『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.20

      G-SHOCK

      1まとめらいぶ2016/04/06(水) 22:01:51.85ID:CAP_USER.net
      hypebeast

      〈Casio〉の「G-SHOCK」といえば、手頃ながらも確固たる
      リスペクトとポジションを確立している人気ウォッチだ。

      ファッションアイテムであると同時に、あらゆるアクティビティにおける
      頼もしいツールとしてもとらえられているが、んな「G-SHOCK」にも
      「MR-G」と呼ばれるラグジュアリーシリーズが存在する。

      昨年リリースされた同シリーズ“MRG-G1000RT-1A“は6,000ドル
      (約66万円)という価格だったが、今年登場する“Hammer Tone”と
      名付けられたモデルはそれを上回る「G-SHOCK」
      史上最高額の6,200ドル(約68万円)となる。

      「MR-G」シリーズの20周年を記念するこの“Hammer Tone”は、タフソーラー、
      20気圧防水、(当然ながらの)ショックレジスト、GPSで地球上のあらゆるタイム
      ゾーンに自動対応するという、これまでの高性能「G-SHOCK」機能を搭載
      しているが、さらにこのモデルを格別にしているのがベゼル部分を中心に
      見られる鎚起(ついき)の職人技。

      京都の鎚起師「淺野美芳(あさのびほう)」氏によりデザインされた朧銀
      (おぼろぎん)と銅の合金のベゼル、そしてイオンメッキされた赤銅と
      金の合金を使用したクラウンとスクリューを使用している。

      製作されるのは世界限定300個。職人技と機能、
      モダンとトラディションが織り交ざったこの特別モデルは、
      7月、『Tourneau』にて発売される。









      【【時計】『カシオ』価格68万円!史上最高額のG-SHOCKを発売】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/03/17(木) 18:05:07.37ID:CAP_USER*.net
      カシオ計算機(以下、カシオ)の「Gショック」は、
      言わずと知れた定番の人気時計だ。

      日本中がブームに沸いた1990年代を懐かしく
      思い出す読者も多いのではないだろうか。

      当時のブームのピークは、年間600万個を出荷した1997年だが、
      なんと今、Gショックは当時を越える勢いで売れている。

      2013年度の出荷数は650万個、
      2014年度は730万個と2年連続で過去最高を記録。

      そして今年度も800万個と3年連続更新を見込んでいるという。

      これはもう、ブーム再来と言っていい。

      ■「陸・海・空」のプロも納得の本格仕様
      まず、昔と比べ興味深いのは、人気価格帯の変化だ。

      1983年の発売当時は約1万円、1990年代ブームの時期でも
      1万5000円くらいが売れ筋だったが、最近では5万円前後という
      “大人価格”のものが好調だという。

      中でも今、人気なのが、「MASTER OF G」シリーズだ。

      5万~10万円のアナログタイプのラインナップ強化が奏功し、
      2014年の年末商戦では昨年比2倍の売り上げになったという。

      Gショックのウリである「タフネス」をさらに追求し、
      陸・海・空、それぞれの過酷な環境下でも耐えうる
      プロ仕様の時計をコンセプトとしている。

      デジタル時計においては、1990年代から潜水用防水機能がついた
      「FROG MAN」など「~MAN」と名付けたプロ仕様の
      人気モデルは既に存在していた。

      このアナログ版を作り、
      改めて「陸・空・海」という切り口でまとめて
      訴求し始めたのが同シリーズだという。

      アナログタイプには
      「陸の覇者(MUD MASTER)」、「空の王者(GRAVITY MASTER)」、
      「海の強者(GULF MASTER)」と、3つのラインがある。

      新規開発にあたっては、レスキュー隊や船乗り、
      イギリス空軍といった現場のプロに、彼らが求める
      スペックをヒアリングしたというだけあり、特殊機能がスゴイ。

      例えば、「陸」は、ジャングルや砂漠、
      あるいは災害救助など土砂や瓦礫が積もる場所での
      使用も想定し、砂・埃・泥の侵入を徹底的に防ぐ構造を開発。

      さらに方位・気温・気圧・高度などが確認できるセンサーも搭載した。

      このセンサーは「海」にもついており、
      「海」はさらに潮の満ち引きがわかる機能などを備え、
      環境変化の激しい海上任務も遂行できる工夫を施している。

      そして「空」は、航空機内での使用を想定し、
      遠心力・衝撃力・振動力に耐えうる構造を実現。

      2都市の時刻を同時表示する機能の他、
      世界6局の標準電波とGPS衛星電波を両方受信し、
      どこにいても正確な時刻表示を叶えるという
      世界初の機能も搭載した。

      infoseek

      mt-g

      【イメージ画像】
      【【時計】『G-SHOCK(Gショック)』ブーム再燃!過去最高の出荷数、5万円前後の『大人価格』が売れている。】の続きを読む


      私事ではございますが、『ヨドバシカメラ』をいつも利用させて頂いています。

      始まりは『G-SHOCK』を購入した後からになります。

      購入したのは、元々使っていた品の後継モデル。

      『MTG-M900BD』

      IMG_20150820_202152

      店頭でお会計を済ませ・・・、
      新品購入特典の無料『駒調整』を頼み忘れて帰宅!。

      また店頭に伺うのは面倒なので自分で調整することにしました。

      そこで使うのはコレ♪

      『精密マイナスドライバー』

      IMG_20150820_202446
       
      って、コレは嘘です(やっちゃ駄目)。

      実際に昔やって駒に重症を負わせたので、今回は出来るけど自粛。

      本当はココからご説明致します。

      とっても簡単です。

       
      【【CASIO】『G-SHOCK』買い替えたので『駒 調整』を自分でやってみる、『MTG-M900BD』など。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/07/04(土) 16:03:31.62ID:???.net
      J CAST トレンド

      カシオ計算機は、腕時計ブランド「G-SHOCK」から、
      神戸市消防局とのコラボレーションによるスペシャルモデル
      「GW-9400FBJ」を、2015年7月17日に発売する。
      同モデルを通じて神戸市消防局は、8月に同市で開かれる
      「全国消防救助技術大会」や防災情報などを
      効果的に発信したいとしている。



      ベースモデルは、どのような状況下でも正確な時刻と情報を
      必要とするレスキュー隊をイメージし、サバイバルが求められる
      場面で役立つ機能と性能を備えた「RANGEMAN GW-9400」。
      神戸市消防局の全面監修によるカラーリング・デザインは、
      救助隊が着用する救助服をモチーフにし、ベースカラーには
      オレンジを採用。ベルト部分には救助資機材の
      レンジャーロープをデザインし、裏ぶたには
      神戸市消防局の消防章を刻印している。

      阪神大震災から20年目を迎えた神戸市では8月29日、
      全国の消防士約16万人のうちから、地区大会を突破した
      約1000人が集結する第44回全国消防救助技術大会が開かれる。
      この大会にG-SHOCKはブース出展し、本商品をはじめとした
      様々なG-SHOCKを展示して大会を盛り上げる。

      メーカー希望小売価格(税別)は5万円。
      【【時計】G-SHOCK、神戸市消防局とのスペシャルタイアップモデル発売。】の続きを読む

        このページのトップヘ