タグ:12月

1:まとめらいぶ 2018/11/13(火) 17:55:15.43 ID:J9/WtDjM0 BE:837857943-PLT(16930)
トヨタ 新型「プリウス」12月にも発売 

ついに不評の外観デザインテコ入れ 好評のPHV顔へ大幅変更へ

外観デザイン不評の現行「プリウス」、大幅にテコ入れ
 
トヨタが新型「プリウス」を2018年12月に発売します。注目されるのは、現行プリウスで評判が良く
なかった外観を大きく変更することです。新型プリウスは2019年モデルとして、米国で11月末に開催
されるLAショーで世界初披露されることが正式にアナウンスされていますが、日本では12月に発売
となるようです。

新型プリウスは見た目が大幅に変わりますが、ビッグマイナーチェンジの扱いです。ガラリと変わる
デザインイメージは、プリウスPHVのデザインに近く、フロントマスクには独立式のLEDヘッドランプ
が装着され、現行プリウスに比べると、ランプを強調する目鼻だちのハッキリしたデザインになります。

【Yahoo! ニュース】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00010002-kurumans-bus_all
独立式のLEDライトを採用しているプリウスPHV
no title

no title

no title

引用元: トヨタ 新型「プリウス」12月にも発売 不評のダサいデザイン改良【画像】

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/05(月) 16:06:44.89ID:CAP_USER.net
【it media ニュース】
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/05/news085.html



 パナソニックは12月1日、蛍光灯などのフィラメントに使うタングステンの加工技術を
応用した冶金(やきん)事業を本格的に始めると発表した。12月から順次、
タングステン製の印鑑や手袋を発売する。価格は未定。

 タングステンは3000度超の熱に耐え、硬度の尺度の1つであるモース硬度でダイヤモンドに
次ぐ高硬度を持つ。タングステン製の印鑑は、過酷な使用環境でも摩耗しにくく
「個人、会社を問わず、次世代まで継承できる」としている。

 「タングステン耐切創手袋」は、太さが髪の毛の約5分の1で、ステンレスの約2倍の強度を
持つタングステン極細線を採用。柔軟性と耐切創性能を両立し、刃物を使用するシーンでも
作業性を落とさず安全な作業が可能になるという。

 同社は長年、蛍光灯などの電極部品を自社で開発・製造し、タングステン加工のノウハウを
蓄積してきた。この知見を基に冶金事業に参入し、2018年度には
100億円規模の売り上げを目指す。
続きを読む

↑このページのトップヘ