タグ:NSX

1まとめらいぶ2016/06/22(水) 08:09:03.71ID:CAP_USER.net
Yahoo! ニュース



往年の人気スポーツカーが、装いも新たに次々と登場する。日産自動車は
約9年ぶりに大幅改良した「GT-R」を、ホンダも約11年ぶりに復活させた
「NSX」の国内受注をそれぞれ今夏から始めるほか、トヨタ自動車も
1990年代に人気を集めた「スープラ」の復活を検討しているもようだ。

かつて内外で一世風靡したモデルを独自の最新技術で
別次元へとパワーアップさせ、「技術」のシンボルにする狙いがある。

 「大きな夢がかなった」
 ホンダの新型NSXの製造責任者のクレメント・ズソーザ氏は5月24日、
米オハイオ州の専用工場で開かれた量産1号車の完成記念式典で感慨深げに話した。

 新型NSXはオハイオ州にある「ホンダR&Dアメリカズ」を中心に開発。
馬573頭分のパワーを持つ“モンスター”級のハイブリッド車で、アルミニウム
などを主体とした複合素材を車両に採用して軽量化も図った。これらのこだわり
により「異次元の走行性能」(ホンダ広報)を引き出したのが特徴だという。

 ■初代は今も500万円超
 初代NSXは1990年9月に発売された。1台800万円という高額設定だった
にもかかわらず、斬新なデザインや走行性能の高さなどが受けて、バブル景気に
沸く日本を中心によく売れた。2005年12月に生産を終えるまでホンダは世界で
NSXを累計1万8737台、うち日本では7416台販売した。ただ初代は販売
終了後も高い人気を誇っており、中古車市場などで、今でも、500万円以上
の高値で取引されているケースがほとんどだ。

 その遺伝子を継ぐ新型NSXの米国内での希望小売価格は
15万6000~20万5700ドルで、初代の当初価格の2倍~2.5倍にも
達する見込み。これは後継の競合車種を同価格帯のポルシェ「911ターボ」
やアウディ「R8」に置き、走りへ徹底的にこだわったためだという。ホンダは
後継車について「走りへのこだわりという当社のメッセージを強く受け取った、
財力のある人向けに売り込みたい」(広報)と意気込む。

 ■日産は馬力高める
 日産は、往年の人気スポーツカー「スカイラインGT-R」を「GT-R」の
名称で07年に復活。今夏には、後継投入以降では初の大幅改良を施し、
16年モデルとして売り出す予定だ。

 16年モデルは、排気量3.8リットルのV型6気筒エンジンを搭載。気筒別に最適な
点火時期を制御する技術の導入でエンジンの出力を米国仕様で565馬力と現行
モデルより20馬力高めたのが特徴だという。前面の開口部を広げて冷却性能を
向上させ、車体の骨格をより頑丈にすることで、カーブでの運転性能を一段と
安定させた。外装のデザインは車前部の開口部を広げたほか、オレンジの
新色を追加した。内装には高品質レザーを使用し、ハンドルの操作性も
向上させた。価格や国内仕様の詳細は今夏に発表する予定。
日産の西川広人副会長は4月1日のお披露目会で、
「日産のものづくりへの情熱と技術を詰め込んだ」
とアピールした。

 ■スープラも復活?
 一方、ここ数年、ささやかれているのがトヨタ「スープラ」の復活情報だ。
トヨタは12年6月に独BMWとスポーツカーなど4分野で技術提携。BMWの
スポーツカー「Z4」の後継車種を共同開発しているとみられ、Z4の後継車を、
トヨタブランドでは「スープラ」として展開するとの噂も根強い。スープラは
2002年まで販売されたトヨタを代表するスポーツカーで、復活を心待ち
にしている愛好家も多いとされる。

 日産やホンダが、往年の人気スポーツカーを矢継ぎ早に「次世代」型に
進化させるなか、トヨタが、スープラをどういう形で復活させるのか、
あるいはさせないのか。それも含めて、バブル崩壊以降、
盛り上がりに欠く国内スポーツカー市場へ久しぶりに
“スポットライト”があたりそうだ。

(今井裕治)
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/13(水) 11:28:02.18ID:CAP_USER*.net
毎日新聞

Yahoo! ニュース

ホンダは12日、米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで
高級スポーツカーの2代目「NSX」の米国での価格を発表した。

 価格は、工場装着オプションを含めて15万6000~20万5700ドル
(約1836~2421万円)で、2月25日から受注を始める。

購入希望者はウェブサイト(Acura.com)で8色のボディーカラー、
4色のインテリアカラー、3種類のシート表皮、3種類のホイールデザイン
などのオプションパーツから好みの仕様を選択できる。

画像

続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/22(火) 23:32:44.40ID:BtvnRszR0.net BE:837857943-PLT(12931)
ホンダが、2016年に発売する新型『NSX』。同車の米国価格が公表された。

新型NSXは、軽量ボディのミッドシップに、新開発の直噴3.5リットル(3493cc)V型
6気筒ツインターボエンジンを搭載。このエンジンは最大出力500hp/6500-7500rpm、
最大トルク56.1kgm/2000-6000rpmを発生する。

高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム、
「スポーツハイブリッド SH-AWD」を採用。フロントにモーターを2個、
リアに9速デュアルクラッチトランスミッションと一体設計する形で1個、
合計3個のモーターをレイアウトした。モーターの最大出力が73hp。
システム全体で573hpのパワーを引き出す。

さらに、新型NSXでは、前輪の左右を独立した2つのモーターを使い、
四輪の駆動力を自在に制御するトルクベクタリングを可能にする
電動式4WDハイブリッドとなるのが特徴。前後の重量配分は、42対58。
アルミやカーボンファイバーなどの軽量素材の使用により、
車両重量は1725kgに抑えられた。最高速は、およそ307km/h。

12月18日、ホンダの高級車部門、アキュラは新型NSXの米国価格を公表。
ベース価格は15万6000ドル(約1900万円)に設定された。
受注は、2016年2月25日から開始と発表されている。

Response







続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/27(火) 17:03:23.36ID:???*.net
毎日新聞 

Yahoo! ニュース

ホンダは、第44回東京モーターショーに出展する高級スポーツカーの
2代目「NSX」の実車走行を報道公開した。バブル景気に沸いた1990年に登場し、
あこがれのクルマとなった初代NSXが生産停止となってから10年。購入者が
一部の富裕層に限定されるバブルカーの復活は、アベノミクスによる
「日本の経済回復の象徴」となるのか。その売れ行きが注目される。

 24日の報道公開では、栃木県芳賀町にある本田技術研究所のオーバルコースで、
体験試乗も行われた。モーター3機を搭載して左右の前輪にそれぞれ独立した
モーターが付いたハイブリッド車としたことにより、静粛性を確保。電動発進する
ことで騒音をまき散らすことなく、スポーツカーとは
思えないほど滑らかに走り出すことができる。

 一方で、メインの新開発ガソリンエンジン(3.5リットルツインターボ)は
初代モデルと同様に車体中央のミッドシップに配置。背中から響いてくる
「エモーショナルサウンド」(技術担当者)を心地よく、体感することもできる。

 先行発売する北米での価格は約15万ドル(約1800万円)。ましてや、
2人乗りだ。購入の選択肢の一つにさえ、気軽に
挙げられる類いの車ではないだろう。

 ただし、ホンダにとっては象徴的な一台となる。報道公開ではほかに
今年4月に発売した軽スポーツ「S660」も登場。こちらは200万円前後の
「庶民派」スポーツカーで、初代NSXと同時期の91年に登場した「ビート」を
ほうふつとさせる。新世代を象徴する2車種を眺めつつ、ホンダのある
技術担当者はしみじみとつぶやいた。

「NSXとS660。これで、ホンダらしいラインアップが戻ってきた」

【高橋昌紀/デジタル報道センター】

画像 





続きを読む

↑このページのトップヘ