タグ:BMW

1まとめらいぶ2017/05/27(土) 20:10:05.41ID:CAP_USER.net




ドイツの高級車メーカー、BMWグループは5月25日、イタリアで開幕した
「Concorso d'Eleganza Villa d'Este」において、『コンセプト8シリーズ』
を初公開した。

同車は、2018年に市販される新型『8シリーズクーペ』を示唆したコンセプトカー。
1999年に初代が生産を終了した8シリーズが、およそ20年ぶりに復活を果たす。

コンセプト8シリーズは、BMWブランドの最上級クーペ。ひと目でBMWとわかる
フォルムを持ちながら、新しいデザインアイデアを随所に導入している。例えば、
キドニーグリルは、BMWのクラシッククーペからインスピレーションを得て、
ワイド&ローの新デザイン。ボンネットとルーフラインが、ダイナミックさ
を演出する。

インテリアは、ドライバー重視の設計。シートはダークブラウンのメリノレザーで、
ダッシュボードなどには、カーボンファイバーやアルミのアクセントが配される。
iDriveコントローラーは、スワロフスキーガラス製とした。

BMWグループ取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「BMWグループは“NUMBER ONE>NEXT”戦略において、売上と収益を大幅に増やすことを目指している。8シリーズ
クーペはこの戦略の実現に、重要な役割を果たすだろう」と述べている。

【response】
 https://response.jp/article/2017/05/26/295272.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/26(日) 20:32:02.12ID:CAP_USER.net
【zuuonline】
 https://zuuonline.com/archives/144257



BMWが初の電動スクーター「BMW C evolution(シー・エヴォリューション)」を
2017年5月12日に発売する。最大の特徴は走行距離160km、最高速度129km/hという
スペック。国内メーカーの電動バイクが走行距離50km未満、最高速度50km前後のも
のが多く差は歴然だ。


大容量バッテリーと独自のテクノロジーで走行距離を160kmに「BMW C evolution」
は欧米では2014年に発売された。販売台数は1500台ほどだがスペインでは警察のバイ
クにも採用されている。日本上陸のバージョンは、旧型を大幅に進化させたものだ。電
動スクーターなどの最大の課題は走行距離をいかに伸ばすかだ。そのためには、バッテ
リー容量を大きくする必要がある。「BMW C evolution」に搭載されている大容量空冷
リチウムイオン高電圧バッテリーは94アンペア(Ah)あり、電気自動車の「BMW i3」で
採用されたテクノロジーにより160kmまでの走行を可能にした。

充電はEV充電スタンドまたは普通充電用200Vコンセントを使用し、3.5時間で80%まで
できるようになった。国産スクーターのバッテリー容量は20Ah以下のものが多く、「B
MW C evolution」に搭載されているバッテリーがいかに大容量か分かる。

最高速度128kmは高速道路でも余裕の走りを実現

最大出力、最大トルクはBMWの最新スクーター「C650スポーツ」(最大出力44kW、最
大トルク63Nm、無鉛プレミアムガソリン使用)に比べて最大出力で少し劣り、最大トル
クでは勝っている。数値的にはほぼ同様の走行性能があり、軽快な走りが期待できそうだ。
外観は「C650スポーツ」などのBMWマキシスクーターを踏襲したものだが、重心を低く
設定してあり、ハンドル操作は快適そうだ。
ブレーキシステムにはABSを標準装備している。

希望小売価格は消費税税込み148万7500円。ちなみにガソリン使用のBMWスクーター「C
650スポーツ」が114万5000円(消費税税込)、700ccのBMWバイク「F700GS」(ガソリ
ン仕様)が125万000円(消費税税込)だ。国内メーカーの電動スクーターは、電動自転車
の延長線上にあるような小型町乗りタイプがほとんどだ。大型のタイプはサイズ的には「B
MW C evolution」よりひとまわり小さいが、アクセス(山梨県甲府市)が受注生産する
「ラング EX」と「AC-Cruise(エーシークルーズ)」がある。「ラング EX」最高速度は
85km/h、走行距離は90km、価格55万9400円(税込)。「AC-Cruise」は最高速度85km/h、
走行距離120km、価格53万7800円。

日本の大手メーカーは、大型電動スクーターにあまり興味を示していないようだ。しかし、
バッテリーで走行しCO2の排出がない電動スクーターは、今後大きく普及する可能性のある
乗り物だ。走行距離をいかに伸ばしていくかという大きな課題はあるが、BMWの日本上陸
を契機に注目度が高まるかもしれない。

(ZUU online 編集部)
続きを読む

1まとめらいぶ2016/10/12(水) 19:13:08.92ID:CAP_USER.net
internetcom







BMW Group各社は創業100周年を祝い、同グループの次の100年を見据えたコンセプト
モデルを今年に入り次々と発表してきた。その締めくくりとなるのがBMW Motorrad。
同社は米国ロサンゼルスの「Iconic Impulses. The BMW Group Future Experience」
で、バイクの未来を示すコンセプトモデル「VISION NEXT 100」を公開した。

通常、コンセプトモデルは、5~10年先の社会を想定してデザインされるという。
だが「VISION NEXT 100」では、数十年後の未来がターゲットとなった。
BMW Motorradは、今よりもデジタル化が進み、あらゆるものが繋がった
世界で求められるバイクは、“デジタル時代に、アナログ体験”が可能なもの
だとして「VISION NEXT 100」を設計。BMW Motorradのデザイン部門トップである
Edgar Heinrich氏はこのコンセプトモデルを、ありふれた日常からの
「大脱出(Great Excape)」であると表現している。

「VISION NEXT 100」では、バイクライダーは身体を保護するジャケットやヘルメットを
着用する必要がない。バイクにライダーを保護する機能を持たせているので、ライダーは
バイクのパワーや加速感、それに自然の風を常に直接感じる“アナログ体験”
を得られるようになる。

この機能を支えているのが、自動バランス機構。バイクは路上を走行しているときも、
路肩で一時停止しているときにも、この機構によって自立が可能だ。バイク初心者は、
自動バランス機構が提供する様々な機能と、絶対に倒れることのないバイクから
多くの恩恵を受けられるという。上級者であっても、より軽くなったハンドルと
この機構により、いままで以上に敏捷かつダイナミックな操作が可能となるそうだ。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/09/29(木) 15:08:55.27ID:CAP_USER.net
オートックワン





ビー・エム・ダブリューは、3シリーズの新たなエントリーモデルとして、新世代のBMW
ツインパワーターボエンジン搭載モデルとな「318i セダン/ツーリング」をラインナップ
に追加し、10月1日(土)より販売を開始する。価格(消費税込)は409万円~ 511万円。
1975年に初代モデルが登場した3シリーズは、後輪駆動方式や、ドライバーとクルマ
とが一体となる約50対50の理想的な前後重量配分などにより、BMWならではの

「駆けぬける歓び」

を凝縮したモデルとして長年プレミアムスポーツセダンのセグメントにおいて世界的な
ベンチマークとされてきた。第6世代目となる現行3シリーズは、高効率4気筒および
6気筒ガソリンエンジンモデルに加え、クリーンディーゼルモデル、プラグインハイブ
リッドモデルと、「駆けぬける歓び」と高い環境性能をより高次元で提供する革新的
なパワートレインを提案。そして、今回発表された「318iセダン/ツーリング」は、
BMW EfficientDynamicsの理念を追求したBMWグループの新しいエンジン
ファミリーに属する新世代モジュラーエンジンである1.5リッター直列3気筒
BMWツインパワーターボガソリンエンジンを搭載する。

「318iセダン/ツーリング」は、BMW EfficientDynamicsの理念を追求したBMW
グループの新しいエンジンファミリーに属する新世代モジュラーエンジンである
1.5リッター直列3気筒BMWツインパワーターボガソリンエンジンを搭載する。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/05/14(土) 19:42:41.26ID:SdmwM7Yl0.net BE:875259835-PLT(15000)
言わずと知れたBMWミニ。

すっかり大きくなって、「もうミニじゃない」と
陰口を叩かれつつも順調にモデルチェンジを重ね、
ベースモデルは現行で3代目を数える。

4ドアモデルからコンパーチブル、コンパクトSUVの「クロスオーバー」まで、
派生車種も続々登場し、ミニに乗りたいけど、2ドアの前輪駆動だけでは…
と購入を躊躇していた潜在購買層を貪欲に飲み込み続けている。

今回はそれら派生車種の中から、ホイールベースを延長し4ドア仕立て
で快適な後席スペースと広い荷室を確保したクラブマンに試乗した。

産経 ニュース

続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/29(火) 16:07:14.25ID:CAP_USER.net
産経 ニュース】 



 独BMWのバイク部門、BMWモトラッドは2017年をめどに、
大型電動バイク(スクーター)を日本市場に投入する。

すでに国産ではホンダ、ヤマハ発動機、スズキが電動バイクを販売しているが、
“日常の足”的な小さい車種に限られていた。

高級ブランドから出る大型電動バイクは、4輪車における「テスラモーターズ」のように
電動をクールなイメージに変えるきっかけになるのだろうか。

(原田成樹)

 2017年にBMWが日本市場に投入するのは「Cエボリューション」。

2014年に欧米で投入され、同社によると1500台以上を売り上げた。

大型の「C650GT」「C650 SPORT」をベースにした大型バイクだが、
モーターの出力から日本では「125以上250cc未満」の分類になり、
中型免許(現・普通自動2輪免許)でも乗ることができる。

 4輪ではBMWの電動自動車「i3」を街でみかけるようになったが、
東京-大阪(約500キロ)を給油せず走るのは難しい。

スペック上での航続距離は229キロで、
東京-箱根往復に届くかどうかのレベルだ。

 ガソリン内燃エンジンから電気モーターへと移行する際に、
最も重要になってくるのが航続距離だろう。

液体ガソリンよりも「エネルギー密度」が1桁小さいリチウムイオン電池で、
航続距離を稼ぐのは至難の業だ。

 ガソリン車では大抵、50ccスクーターや普通自動2輪車(400cc)でも
400~500キロほど走れるが、Cエボは車体の至る所にリチウムイオン電池を
詰め込み、何とか4時間の充電で100キロの走行を可能にしたという。

現状のテクノロジーにおけるバイクの限界に近いと思われる。

 それでも1500台がすでに市場に出回り、
スペイン・バルセロナ市警などで使われているという。

さほど遠出はしないが、加速はほしいという需要に応える。

 気になる走りについて、BMWのテクニカル・マネジャー、
平野司さんは「全く異次元」と表現する。

内燃エンジンのスクーターだと、

「アクセルを握る」



「エンジンのスロットルが開く」



「CVT(無段変速機)がかみ合う」



「タイヤの回転数が上がる」

という段階をたどるが、電動ではアクセルを握ると電流が増えて
回転数がすぐに上がるのだという。

 搭載する「水冷電気モーター」の出力は、35キロワット。

48馬力に相当する。高速道路をかっ飛ばすには少々心もとないが、
街を格好良く走るというのに不足はない。

排ガスもない電動バイクの市場を切り開くに、話題性は十分だろう。

 Cエボは、25日から27日まで東京都江東区の東京ビッグサイトで
開かれている「東京モーターサイクルショー」で展示されている。

ミラノ発表の電動3輪も
 ヤマハブースでは、市販電動2輪車「E-Vino(Eビーノ)」が見られる。

Eビーノはスペック上では航続距離29キロで、
予備バッテリーを積めば2倍に伸びる。

学生や会社員が駅まで毎日使うような
ケースで経済性から選ばれることが多いという。

住宅街などで、音がエンジンより静かなことも好評だという。

 台湾のバイクメーカーSYM(三陽工業)も、
昨年11月の「ミラノモーターサイクルショー」で初公開したコンセプト
電動3輪車を展示している。市販は未定。

 自動車は、環境問題への対応などで電動へとシフトしていくのは必至。

ヤマハ、SYMの両社とも、今後の電動化への流れは、バイク専業から
4輪へのチャンスでもある。

ヤマハはすでに電動ではないが自動3輪車「トリシティー125」を
2014年に販売しており、年内には排気量をアップした
「同155」も追加投入する予定だ。

 4輪か2輪か3輪か-。その垣根は徐々に低くなり、電動化で部品
簡素化も進めば、自動車産業自体の参入障壁も低くなるとみられる。

タイヤが何個ついているかなどは、搭乗人数、航続距離、
加速性能などを決める際に選ぶ「ビークル(乗り物)」の
バリエーションに過ぎなくなるのかもしれない。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/15(金) 18:25:04.68ID:GwXUcMhE0.net BE:357092553-PLT(12000)
BMWは新型2シリーズクーペの
スポーツモデルのM2クーペを正式発表した。

2016年1月に行われるデトロイトモーターショー2016で一般公開される! 
2010年から台数限定で生産されている1シリーズのMクーペの後継である。

M ディビジョンによって開発されたハードコアバージョンである。
Mカー史上最も小さい。

全長:4,468mm
全幅:1,854mm
全高:1,410mm

直列6気筒 3L ツインターボエンジン
最高出力:370ps/6500rpm
最大トルク:47.4kgm/1400-5560rpm
(オーバーブースト機能を使用し、一時的に最大トルクを50.1kgmにアップ可能)
トランスミッション:6速MT or 7速デュアルクラッチ (M DCT)
車両重量:1520kg
0-100km/h加速:6MT は4.5秒/7M DCTは4.3秒
最高速度:250km/h(リミッター)/「Mドライバーズパッケージ」
装着車は最高速度270km/h

タイヤ: F 245/35ZR19、R 265/35ZR19
トレッド:フロント55mm、リア80mm拡大

ニュルブルクリンクサーキット北コースでのラップタイムは7分58秒
前世代の「BMW M3 Coupe」と比較しても7秒も速い。

続きを読む

↑このページのトップヘ