1まとめらいぶ2016/04/21(木) 14:47:31.24ID:nbTMg/ON0.net BE:875259835-PLT(15000)
三菱自動車が軽自動車の燃費を不正によく見せかけていた問題で、
三菱自動車はデータを改ざんした4車種以外にも違法な方法で
試験を行っていたことが明らかになった。

 国土交通省は21日も、愛知県にある三菱自動車の
開発統括部門に立ち入り検査を行っている。

 三菱自動車によると「eKワゴン」など4車種のデータ改ざんだけでなく、
「ミラージュ」「デリカD:5」「アウトランダーPHEV」を除く、全ての車種について
法律に定められている方法と違うやり方で燃費を計算するための数値を出して
いたことがわかった。

こうしたやり方は少なくともリコール隠しが
発覚した後の2002年から行われていたという。

 三菱自動車は違法な方法で行っていた理由について、
時間が少なくてすむためだった可能性が高いとしている。

リコール隠し以降も社内の体質が変わっていないことが浮き彫りとなり、
経営責任が問われることになりそうだ。

日テレ NEWS 24
続きを読む