『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      IT

      1まとめらいぶ2017/06/12(月) 20:28:31.45ID:CAP_USER9.net
      【IT media PC USER】
       http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1706/12/news091.html

      「Windows 10 S」は始まりにすぎなかった? 今度はWindows 10のワークステーション
      級マシン向けエディションをMicrosoftが開発中、とのウワサが聞こえてきている。
      [鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]2017年6月に入り、Windows 10の開発
      まわりでちょっとした騒動があった。

       米Microsoftは6月1日(米国時間)、Windows Insider Programに参加する複数のRing
      ユーザーに対して開発中の内部ビルドである「Build 16212(RS_EDGE_CASE)」を
      誤って配信してしまったのだ。もし該当するユーザーがいれば、システムを以前の
      ビルドに戻すよう注意喚起している。

       動作上の問題が多いことと、特にWindows 10 Mobile版については再起動ループを
      繰り返してWindows Device Recovery Tool以外では戻せなくなる可能性があるとの
      ことで、継続利用は控えてほしいという。

       しかし、注目すべきはその後の発見だ。この内部ビルドであるBuild 16212にはまだ
      発表されていない「謎のWindows 10 SKU」の名称が含まれていることが判明し、
      一部で話題となっている。どうやら、Microsoftは高パフォーマンスPC向けの
      新しいWindows 10の提供に向けた準備を進めているようだ。



      MicrosoftはWindows 10ファミリーの新OS「Windows 10 S」を2017年5月に発表した
      ばかり。Windows 10 SはWindowsストアからダウンロードできるUWP(Universal
      Windows Platform)アプリのみが実行可能な教育分野向けのOSだ
      その名は「Windows 10 Pro for Workstation PCs」?

       同件を最初に報告したのは、Lakshmi 'Tito' Ulluというユーザーのツイートだ。問題の
      ビルドにおけるpkeyconfig内のデータに「Windows Server 2016 ServerRdsh」
      「Windows 10 Pro for Advanced PCs」「Windows 10 Pro N for Advanced PCs」
      という表記がみられ、これらが既存のSKUと異なることから、開発中の未発表
      エディションではないかとの臆測が広がった。

       TwitterでMicrosoftやWindows関連のリーク情報をいち早く伝えることで知られる
      WalkingCatは、これが従来まで「Pro for Workstation」とうわさされていた新SKU
      の正式名称ではないかと推測したが、その後にTheGrandMofongoというユーザーが
      関連のリーク資料をツイートで紹介しており、謎のSKUが「Windows 10 Pro for
      Workstation PCs」である可能性が高まっている。ワークステーション級
      マシン向けOSに搭載される新機能とは?

       しかし、ここでのポイントは正式名称よりもむしろ、Windows 10 Pro for
      Workstation PCsと呼ばれる製品の機能面だ。

       高パフォーマンスが要求される処理を最適化する「Workstation Mode」、NTFSの後継
      をうたう高信頼性ファイルシステムの「ReFS(Resilient File System)」、CPU負荷を
      極力抑えて高速なファイル共有を可能にする「SMBDirect」、最大4コアCPU+6TBメモ
      リまでのサポートといった具合に、従来のWindows 10 Proをより処理性能と信頼性に
      特化した形で強化されている。

       このうわさが本当だとして、Windows OSにおける「Workstation」の名称は、
      NTカーネルを一般向けPCにも展開したWindows 2000(2000年に一般リリース)
      で消滅したため、久しぶりの復活となる。このWindows 10新エディションにより、
      技術計算や映像処理などプロフェッショナル用途での利用拡大がさらに
      進むかもしれない。

       今回のBuild 16212が、Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update
      (Redstone 3)」に属するビルドであることから、このWindows 10 Pro for
      Workstation PCsのリリース時期は少なくとも同アップデートの提供時期と
      みられる2017年9月~10月より後のタイミングになる可能性が高い。

       今後も続報が入り次第、お伝えしたい。



      Redstone 3(RS3)の開発コード名で呼ばれてきたWindows 10の次期大型アップデート
      「Fall Creators Update」は、2017年9月~10月ごろの配信とみられる
      Copyrightc 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
      【【IT】MicrosoftがハイエンドPC向けの新Windows10を開発中】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/20(土) 12:21:23.34ID:CAP_USER.net


      ランサムウエア「ワナクライ」に乗っ取られたパソコンの画面
      (トレンドマイクロ提供)

      世界各地で発生した大規模サイバー攻撃で、身代金を要求するウイルスに乗っ取られ
      たパソコンのロックを解除し、暗号化されたファイルを復旧するツールが開発された
      と欧米メディアが相次ぎ伝えた。このツールをテストした欧州刑事警察機構(ユーロ
      ポール)欧州サイバー犯罪センターも、「ある条件下でデータを復旧できることがわ
      かった」とツイッターに書き込んだ。

      「ワナキウィ(wanakiwi)」と名付けられた復旧ツールを開発したのはフランスの
      ハッカーチーム。ソフトウエア共有サイトのギットハブで無料公開された。ただし、
      効果が確認されたパソコンはOSがウィンドウズXP、同7、同2003などで、ワ
      ナクライに感染してから再起動をかけていない機種に限られるという。

      12日に発覚した大規模サイバー攻撃は、日本を含め、これまでに150カ国・地域
      で30万台以上のパソコンが感染したとされる。

      身代金(ランサム)を要求するランサムウエアの「ワナクライ(WannaCry)」がパ
      ソコンを乗っ取り、内部のファイルを暗号化。その上で、仮想通貨ビットコインで3
      00ドルから600ドルの支払いを求め、1週間以内に支払わないとパソコン内のフ
      ァイルが永久に暗号化されたままになるという内容が画面に表示される。今回の復旧
      ツールは、その支払い期限が迫るギリギリのタイミングで公開された。

      【日刊工業新聞】
       http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00428945
      【【IT】大規模サイバー攻撃、仏チームが『ワナクライ』復旧ツール公開。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/20(土) 10:05:33.58ID:CAP_USER.net
      MMD研究所は2017年5月19日、「2017年SIMフリースマートフォン購入者調査」の結果を
      公表した。SIMフリースマホ利用者が現在使っている端末のメーカーシェア1位は米アップ
      ルで25.1%だった。2位は台湾エイスーステック・コンピューターで13.0%で、3位は中国
      ファーウェイで12.5%。国内メーカーでは富士通が4位に食い込み、シェアは8.9%だった。



      機種シリーズ別では上位3機種をiPhoneが占めた。シェア1位は「iPhone SE」で8.1%で、
      2位は「iPhone 5s/5c」で5.3%、3位は「iPhone 7/7 Plus」で5.2%だった。以下、「arro
      ws M02」が4.7%、「HUAWEI P9 lite」と「arrows M03」がそれぞれ4.2%と続いた。



      【IT pro】
       http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/051901457/
      【【IT】SIMフリースマホ、メーカーシェア1位はアップル。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/18(木) 11:38:03.95ID:CAP_USER.net
      「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」「お金を稼ぎたいなら生命保険に入り、水の
      入った洗面器に顔をつければいい」LINE上級執行役員の田端信太郎氏が、Twitter上で過激
      な発言を行い批判を浴びている。LINEは5月17日、「田端氏が法律を軽視するような発言を
      行ったことは大変軽率な行為」とし、厳重注意したことを明らかにした。  

      「テレビって見てる視聴者は、常に善良で勤勉な市民で被害者という仮定を置いてるよね。
      そんなにバーキン欲しいなら視聴者どもよ、自分が金稼げ!って思うけどなー。 」

      @tabbata
       https://twitter.com/tabbata/status/863210774465978369

      「まず生命保険に入りましょう。そして洗面器を用意し水を張ります。水に顔をつけて10分
      もすれば!凄い時給でお金が貰えます!! 」

      @tabbata
       https://twitter.com/tabbata/status/863280109343526912

       14日には、「憲法では全ての個人に生存権が保証されている」との意見に反論する形で、
      「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章ですよね。。。実際に餓死しそうな人がいるとき
      に、「憲法」がアンパンを恵んでくれたりするのですか? 誰か、生身の人間が、お金を出
      してアンパン買うところから始まりますよね?」などとツイートした。

      「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章ですよね。。。実際に餓死しそうな人がいるとき
      に、「憲法」がアンパンを恵んでくれたりするのですか? 誰か、生身の人間が、お金を出
      してアンパン買うところから始まりますよね? 」

      @tabbata
       https://twitter.com/tabbata/status/863765816315072512

      LINEは田端氏の一連のツイートについて「SNS上での投稿は、個人の投稿であり、当社の
      方針と関係するものではない」としつつも、「当社従業員が法律を軽視するような発言を
      行ったことは大変軽率な行為だった。今後、同様のことがないよう、当人には厳重に注意
      するとともに、当社従業員に対して、より一層の順守徹底を行う」とコメントした。

       厳重注意を受けた後も、田端氏は問題のツイートを削除していない。LINEによると
      田端氏は、「SNSの特性上、一度公開したものを削除したとしても、発言した事実は
      インターネット上に残るため、一度発言した内容についての削除対応を行ったことは、
      明らかな事実誤認などを除いてない」と話しているという。

       田端氏はLINEの法人ビジネス担当上級執行役員。リクルートやライブドアなどを経て
      現職に就いた。メディア論や広告に関する著書もあるほか、SNSで精力的に発言してお
      り、これまでにも、過激な発言が話題になったことがある。15日には「炎上マーケティ
      ングでフォロワーを増やしている」ともツイートしている。

      「匿名アカウントにどんだけディスられてもw実名アカは痛くも痒くもない。ミジンコが
      なんか喚いてるなー、くらいに感じるだけっす。いつも私の炎上マーケティングでフォロ
      ワー増施策にご協力有難うございます。 」

      @tabbata
       https://twitter.com/tabbata/status/864484722725969921

      【IT media NEWS】

       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/18/news074.html

      厳重注意

      【イメージ画像】
      【【IT】『憲法って、ただの紙の上に書かれた文章』役員の“過激ツイート”にLINEが厳重注意】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/15(月) 16:59:20.25ID:CAP_USER.net


      LINE株式会社は、スマートフォンのみでLINEスタンプの制作・販売が可能な
      専用アプリを今夏リリースすると発表した。

       イラスト作成ソフトやPC・ペンタブレットなどのデジタル機器を使用する
      ことなく、クリエイター登録から写真撮影、トリミング、ペイントや審査申
      請・販売開始までを行うことができる。サービスの詳細についてはアプリ
      公開時に改めて発表する予定。

       ユーザーがLINEスタンプ/着せかえを制作・販売できるプラットフォーム
      「LINE Creators Market」は2014年5月にサービスを開始。2017年5月8日ま
      での3年間で、登録クリエイター数は世界230カ国約72万人、販売中のスタン
      プ・着せかえ数は合計40万セットを突破しており、販売総額は479億円、売上
      上位10名のクリエイターの平均販売額(累計)は5億3000万円に上る。

      【インターネットウォッチ】
       http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1059595.html
      【【IT】LINEスタンプ制作専用のスマホアプリ、今夏リリース。】の続きを読む

        このページのトップヘ