも
      想定しているため、デザインにおいても機能的な配置を優先しています。
      ただ、フロントマスクは力強さを大事にしていて、
      時代に合わせて外観を変えても、遠くから見るとやはりランクルらしい、
      そんなデザインになっていると思います」と述べた。トークセッションでは、
      小鑓氏が「ランドクルーザー」への思いを語る場面もあり、
      「ランクルの使命は乗車されるお客様の"命"と"荷物"を運ぶこと
      同時にお客様の"夢"も運び、かなえてあげたいというのが私の思いです。
      行きたいときに行きたい場所へ行くことができ、必ず生還できる。
      それがこのクルマのめざすところだと思います」とコメント。
      ビーチハウスに展示されたファンフラッグにもその思いを書き記した。

      マイナーチェンジされた「ランドクルーザー」は、
      8月17日から全国のトヨタ店(大阪地区は大阪トヨペット)を通じて
      販売開始される。「GX」「AX」「AX "Gセレクション"」「ZX」を用意し、
      トランスミッションはいずれも「6 Super ECT」。外板色は新たに
      カッパーブラウンとダークブルーマイカを追加した全9色、
      内装色は新規設定色のブラウンを含む4色が設定された。
      価格は472万8,437~682万5,600円(税込)。なお、
      「ランドクルーザービーチハウス in JAPAN」で披露された
      新型「ランドクルーザー」は、8月17日の1日限定で展示されるとのこと。
      同施設の営業は8月30日まで。オリジナルフード&ドリンクを提供するほか、
      廃棄ペットボトルを活用して制作されたシーカヤック型オブジェも展示する。
      ファンフラッグ(メッセージを書き込めるフラッグ)に書き記すことで、
      オリジナルグッズがもらえるキャンペーンも展開している。
      【【TOYOTA】最上級SUV『ランドクルーザー』をマイナーチェンジ!フロントマスク一新、先進安全を標準搭載。】の続きを読む

        このページのトップヘ