タグ:LS

1まとめらいぶ2017/10/20(金) 04:25:23.95ID:CAP_USER.net
5代目新型レクサスLSが10月19日に発売されました。「トヨタ」ブランドでは、
クラウン、そしてセンチュリーと看板サルーンの次期モデル(コンセプトカー)
を東京モーターショーへの出展が発表されており、さらにLSというレクサスの
最上級サルーンが発表されたことになります。



エンジンは、レクサス初のV型6気筒3.5Lツインターボエンジンを搭載し、圧倒的な
静粛性とフラットなトルク特性を活かした加速フィーリングを両立したとしています。



また、理想的なボア×ストローク比としたほか、吸気効率向上や燃焼室内の気流強化
により高速燃焼を実現したそうです。さらに、高効率ツインターボチャージャー
との組み合わせもあって、世界トップレベルの熱効率、そして高い出力と燃費
性能を達成。組み合わされるトランスミッションは「Direct-Shift 10AT」。

ハイブリッドは、LC500hで新開発された「マルチステージハイブリッドシステム」
を搭載。レクサスのハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた独自の機構で、
高回転化したV6 3.5Lエンジンと走行用モーター両方の出力を制御。低速から
力強い駆動力を生み出し、パワフルな走りが得られるそう。

なお、同日、神戸製鋼製の強度偽装問題についてトヨタは、同社からトヨタに直接
納入された分のアルミ板の車両への「影響はなし」、仕入れ先経由のアルミ板も
「影響なし」としています。ほかの銅管、鋼線など、クラッド材、アルミ押出、
銅製品、鉄粉、ターゲット材などについては確認中とのこと。

というのも、新型LSにも当然、アルミ材などの軽量化に貢献する部材が使われて
いるからで、同モデルは「GA-Lプラットフォーム」のもと、アルミ部材を
積極的に採用しながら、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。

軽量化やセダンとして理想的な重心高、前後重量配分にするため、アルミ部材の
採用が欠かせないとしています。また、ボディはねじり剛性向上などの
高剛性化により、優れた操舵応答性、操縦安定性を実現しているそう。

ほかにもまさに見どころ満載となっている新型レクサスLS。価格は3.5L V型6気筒
ツインターボのレクサスLS500が9,800,000円~15,400,000円。3.5L V型6気筒搭載
のハイブリッドが11,200,000円~16,800,000円です。

【クリッカー】
 https://clicccar.com/2017/10/19/522457/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/06/26(月) 20:09:50.44ID:CAP_USER9.net
新型レクサスLSを日本初公開 = 安全装備を充実 - トヨタ

トヨタ自動車は26日、高級車ブランド「レクサス」の最高級セダン「LS」の全面
改良車を日本で初披露した。今秋に発売する。5代目となる新型LSは、自動運転に
つながる最新の技術を搭載するなど安全装備を大幅に充実させた。
 
自動ブレーキだけでは衝突回避が難しい場合、ハンドルを自動操作して衝突防止を支援
する機能を世界で初めて搭載した。日本仕様車には、海外に先駆け、高速道路などで
車線変更時に方向指示装置を操作すると、車がハンドルや安全確認の動作を支援して
くれる自動運転につながる技術も備えた。
 
ゆとりある車内空間を確保しながら、2人乗りクーペのような
スポーティーな外観デザイン。価格は未定。 

【時事ドットコム】
 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062600854&g=eco

トヨタ自動車が日本で初披露した、今秋に発売する高級車ブランド「レクサス」の最高級
セダン「LS」の新型モデル=26日午後、東京都千代田区の東京国際フォーラム

続きを読む

1まとめらいぶ2016/11/01(火) 22:19:31.59ID:CAP_USER.net
オートックワン









新型LSは年明けスグのデトロイトショーで披露

本来ならレクサスのフラッグシップにならなければいけないLSながら、
すでに主力市場のアメリカでも開店休業状態。考えてみればトヨタは
レクサスというブランド立ち上げにあたり、第1弾となるLSを背水の陣で
開発した。従来のトヨタ車と全く違う生産方法や部品精度を追求したのである。

結果、ベンツやBMW、ジャガー、キャデラックなど世界中の自動車メーカーを驚かせ、
慌てさせた。しかし、今のレクサスのラインナップを見ると、トヨタ車に豪華な内装を
付けて厚化粧しただけ。アメリカでこそ何とかビジネスになっているものの、本国
である日本は車種を大量投入しながら伸び悩む。クルマとしての性能や、本物の
上質感が重視される欧州市場など全く評価されず相手にされていない状況。
フラッグシップであるLSだって、全く売れない失敗作にも関わらず
(特にハイブリッドのLS600はアメリカで月販一桁という厳しさ)、
10年間フルモデルチェンジしなかった。さすがにトヨタも問題だと
考えていたのだろう。初代LS400をお披露目したデトロイトショーで
2017年秋に発売予定の新型LSをアンベールするそうな。

全体の雰囲気は昨年の東京モーターショーでデビューした『LF-FC』になるという。
もちろん燃料電池搭載モデルの発売は当面無し。

驚くべきがボディサイズの大型化!

何と現行モデルより一回りも大きくなり、ベンツSクラスやBMW7シリーズ、ジャガーXJと
並べても「迫力あるね!」。さすがに車幅を増やしていくとアメリカでも少しばかり使い勝手が
悪くなるため、新型はドアミラー無しの『ミラーレス』を標準とする。御存知の通り普通に
走っているときはドラミラーの幅が車両の幅だ。ドアミラーを無くせば、実質的に150mm
程度車幅を絞ったのと同等。その分で車幅を増やそうという狙い。標準仕様はカメラによる
モニター画像で後方のチェックを行う。モニターがイヤならオプションで
ドアミラーを付ければOK。
続きを読む

↑このページのトップヘ