『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.11.20

      IT

      1まとめらいぶ2017/11/17(金) 17:01:38.25ID:CAP_USER.net


      「ユーチューバー」とは、個人で動画を撮影して発信し、広告収入を得る人たちです。
      アイデア次第で稼ぎ、有名にもなれる夢のある職業ですが、動画を目立たせようとする
      あまり社会問題も起きています。

       Q ユーチューバーって何ですか。

       A 米グーグル社が運営している「ユーチューブ」というインターネット上のサイト
      に、頻繁に自作の動画を投稿する人たちのことです。日本でも二〇一二年ごろから増え
      始めました。特に十代に人気で、中学生の「将来なりたい職業」にもランクインしてい
      ます。

       Q なぜ増えてきたのでしょうか。

       A 手軽に稼げるという側面があります。投稿した動画には、グーグルが企業から受
      注している広告を挿入することができ、視聴されるごとに投稿者に広告収入が入ります。
      額は広告の種類や視聴者数などによって複雑に異なりますが、一回視聴されるごとに
      〇・一円前後と言われます。人気の動画は数百万回も再生され、一本の動画で数十万
      円を稼げる計算です。中には動画の投稿だけで生計を立てたり、有名になってイベン
      トに出演するなど芸能人のように活動する人もいます。

       Q だれでもユーチューバーになれますか。

       A 生計を立てられるほど多くの視聴者を集め続けるのは簡単ではありません。この
      ため目立とうとして行きすぎるケースもあります。福井県では九月に、夫婦が警察官の
      目の前で砂糖を落として覚醒剤と間違えさせる動画をつくり、偽計業務妨害の疑いで逮
      捕されました。「客寄せ」のため動画の内容が過激になったり、著作権で保護された画
      像や動画を流用したりする悪質な事例が後を絶ちません。

      【東京新聞】
       http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/economic_confe/list/CK2017111402000170.html
      【【IT】『ユーチューバー』どうやって収入得るの!視聴1回で広告料0.1円前後】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/27(金) 09:45:13.20ID:CAP_USER.net
      DMM.comは10月26日、オンラインくじサービス「DMMスクラッチ」を11月16日に
      始めると発表した。Webサイト上でスクラッチを購入すると、当たったアイテムが
      画面上で分かり、ユーザーが指定した住所に後日届く(送料無料)。1枚から購入
      でき、ハズレはないという。当たった商品を受け取る前に破棄する機能も用意する。

       アイテムは全て、DMMスクラッチでしか入手できないラインアップを用意。現
      時点では『Dies irae』『異世界はスマートフォンとともに』『文豪とアルケミスト』
      など、10タイトルのスクラッチを提供する予定。DMM.comがゲーム事業やアニメ
      事業などで培ったIP(知的財産)も生かす考えだ。

       店頭販売のくじとは違い、商品在庫を持たないため、販売個数や取り扱いアイテム
      に制限がなく「これまでの枠を超えた自由なアイテム展開が可能」(同社)。将来は、
      AR(拡張現実)製品や当選者を対象にしたイベント開催など、体験型の商材をそろえ、
      他社サービスとの差別化を図るという。2018年には海外展開も計画している。



      【IT media NEWS】
       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/26/news113.html
      【【IT】DMM、オンラインくじ「DMMスクラッチ」11月開始。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/24(火) 15:40:21.80ID:CAP_USER.net
      Googleは、ウェブをHTTPSがデフォルトだと言えるような状態にすることを
      目指している。その取り組みは成果を上げているようで、「Android」「Windows」
      「Mac」「Chrome OS」向けの「Google Chrome」ブラウザでHTTPSトラフィック
      が着実に増加している。

       今から1年前、HTTPSによって保護されたトラフィックがWindows版で50%を突破し、
      Chromeのトラフィックは重要な閾値を超えた。米国時間10月14日の時点で、
      Windows版ChromeのHTTPSトラフィックは66%に達している。

       Chromeで読み込まれるHTTPSページの割合は、全てのプラットフォームで増加
      している。Android版では現在64%で、1年前の42%から拡大した。Mac版と
      ChromeOS版のChromeでは、HTTPSで保護されたトラフィックの割合は75%で、
      それぞれ1年前の60%と67%から増大している。

       さらに、Googleによると、現在最も人気の高い100のサイトのうち、71サイトで
      HTTPSがデフォルトで有効になっており、1年前の37サイトから増加したという。

       GoogleのHTTPS暗号化に関する透明性レポートによれば、
      米国ではWindows版Chromeで読み込まれるページの73%が
      HTTPSを使用しており、1年前の59%から拡大したという。



      ブラジルやドイツ、フランス、ロシアなど、ほかの主要市場でのHTTPSページの割合は
      それより少し低いが、それら全ての市場でその割合は同様に拡大しているという。日本
      でも増加しているが、全ページに占める割合はわずか55%だ。1年前は31%だった。

       Googleは開発者にHTTPSの有効化を奨励し促すために、さまざまなインセンティブと
      ペナルティを考案してきた。例えば、HTTPSサイトの検索ランキングを上げたり、HTTP
      ページに対するChromeのセキュリティ警告を変更したりした。さらに、無料のデジタル
      証明書を提供する「Let's Encrypt」証明書発行サービスを支援している。

       Chromeのユーザー数は10億人を突破した。Googleは、ウェブサイトがコンピュータ
      のカメラやマイクなどのハードウェアにアクセスできる新しいブラウザ機能を利用したい
      開発者に対して、HTTPSに移行するよう呼びかけている。

       2017年1月、Googleは独自のルート認証局(CA)の運営を開始し、自社の製品向けに
      SSL証明書を発行している。先頃、「App Engine」ユーザー向けのマネージドSSL
      サービスも開始した。

       さらに、Googleは「.foo」や「.dev」など自社のトップレベルドメイン(TLD)で、
      「HTTP Strict Transport Security」(HSTS)の有効化を開始した。

      【c-net japan】
       https://japan.cnet.com/article/35109240/
      【【IT】ウェブサイトのHTTPS化は着実に進んでいる!グーグルがレポート公開】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/09/10(日) 19:10:55.69ID:CAP_USER9.net
      動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」は9日までに、北朝鮮の宣伝サイト
      「ウリミンジョッキリ(Uriminzokkiri、わが民族同士)」のアカウントを停止した。

       ウリミンジョッキリは核開発やミサイル計画を誇示したり金正恩
      (キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長をたたえたりする動画を
      次々とユーチューブで公開してきたが、チャンネルが閉鎖されたことが9日確認された。

       ユーチューブは「コミュニティーガイドライン違反があったためこのアカウントは
      停止された」としている。ユーチューブはアカウント停止の基準の詳細やその期間は
      明らかにしていないが、ユーチューブのアカウントから北朝鮮が得る広告収入は米国
      の対北朝鮮制裁に抵触する可能性がある。

       ウリミンジョッキリが配信するミサイル発射実験や金正恩氏の工場視察などの動画は、
      専門家らが北朝鮮の兵器開発の進展状況を推測する数少ない手がかりになっていた。

       米首都ワシントン(Washington D.C.)を拠点とする衛星画像分析の専門家
      スコット・ラフォイ(Scott Lafoy)氏は北朝鮮情報ウェブサイト「NKニュース
      (NK News)」に対し、「北朝鮮のアカウント停止によって北朝鮮の動向追跡や
      デジタル再構成はより困難になるだろう」と語った。

       一方、ウリミンジョッキリのソーシャルメディア(SNS)アカウントは
      9日現在も有効となっている。

      【(c)AFP】 
       http://www.afpbb.com/articles/-/3142353



      【【IT】『YouTube』北朝鮮宣伝サイト『わが民族同士』のアカウントを停止wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/18(金) 19:34:02.31ID:CAP_USER.net
      皆さんは検索したとき、思う通りの情報を引き出せているだろうか。もちろん、
      Google検索で必要なキーワードを入れれば、誰もが簡単に何らかの情報を拾う
      ことはできる。しかしその結果、得られる情報に不満を覚えることも少ないの
      ではないだろうか。

       「いくらググっても満足できる結果が得られない」。そう不満に感じている
      のであればまだいい。情報の精度や内容についての見極めができず鵜呑みにし、
      誤った知識を”常識”だと認識しているという可能性も考慮すべきだろう。

       “Google検索は故障しているも同然”とまでは言わないが、ページビューを
      集めることで収益を得られるビジネスが多い中、ごく当たり前にキーワードを
      入力しているだけでは情報の質に力を入れず、検索流入の増加のみにフォーカス
      したサイトが増えていることは否定できない。

       まったく異なるサイトの情報なのに、内容はほとんど同じ。しかも、一般論が
      不必要に長く書かれているだけで結論めいた解説や事実関係について最終的に
      触れられていない

      そんな記事にイライラしたことはないだろうか。

       2016年末に問題となったDeNA運営の医療・健康情報サイトにまつわる話題で
      見えてきたのは、情報の質を向上させるよりも広告指標を向上させるために、
      Google検索上位に入るよう工夫を重ねることの方が事業価値を高められる
      という、インターネットのメディアが抱えるジレンマだ。

      普通に「ググって」も有益な情報が得られない時代に
      ある日、Facebookを見ていると友人が懐かしい言葉を書き込んでいた。それは
      “ググれカス”。あらためて言うまでもないが、ネットを検索すれば正しい情報が
      あっという間に出てくるにもかかわらず、安易にまわりの人間に質問するだけで
      解決しようとする自助努力が足りない者のことを”カス”と侮蔑する言葉だ。

       プライベートな事案はだけではない。グループワークをするチーム中で内部
      資料を探したり、過去の事例を辿ればすぐに情報が見つかったりするというのに、
      そもそも自分で探そうとすらしない。そんな例も”ググれカス”に類似する、
      いろいろな職場でよくある風景と言えるだろう。

       こうしたググれカス案件は、プライベートならば単に“面倒臭い”というだけで
      済むが、仕事の中では共同作業の効率を落とす典型的なパターンとして忌み
      嫌われているが、「ググれよ、このカスが」と侮蔑の言葉を浴びせるだけ
      では問題は解決しない。

       この言葉が生まれた2000年代前半は、確かにググることでそれなりの品質の
      情報にたどり着けていた。しかし、冒頭で述べたように“ググってもカス
      (な情報しか得られない)”なケースは増加している。

       元の言葉が指し示す”カス”は能力のない者(カス野郎)という意味だったが、
      結局、能力がない者がググったとしても有益な情報が得られないとすれば
      「ググらぬカスはググってもカス」という、どうしようもない世の中に
      なってきた……とも言えるかもしれない。一方で、ちょっとした検索
      ノウハウの違いで仕事の質に差を付けられるチャンスとも捉えられる。

      【C-NET】
       https://japan.cnet.com/article/35105975/

      ググるカス

      【イメージ画像】
      【【IT】“ググれカス”は“ググってもカス”】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/01(土) 20:48:14.41ID:CAP_USER.net
      大道芸、歌や芝居の観客が、演者にご祝儀や観覧料として渡す「投げ銭」
      「おひねり」。これが、ネットやスマホアプリの世界でシステム化され、
      新たな「市場」となっている。その演者には「ごく普通の女の子」が多数
      おり、ネットで「私生活」を見せて稼ぐという。

       多くのサービスが露骨な性的表現に厳しくなる中、海外にサーバーを
      置く一部のサービスは野放し状態だ。

       あるサービスでは、女性がリスナーの求めに応じて服を脱ぎ、間もなく
      全裸というところで「この先は有料配信」との表示が出る。その後に続く
      配信は「AVの生放送」と呼ばれるほどの過激さで、お金を払った人だけが
      視聴できる。

      「女生主」として人気を誇る漫画家のあさの☆ひかり氏(30代)が指摘する。

      「有料配信に持ち込めば配信者の稼ぎが桁違いに大きくなり、一度で200
      万円以上を稼いだ子もいます。こうした女性たちの裏には、アダルト系の
      業者が絡んでいるケースも少なくありません。業者は可愛くて人気が出そ
      うな女性を『チャットレディー』としてスカウトし、配信中も裏から『そ
      ろそろ脱ごうか』『ここでオッパイ見せて』などの指示を出して、多くの
      リスナーが課金するよう“脱ぐタイミング”をコントロールしています。女
      の子もバイト感覚で気楽に応じている」

       だが、こうした過激な配信は法に触れかねない。

       今年2月には動画投稿サービス「FC2ライブ」でわいせつ動画を配信した
      として、チャットレディーのアルバイトをしていた19~32歳の女性3人と手
      助けをした業者が公然わいせつの疑いで逮捕された。

       ここまで過激な内容でなくとも、若い素人女性が全世界に自分をさらけ出
      すリスクは大きい。リスナーに自宅住所を暴かれて引っ越しせざるを得なく
      なる配信者もいる。中継の背後に映り込む買い物袋やわずかに聞こえる電車
      の音などから自宅が特定されるのだ。

       あさの氏も「一般の女の子は手を出さないほうがいい」と警告する。

      「ちやほやされて簡単にお金を稼げるので、つい足を踏み入れてしまいがち
      ですが、顔出しで配信するのは危険すぎるし、動画は残るので将来にわたっ
      てリスクがあります」

       女子中高生が“お小遣い稼ぎ”のために踏み入れるには、
      アブなすぎる世界と言わざるを得ない。

      【NEWS ポストセブン】
       https://www.news-postseven.com/archives/20170701_577035.html

      跳ねる少女

      【イメージ画像】
      【【IT】『ネット生配信』際どい有料配信で200万円以上稼ぐ少女】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/12(月) 20:28:31.45ID:CAP_USER9.net
      【IT media PC USER】
       http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1706/12/news091.html

      「Windows 10 S」は始まりにすぎなかった? 今度はWindows 10のワークステーション
      級マシン向けエディションをMicrosoftが開発中、とのウワサが聞こえてきている。
      [鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]2017年6月に入り、Windows 10の開発
      まわりでちょっとした騒動があった。

       米Microsoftは6月1日(米国時間)、Windows Insider Programに参加する複数のRing
      ユーザーに対して開発中の内部ビルドである「Build 16212(RS_EDGE_CASE)」を
      誤って配信してしまったのだ。もし該当するユーザーがいれば、システムを以前の
      ビルドに戻すよう注意喚起している。

       動作上の問題が多いことと、特にWindows 10 Mobile版については再起動ループを
      繰り返してWindows Device Recovery Tool以外では戻せなくなる可能性があるとの
      ことで、継続利用は控えてほしいという。

       しかし、注目すべきはその後の発見だ。この内部ビルドであるBuild 16212にはまだ
      発表されていない「謎のWindows 10 SKU」の名称が含まれていることが判明し、
      一部で話題となっている。どうやら、Microsoftは高パフォーマンスPC向けの
      新しいWindows 10の提供に向けた準備を進めているようだ。



      MicrosoftはWindows 10ファミリーの新OS「Windows 10 S」を2017年5月に発表した
      ばかり。Windows 10 SはWindowsストアからダウンロードできるUWP(Universal
      Windows Platform)アプリのみが実行可能な教育分野向けのOSだ
      その名は「Windows 10 Pro for Workstation PCs」?

       同件を最初に報告したのは、Lakshmi 'Tito' Ulluというユーザーのツイートだ。問題の
      ビルドにおけるpkeyconfig内のデータに「Windows Server 2016 ServerRdsh」
      「Windows 10 Pro for Advanced PCs」「Windows 10 Pro N for Advanced PCs」
      という表記がみられ、これらが既存のSKUと異なることから、開発中の未発表
      エディションではないかとの臆測が広がった。

       TwitterでMicrosoftやWindows関連のリーク情報をいち早く伝えることで知られる
      WalkingCatは、これが従来まで「Pro for Workstation」とうわさされていた新SKU
      の正式名称ではないかと推測したが、その後にTheGrandMofongoというユーザーが
      関連のリーク資料をツイートで紹介しており、謎のSKUが「Windows 10 Pro for
      Workstation PCs」である可能性が高まっている。ワークステーション級
      マシン向けOSに搭載される新機能とは?

       しかし、ここでのポイントは正式名称よりもむしろ、Windows 10 Pro for
      Workstation PCsと呼ばれる製品の機能面だ。

       高パフォーマンスが要求される処理を最適化する「Workstation Mode」、NTFSの後継
      をうたう高信頼性ファイルシステムの「ReFS(Resilient File System)」、CPU負荷を
      極力抑えて高速なファイル共有を可能にする「SMBDirect」、最大4コアCPU+6TBメモ
      リまでのサポートといった具合に、従来のWindows 10 Proをより処理性能と信頼性に
      特化した形で強化されている。

       このうわさが本当だとして、Windows OSにおける「Workstation」の名称は、
      NTカーネルを一般向けPCにも展開したWindows 2000(2000年に一般リリース)
      で消滅したため、久しぶりの復活となる。このWindows 10新エディションにより、
      技術計算や映像処理などプロフェッショナル用途での利用拡大がさらに
      進むかもしれない。

       今回のBuild 16212が、Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update
      (Redstone 3)」に属するビルドであることから、このWindows 10 Pro for
      Workstation PCsのリリース時期は少なくとも同アップデートの提供時期と
      みられる2017年9月~10月より後のタイミングになる可能性が高い。

       今後も続報が入り次第、お伝えしたい。



      Redstone 3(RS3)の開発コード名で呼ばれてきたWindows 10の次期大型アップデート
      「Fall Creators Update」は、2017年9月~10月ごろの配信とみられる
      Copyrightc 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
      【【IT】MicrosoftがハイエンドPC向けの新Windows10を開発中】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/20(土) 12:21:23.34ID:CAP_USER.net


      ランサムウエア「ワナクライ」に乗っ取られたパソコンの画面
      (トレンドマイクロ提供)

      世界各地で発生した大規模サイバー攻撃で、身代金を要求するウイルスに乗っ取られ
      たパソコンのロックを解除し、暗号化されたファイルを復旧するツールが開発された
      と欧米メディアが相次ぎ伝えた。このツールをテストした欧州刑事警察機構(ユーロ
      ポール)欧州サイバー犯罪センターも、「ある条件下でデータを復旧できることがわ
      かった」とツイッターに書き込んだ。

      「ワナキウィ(wanakiwi)」と名付けられた復旧ツールを開発したのはフランスの
      ハッカーチーム。ソフトウエア共有サイトのギットハブで無料公開された。ただし、
      効果が確認されたパソコンはOSがウィンドウズXP、同7、同2003などで、ワ
      ナクライに感染してから再起動をかけていない機種に限られるという。

      12日に発覚した大規模サイバー攻撃は、日本を含め、これまでに150カ国・地域
      で30万台以上のパソコンが感染したとされる。

      身代金(ランサム)を要求するランサムウエアの「ワナクライ(WannaCry)」がパ
      ソコンを乗っ取り、内部のファイルを暗号化。その上で、仮想通貨ビットコインで3
      00ドルから600ドルの支払いを求め、1週間以内に支払わないとパソコン内のフ
      ァイルが永久に暗号化されたままになるという内容が画面に表示される。今回の復旧
      ツールは、その支払い期限が迫るギリギリのタイミングで公開された。

      【日刊工業新聞】
       http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00428945
      【【IT】大規模サイバー攻撃、仏チームが『ワナクライ』復旧ツール公開。】の続きを読む

        このページのトップヘ