『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      NHK

      1まとめらいぶ2017/08/02(水) 18:12:46.60ID:CAP_USER9.net
      「障がい者は目障りかつ邪魔」「精神障がい者は人を刺す」そんな意見が
      NHKの番組で読み上げられたと話題になっている。

      この放送について障がい者差別を助長するのではないか、と心配する人がいる一方で、
      差別する側のホンネを取り上げ議論したNHKのチャレンジ精神を評価するなど賛否
      両論が交わることになった。



      その番組はNHKの福祉情報番組「ハートネットTV」(2017年7月26日放送)。16年7月26日
      未明に相模原市の知的障害者福祉施設で起きた、元施設職員(当時26歳)による19人の刺殺
      事件から1年ということで特集が組まれた。

      番組ではこの事件に関する意見を募集していて、約1000件が集まった中から16歳の時に
      事故に遭い車椅子生活をしている詩人・作家の豆塚エリさんはこうしたコメントを読み
      上げた。

      「障がい者は私たちプロの社会人戦士から見たら、目障りかつ邪魔以外なにものでもあ
      りません。お願いですから障がい者はこの世から全て消えてください」

      そして、相模原の事件の容疑者の考えに賛成という意見として、

      「正直、今の日本に障がい者を保護する余裕はありません。普通の人でも生きるのが
      精いっぱいなのに、生産性のない障がい者を守ることはできません」

      この意見に対し豆塚さんは、

      「こんな事をどうして言えるのかな?という思いと、言わなくちゃいけないこの人は、
      かわいそうだ」

      とコメントした。

      この他の意見としては、相模原の事件で殺された人たちの親族は「ホッとしているの
      ではないか」や、30代の精神障害を持つ人が婚活パーティーに参加したところ、自分
      の事も満足にできない人が恋愛をしてもいいのか、イライラしたら人を刺すんじゃな
      いのか、と言われ号泣したという報告があった。

      この番組では冒頭に、障がい者の存在を否定する意見が寄せられているため、それに
      向き合い差別や偏見について本音で話し合いたい、としていた。討論に参加したのは
      障がいを持つ人とその保護者数人で、こうした視聴者の意見が紹介されると女装パフ
      ォーマーのブルボンヌさんは、「ここまで(意見の紹介を)やられるのか」「動揺して
      いる」などと感想を述べていた。

      【J-CAST ニュース】 
       http://www.j-cast.com/2017/07/31304691.html
      【【話題】『障がい者はこの世から全て消えて』NHKで紹介された意見に『辛辣すぎる』の声】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/26(水) 09:52:42.32ID:CAP_USER9.net
      NHK受信料制度等検討委員会は25日、テレビ番組を放送と同時にインターネットに流す
      「常時同時配信」を実施した場合、テレビを持たずにネットだけで番組を視聴する世帯から
      も受信料を徴収することに、「一定の合理性がある」とする答申を上田良一会長に提出した。

       答申では、常時同時配信を「NHKが放送の世界で果たしている公共性をネットを通じて
      発揮するサービス」と位置付けた。既に放送受信契約を結んでいる世帯に追加負担は求めず、
      パソコンやスマートフォンなどを所持し、常時同時配信が視聴可能な環境を作った世帯を
      負担の対象とするのが適当だとした。

       一方、ネット視聴の受信料負担に理解が得られるまで時間がかかるとして、個別の利用に
      応じて料金を支払う仕組みや、一定の期間は負担を求めないといった暫定措置を検討するこ
      とも求めた。

      【読売オンライン】
       http://yomiuri.co.jp/culture/20170725-OYT1T50112.html


      【【NHK】ネット配信、受信料徴収『一定の合理性』PCやスマホ所持者が対象】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/24(月) 20:36:58.78ID:CAP_USER9.net
      ひとり暮らしの40代が増えると、日本は滅ぶ。そんなショッキングな分析がある。分析
      結果を導いたのは、研究所やシンクタンクでも、官公庁でもない。AI(人工知能)だ。
      しかも、そのAIを開発したのはなんと、公共放送・NHK。

      貧困、少子高齢化、地方衰退……。日本社会が様々な問題を抱え、多くの人が原因と対
      策を探っているのは確かだ。しかしそれでも上記の分析は、突拍子もないし冷酷だ。

      どんな根拠に基づいていて、本当に信頼できるのか?AIはなぜ開発されたのか? NHKに
      聞きに行った。





      【HUFFPOST】
       http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/22/nhk-ai-made-shocking-analysis_n_17510952.html
      【【話題】NHK『ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす』NEBRAが導いた『未来を動かすカギ』とは】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/21(金) 14:45:21.93.net
      総務省は今年1月、2018年12月1日から4K/8Kの実用放送を開始することを明らかにした。
      それにともない、各メーカーは対応チューナーの開発を始めなければならないタイミング
      に差し掛かっている。

      ところが、この次世代放送に際し、消費者の目線からは看過できない運用ルールの変更が、
      NHK主導で進められようとしていることが筆者の取材で明らかになった。

      その実態を端的に説明すると、「消費者の負担増」である。

      これまで消費者は放送の暗号化および契約者識別に用いるICチップ(現行方式ではB-CAS
      カード、新方式ではACASチップ)のコストを負担してこなかった。ところが、4K/8K放送
      に対応するすべてのテレビや外部チューナー、あるいはレコーダーなどの価格に、ACASの
      コストが上乗せされる可能性が高くなっているのだ。

      2018年12月まで1年半を切った今、ACAS規格を策定している一般社団法人「新CAS協議会
      (NHKおよび有料放送事業者による業界団体)」は、万一、加入者識別の仕組みが破られた
      ことを懸念し、ACASの機能をカードではなくチューナー搭載機器に埋め込む方向で押し切
      ろうとしている。

      これが大きな問題だ。従来のB-CASカードは1枚当たり300円のコストがかかっていたが、
      このコストのうち210円は放送事業者が、残り90円は受信機メーカーが負担してきた。消
      費者はカードが故障したときのみ2050円を負担する必要があるが、テレビやレコーダーの
      販売価格に上乗せされるものではなかった。

      ところが新CAS協議会が主張する方式では、中間業者である半導体商社がチップを各メー
      カーにACASチップを販売したうえで、チューナー部に直接搭載することが求められる。
      すでに新CAS協議会はチップの販売業者の公募を開始した。

      すなわち、ACASチップを搭載するコストは製品の販売価格に上乗せされることになる。
      メインボード上にACASチップが直接搭載されるため、修理もカード交換だけでは済まず
      メーカー対応となり修理代が大幅に上昇(数万円)するほか、商社とメーカーがそれぞれ
      適正利潤を乗せようとすれば、B-CASカードのコスト300円を超えることは必至だ。そし
      て、その金額は製品価格に加えねばならなくなる。

      金額は小さいかもしれない。しかし、問題はこのような議論が密室で行われてしまってい
      ることだ。

      2つのスクランブル解除機能
      そもそもB-CASカードおよびACASチップには主に2つの機能がある。ひとつは暗号化さ
      れた映像を復元するスクランブル解除機能。もうひとつは有料放送局が加入者を識別し
      たり、NHKがカード番号登録を依頼するようメッセージ表示する際に用いる契約者識別
      機能だ。

      なお、この2つの機能のうちスクランブル解除に関してはICを用いる必要はなくソフトウ
      エアでも実現できる。つまり、CASを導入することによる受益者は、契約者識別によっ
      てスムーズな課金をできるようになるNHKと有料放送事業者ということだ。

      実はこのB-CASカードも、サービス開始直前まではチューナー搭載製品への同梱が必須
      となる予定ではなかった。上記のように受益者となる事業者(NHKと有料放送事業者)
      が少数派だったためだ。

      多数派である無料放送局はスクランブル解除機能以外は不要であり、ソフトウエアでも
      対応できる。そのため、費用負担が発生するB-CASカードには反対の立場だった。有料
      放送局は加入者識別機能がなければ、そもそもの事業が成立しないが、有料放送局なら
      ば新規加入者向けに個別にカードを発行すればいいだけだ。

      しかし、民放でデジタル放送開始の準備をしていた当時の担当者の証言によると、NHK
      の担当者がB-CASカードをデジタル放送の必須アイテムにするように強く主張したとい
      う。これはカード登録をうながすことにより、受信料未払いの視聴者をあぶり出すメッ
      セージを表示するためだ。

      この目的のために全デジタル放送チューナーにB-CASカードが添付されることになって
      現在に至っている。これだけでも利便性の点では大問題といえるが、費用負担という点
      では消費者が一方的に不利益を強いられることはなかった。

      ところがB-CASカードの後継であるACASの枠組みが現行案のまま進められると、加入
      者識別機能にかかるコストは確実に4K/8Kチューナーを搭載する全製品の価格を押し上
      げ、消費者側の負担になる。

      元々はB-CASカードと同じようなカード形式も検討されていたが、有料放送を無料のま
      ま視聴可能になる「ブラックB-CASカード」が出回ったこともあるため、安全性のため
      にチップレベルで組み込む方向へと議論が動いてきたという。

      【東洋経済 ONLINE】
       http://toyokeizai.net/articles/-/181314

      利権・天下りの産物

      【イメージ画像】
      【【家電】B-CASカードは 4K / 8K になると"悪質化"する】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/12(水) 18:25:42.03ID:CAP_USER9.net
      ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(44)が12日、NHK情報番組「ごごナマ」に
      生出演。ヒトラーを想起させるTシャツを着て出演したことから、視聴者から苦情が寄
      せられ、同局の阿部渉アナウンサー(49)が番組内で「不快な思いを抱かれた方には
      お詫び申し上げます」と謝罪する場面があった。

      阿部アナは番組の終盤で「きょうこの番組にご出演いただきました堀江貴文さんのTシ
      ャツにつきまして、視聴者の方から問い合わせをいただいております」と切り出し「T
      シャツはご本人が持参されたもので、戦争反対を示す『NO WAR』という文字や反
      戦のマークが入っていました」と説明。「しかし、ヒトラーを想起させるというご意見
      をいただきました。不快な思いを抱かれた方にはお詫び申し上げます」と謝罪した。

      堀江氏はヒトラーを風刺したような柄の黒のTシャツを着て同番組の前半にゲスト出演。
      5月末に発売した新著「多動力」についてやプライベートについて語った。出演中に番
      組内でTシャツについての話題はなかったが、ネット上では「ホリエモンのTシャツ、
      ヒトラーに似てない? NO WARかな」「NHKよく許したな」「ヒトラーのTシャ
      ツ着てるけど、風刺画みたいな意味合いで着てるように見える」などの声が挙がっていた。

      【スポニチ】
      http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/12/kiji/20170712s00041000170000c.html

      参考画像


      【【ホリエモン】『堀江貴文氏』ヒトラーTシャツを着て『ごごナマ』出演!NHKが謝罪wwwww】の続きを読む

        このページのトップヘ