Chrome : まとめらいぶ

タグ:Chrome

1まとめらいぶ2016/07/03(日) 21:04:07.57ID:CAP_USER9.net
◆ Chromeが50%に迫る、6月ブラウザシェアランキング

Net Applicationsから2016年6月のデスクトップブラウザシェアが発表された。
2016年6月はChromeとMicrosoft Edgeがシェアを増やし、Microsoft Internet
Explorer、Firefox、Safari、Operaがシェアを減らした。

Chromeの強い成長傾向は衰えることがなく、このペースで増加していけば
2016年の間には50%以上のシェアを獲得するものとみられる。

バージョン別にみるとMicrosoft Internet Explorer 11は微増したものの、Microsoft
Internet Explorer 10.0、Microsoft Internet Explorer 9.0、Microsoft Internet
Explorer 8.0は減少。Microsoft Edgeも増加したとはいえ微増に留まっている。
全体としてMicrosoftのブラウザは減少傾向が続いている。

Chromeはデスクトップブラウザのみならず、モバイル/タブレット向けデバイスの
ブラウザとしても強い成長傾向を続けている。Googleの提供しているサービス
とのシームレスな連携やデバイスを超えた同期が可能であることなどから、
Chromeを主ブラウザとして使い続けるユーザが増えているものと見られる。











【マイナビニュース】
 http://news.mynavi.jp/news/2016/07/03/056/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2015/07/06(月) 12:30:52.32ID:???.net
ASCII



(図表はサイトにて)

 皆さんは、パソコンなどでブラウザーは何を利用しているだろうか。
ブラウザーは1991年に生まれて以来激しいシェア争いが続いており、
「ブラウザー戦争」などとも呼ばれている。世界、日本における
ブラウザーのシェア、バージョンごとのシェアを見ていこう。

 StatCounterによる、
世界のデスクトップPCにおけるブラウザーシェアを見ていこう。
それによると、2008年7月は、1995年に登場して以来市場を
席巻していたInternetExplorer(IE)のシェアが約68.57%でトップ。
続いてFirefoxの26.14%などとなっていた。

 ところが、2012年5月にはIEとChromeのシェアは
約32%程度同士で拮抗する。一貫してIEは右肩下がりなのに対して、
2008年にβ版が登場したChromeは一貫して右肩上がりであり、
Firefoxは緩やかに下降している。

 その結果、2015年5月のシェアは、Chromeが52.32%、
IEが19.9%、Firefoxは17.87%、Safariは6.31%、Operaは
1.73%となっている。前回から順位こそ変わっていないが、
とうとうChromeがシェアの半数を超えた一方で、
IEとの差は拡大。IEはFirefoxを下回る可能性も出てきたのだ。

 なお、モバイルやタブレットまで入れたブラウザーシェアとなると、
2015年5月時点でChromeが43.97%でトップ。続いてSafariが13.47%、
IEが12.31%、Firefoxが11.14%、Androidが6.57%等となっている。
スマホの普及により、SafariがIEを抜くという順位の逆転が起きているのだ。

 ところが、日本では世界と状況が異なっているようだ。
StatCounterによると、2015年5月時点のデスクトップPCでの
シェアは、IEが41.62%でトップ。続いてChromeが34.52%、
Firefoxが15.02%、Safariが6.19%、Operaが1.24%となっている。
 やはり日本でもIEは右肩下がりであり、逆にChromeが右肩
上がりで伸びている。日本で人気の高いIEだが
前回に比べて両者の差が縮まってきていることが分かる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ