『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      LG

      1まとめらいぶ2017/06/23(金) 12:45:54.15ID:CAP_USER.net


      LG Displayは22日(韓国時間)、世界初を謳う柔軟性と透過性を備えた
      77型有機ELディスプレイを発表した。

       4K(3,840×2,160ドット)の解像度に対応しており、40%の透過率と80mmの曲率半径を
      備える。パネルはディスプレイの表示に影響を与えずに、半径80mmまで丸めることが
      可能という。韓国メディアのThe Korea Heraldによれば、デジタルサイネージやディス
      プレイ一体型デスクなどへの利用が考えられているようだが、製品化の時期は明か
      されていないようだ。

       同社は韓国政府の協力のもと、有機ELディスプレイ技術の開発を行なっており、
      2014年にフレキシブルタイプの18型有機ELパネルを、2016年には透過性の55型
      有機ELパネルを発表していた。今回の柔軟性と透過性を両立させた77型有機EL
      ディスプレイは、同社の製品開発マイルストーンのなかでももっとも
      最新のものであるとしている。

      【PC Watch】
       http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1066931.html
      【【製品】LG、透明で折り曲げ可能な77型4K有機ELディスプレイを発表。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/03(水) 17:07:45.62ID:CAP_USER.net
      LGエレクトロニクス・ジャパンはこのほど、第2世代の有機ELパネルを搭載した
      「LG OLED TV」2017年モデル「OLED 65W7P」(65型) の発売を、当初予定して
      いた4月上旬から5月12日に延期すると発表した。理由は、「グローバルにおける
      急激な需要増加に伴い供給体制が追いつかないため」としている。つまり、全世
      界的に売れに売れまくっているというわけだ。

      2015年に初めて日本市場で大画面有機ELテレビを発売して3年目となる今年、市場
      拡大の切り札として投入された「OLED 65W7P」とはどんなモデルなのか、日本の
      マーケティング責任者である金東建 (キム・ドンゴン) 部長と金敬花 (キム・キョン
      ファ) 課長に新製品投入の意気込みを聞いた。

      中略

      昨年まで同社は有機ELの特徴を前面に押し出したマーケティングを展開してきた。
      だが、3年目の今年は競合が登場することもあり、自社モデルの画質やデザイン面
      での特徴を強く打ち出す戦略に出る。

      2017年モデルは新パネルを採用したことで、ターゲティングも大きく変更し、シェ
      ア拡大を目指す考えだ。「当初想定したターゲットユーザーは、過去にプラズマテ
      レビを購入した映画ファンだった。部屋を暗くして、映画のために特別な時間を過
      ごす人だ。しかし、第2世代の有機ELパネルはピーク輝度を25%アップするなど、
      輝度表現を大きく改善したことで、"液晶より画面が暗い" という有機ELの弱点を
      克服した」(金東建部長)。もともと、液晶テレビより視野角が広い有機ELは、家
      族が思い思いの場所から観るリビングテレビとして適している。今回、輝度を上
      げることなどで、明るいリビングでの日常使いに適した画質へと改善できたので
      ある。

      「実は、グローバル向けと日本向けモデルは画質を変えている」と金敬花課長。
      「世界各国の市場で、ユーザーの比較対象となる競合メーカーがどこになるかに
      よって画質の味付けを変えている。日本の場合、グローバルとは競合が大きく異
      なる。そのため、日本に合った画質にチューニングしている」。

      ここでいうグローバルでの比較対象は、おそらくサムスンだと思われるが、現在
      の日本国内テレビ市場にサムスンはいない。よって、パナソニック、ソニー、シ
      ャープ、東芝と比較されたときに色褪せて見えないよう、日本人好みの画質に味
      付けしているというわけだ。「日本市場の場合、実際に目で見た色に近い、より
      自然な色合いを好む傾向ある」(金敬花課長)。日本市場を重視しているがゆえ、
      日本メーカーの画質を研究し、それに負けない性能を開発しているという。



      【マイナビニュース】
       http://news.mynavi.jp/articles/2017/05/02/lg_oled/
      【【製品】LGの第2世代有機ELテレビ、画質は日本向けにチューニング - 薄さも壁ピタ。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/27(木) 09:52:58.83ID:CAP_USER.net


      LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、42.5型4K IPS液晶ディスプレイ
      「43UD79-B」を5月19日より発売する。価格はオープンプライスで、税別店
      頭予想価格は83,000円前後。

       DisplayPortに加え、4系統のHDMI(60Hz対応×2、30Hz対応×2)を装備し、
      フルHD機器を4台接続し、21型相当の4画面同時表示が可能。パネルの仕様
      は、解像度が3,840×2,160ドット、表示色数が約10.7億色、輝度が350cd/平
      方m、応答速度が5ms(中間色)、コントラスト比が1,000:1(最大500万:1)、
      視野角が上下/左右とも178度。液晶方式はIPSで、非光沢。

       10W×2のスピーカー、ヘッドフォンジャック、USB 3.0×2 Hub、RS-232
      Cなども備える。チルト角度は前-5度/後ろ10度。本体サイズは967×275×64
      8mm、重量は15.9kg。

      【PC Watch】
       http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1057053.html
      【【製品】『LG』HDMI×4装備でフルHD、4入力同時表示可能な42.5型4K、IPS液晶。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/16(木) 17:20:56.36ID:CAP_USER.net
      【価格.com】
       http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=2041/id=63418/






      LGエレクトロニクス・ジャパンは、自発光ディスプレイ搭載の有機ELテレビ
      「LG OLED TV」の2017年モデルとして、全3シリーズ4モデルを発表。4月
      上旬より発売する。ラインアップは、「OLED W7P シリーズ」より、65V型
      の「OLED 65W7P」「OLED E7P シリーズ」より65V型の「OLED 65E7P」、
      「OLED C7P シリーズ」より65V型の「OLED 65C7P」と
      55V型の「OLED 55C7P」の計4モデル。

      上位モデル「OLED 65W7P」の特徴は、テレビの究極の形を追求し、専用の
      ブラケットのみで壁面に直接張り付けるような新感覚のデザイン「Picture-on-Wall
      (ピクチャー・オン・ウォール)」を採用した点。壁からパネルの表面まで約3.9mm
      の薄さで一体化し、テレビ画面が宙に浮いているようなデザインを実現した。そのほか
      のモデルは 「OLED E7P」は、ガラス製バックカバーの上に、一枚の壁紙のような
      極薄パネルが一体化したような「Picture on Glass」デザインを採用。有機ELなら
      ではのスマートデザインとなっている。また、「OLED C7P」は最薄部が約4.6mmと、
      横から見ると一枚のブレードのような「Blade Slim」デザイン。壁際のみならず、
      リビングのどこに置いてもスタイリッシュであるという。2017年モデルの大きな
      進化として、画質面においてはピーク輝度を25%向上。また、日常的に観る映像
      コンテンツの約9割を占めると言われる輝度レベル(APL)が50%以下のシーン
      での輝度処理を飛躍的に改善したことにより、コントラストの美しい映像を映し
      出せる。さらに、色彩能力を向上させる技術「True Color Accuracy」を導入した
      ことにより、色の再現性は前モデルの約6倍となり、4Kや8Kなどの次世代放送で
      採用される広大な色域規格「BT.2020」もカバーする。また、さまざまなHDR
      規格に対応する当社独自の最新技術「Active HDR」を採用。「ドルビービジョン」
      のほか、1コンテンツに1メタデータの「HDR10」のコンテンツでも、1フレーム
      ごとに活性処理を行うことで、輝度と明暗比を向上させ、今までのテレビでは再現
      できなかった色を映し出し、臨場感あふれる視聴体験を可能にします。さらに今後、
      「HLG」規格への対応も予定しているという。音響面では、テレビ製品では世界で
      初めて、立体的な音響表現を実現したサウンド規格「ドルビーアトモス」を搭載。
      最上位モデル「OLED 65W7P」は、ドルビーアトモスとの最適化を追求した
      専用のムービングスピーカーを開発した。

      65V型の「OLED 65W7P」の主な仕様は、パネル解像度が3840×2160ドット、
      チューナーは地上/BS/110度CSデジタル×2を装備。視野角が上下左右178度。
      インターフェイスは、HDMI入力×4、コンポーネント/ビデオ入力×1、ヘッド
      ホン出力×1、光デジタル音声出力×1、USB 3.0×1、USB 2.0×2、LAN×1など
      を備える。スピーカーはハイトムービングスピーカー×2(20W)、ミッド
      レンジ+ツイーター×4(20W)、ウーハー×2(20W)。
      パネルサイズは145(幅)×82.5(高さ)×0.4(奥行)cm、重量は7.6kg
      (スタンド含まず)、コンパニオンボックスのサイズは
      126(幅)×19.8(高さ)×7.8~9.4(奥行)cm、重量は10kg。
      市場想定価格は1,000,000円前後(税別)。
      【【家電】『LG』薄さ3.9ミリ壁紙のような65型有機ELテレビを国内発売】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/01/04(月) 19:04:16.12ID:BD9WGTU/0.net BE:586999347-PLT(15931)
      LG Display、18インチの

      “新聞紙のように巻ける”

      有機ELディスプレイをCESで発表へ

      韓国LG Electronics傘下のLG Displayは1月4日(現地時間)、
      18インチで“新聞紙のように巻ける”フレキシブル有機ELディスプレイ
      (OLED)を6日からラスベガスで開催の「CES 2016」で披露すると発表した。

      このディスプレイの曲率半径は30R
      (半径3センチの筒状に巻ける)で、巻いても機能を損なわないという。



      同社はこの他に、65インチと77インチのUHD(超高精細)OLEDテレビパネルや、
      表裏両面に別の映像を表示できる55インチのデジタルサイネージ用
      ディスプレイなど、多数のコンセプト製品を
      CES 2016の会場で披露する計画だ。



      IT media ニュース
      【【LG】『18インチ』“新聞紙のように巻ける”有機ELディスプレイを開発】の続きを読む

        このページのトップヘ