タグ:Echo

1:まとめらいぶ 2018/03/08(木) 10:18:45.45 ID:CAP_USER
Amazonのスマートスピーカー Echo が前触れもなくクスクスと笑い出し、
ユーザーを怯えさせるという冗談のような出来事が発生しています。

日本でも販売が始まったスマートスピーカー Amazon Echo は、クラウドベースの音声
アシスタント Alexa(アレクサ)に対応しており、音声で操作やさまざまな会話ができる
製品です。

会話ができるといっても、ユーザー側が特定のコマンド語、つまり「アレクサ、」
「コンピューター、」「Amazon、」等を口にした時点からあとの言葉を解釈して、
あくまで受け身で回答を返すのが基本的な挙動でした。

しかしSNSなどでは昨日から、Echoなどアレクサ搭載スピーカーが前置きなく
いきなり笑い出したとの報告が相次いでいます。

自分一人だと思っていたら急に家の中で笑い声がして死ぬほど怯えたという報告を
はじめ、ビジネス上の真剣な話し合いのさなか、重大な決断を口にした途端にいき
なり笑われて一同驚愕した、寝起きにいきなり知らない人の笑い声がして飛び起きた、
あるいはアレクサに照明を消して、と指示してもうまく伝わらず、三度目には
従うかわりに笑い出したなどなど。

どのような状況に発生するのか、完全に前置きなしなのか、指示したつもりがない
だけで何かのきっかけがあるのか等の詳細は不明。

スマートスピーカーではテレビの音声や、アシスタントに話しかけていない会話を
誤認識して聞き取りモードになることがよくありますが、今回のアレクサ笑い出し
案件では特に間違えるような音もなく、また応答中を示すリングライトの点灯も
なくいきなり笑い出したとの報告もあります。


米Amazonによれば、問題の発生は把握しており、解決に向けて作業中。今回の件は
純粋に不具合だったとして、もし唐突にスマートスピーカーを操ってユーザーを
驚かせるプロモーション的な試みをする会社があれば、今回の反応を見る限り
大変なバックラッシュを受けることになりそうです。

【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2018/03/07/echo/

Amazon Echo

【画像】

引用元: 【製品】アマゾンEchoスピーカーが唐突に笑い出す不具合発生。各地で怯えるユーザー続出

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/11/08(水) 15:02:36.50ID:CAP_USER.net
Amazon.co.jpは、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応した
スマートスピーカー「Amazon Echo」を日本で発売する。価格は11,980円(税込)
でプライム会員は4,000円オフ。招待(予約)を本日受付開始し、来週より出荷する。
また、小型の「Echo Dot」やスマートホーム対応の「Echo Plus」も発売。
Echo Dotは5,980円(税込)で、プライム会員は2,000円オフ。
Echo Plusは17,980円(税込)。

 また、4,000万曲のカタログをそろえ、Echo利用者は月額380円で使い放題になる
「Music Unlimited」もあわせて展開する。通常は月額980円で、プライム会員は
780円。ファミリープランも月額1,480円で用意する。

 クラウドベースの音声アシスタント「Alexa」は、話しかけるだけで、音楽の再生、
ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や
大相撲などスポーツ結果の確認などが可能になる。遠隔音声コントロール技術に
より、部屋中のさまざまな場所から、話しかけるだけでこれらの機能を呼び出せる。

 Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイを備え、音声を明確に聞き取る。
マイクの信号を合成するビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、音声指示
以外の話し声も抑制して認識。スピーカーとしては専用のツイータ、2.5インチの
ダウンファイアタイプのウーファも備え、「部屋全体に鮮明なボーカルとダイナ
ミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングも採用している」という。

【AV Watch】
 https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1090358.html

続きを読む

↑このページのトップヘ