15日 : まとめらいぶ

タグ:15日

1まとめらいぶ2017/08/14(月) 18:07:15.69ID:CAP_USER9.net
【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000055-zdn_n-sci
 タイトーは8月14日、1986年にファミコン向けに発売したアクションアドベンチャー
ゲーム「たけしの挑戦状」のスマートフォン版を、8月15日に配信すると発表した。
価格は840円(税込)。ファミコン版をリメークし、
新要素「あめりか」や「ひんたぼ語検定」を加えた。

 たけしの挑戦状は、ビートたけしさんが監修したアクションアドベンチャーゲーム。
サラリーマンの主人公が宝探しに冒険するストーリーで、理不尽な内容と難易度の
高さから“伝説のクソゲー”として知られる。

 リメーク版となるスマホアプリは、「たからのちず」「社長室」などファミコン版の
ギミックを再現しつつ、スマホの画面比率(16:9)に対応したほか、本編と関係ない
“寄り道”要素として、新成田空港から「あめりか」ステージに旅立てるようにした。

 あめりかでは、ブロードウェイや、多くのセレブや有名人が住む(?)タワーなどを
訪問でき、タワー最上階に上ると「有名人に出会えるかもしれない」という。
同ステージのBGMは、同社サウンドチーム「ZUNTATA」による新作で、
ファミコン風の8bitサウンドだ。

 新たに「ひんたぼ語検定」も実装。ゲームに登場する南の島「ひんたぼ島」の言語
「ひんたぼ語」の能力を測る検定で、「1級」~「10級」が認定され、
結果をSNSでシェアできる。

 ファミコン版発売から31年目にして初となる公式グッズも発売。「社長室」や
「スナックあぜみち」などをあしらったTシャツと、ゲームオーバー時のグラフィックスを
採用したマイクロファイバータオルを発売予定だ。発売日や販路などは今後、
Webサイトで発表する。

続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/13(木) 16:43:00.25ID:CAP_USER9.net
中1女子プロレスラー 山添さん15日デビュー (河北新報)

【Yahoo!ニュース】 
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000016-khks-soci

 仙台市南光台東中1年の山添愛海(まなみ)さん(12)=泉区=が、女子プロレス団体
「センダイガールズプロレスリング」(仙女)=若林区=所属の最年少選手として15日、
新潟市でデビュー戦に臨む。相手は女子プロレス界の大ベテラン、ジャガー横田さん
(55)。山添さんは勝利への決意を胸にトレーニングを重ねる。

 山添さんが初めて仙女の試合を観戦したのは、南光台東小5年の時。プロレスファンの
母親とともに、代表で看板選手の里村明衣子さん(37)のスピード感あふれる動きや迫
力の技に魅了された。

 「ちょっと怖そうだけど、自分もやってみたい」。強い憧れから、誰でも道場でプロ
レスを体験できる「仙女サークル」(水曜日開催)に参加し、昨年8月からは放課後に
週3、4日、トレーニングに通うようになった。

 身長160センチ、体重57キロ。腕や足により筋力を付けるため、1回3時間の練習で
100回の腹筋や40回の腕立て伏せに励み、ドロップキックやエルボー(肘打ち)など
の技を磨く。

 道場に通い始めて1年弱、先輩の熱い指導を受けながら、新潟市体育館でデビュー
戦を迎える。プロレスファンの間では、40歳以上年齢の離れた異色対決として注目を
集めている。

 「緊張に負けないで、会場が熱く沸くような試合をしたい」と気合十分の山添さん。
「これからもっとたくさんの難しい技を身に付けて、先輩たちのようにかっこいい選手
になりたい」と夢を膨らませる。

 指導する先輩の橋本千紘さん(25)は「つらい練習も休まない我慢強い性格で、レス
ラーに向いている」と高く評価。「デビュー戦では、高さが売りのきれいなドロップキ
ックを見せてほしい」と期待する。
2まとめらいぶ2017/07/13(木) 16:43:13.80ID:CAP_USER9.net
続きを読む

↑このページのトップヘ