タグ:100年

1:まとめらいぶ 2018/09/25(火) 17:35:08.90 ID:CAP_USER9
【マネーポスト】
 https://www.moneypost.jp/322137

no title

定年後のアルバイトで起きやすい事故と職種

 人生100年時代を迎え、定年後の家計のやり繰りはどんどん難しくなっている。年金や退職金の備え
だけでは不安だからと、「アルバイト」に精を出す60歳以上も多い。なるべく負担が少なくて、
稼ぎがいい仕事を、そんな探し方をする人が大半だが、そこには「危ない仕事かどうか」という
視点が抜け落ちていないだろうか。

「郵便受けに“お知らせ”を投函するだけで、週にいくらかもらえるなら……」
 と考えて広報誌配布のアルバイトを始めた82歳男性。配布先の家屋の石段を上っている最中、
思いがけずバランスを崩して背後に倒れ、そのまま帰らぬ人に。
 この一件は今年7月、実際に発生した死亡事故だ。

 原則60歳以上の会員に業務の斡旋などを行なうシルバー人材センター
(2018年3月末時点で会員約71万人)によると、2017年度に起きた事故件数は5701件
(死亡事故含む)。NHKが調査したアンケートの報告によれば、4年で6.5倍の数に増えている。

 最も多い事故は
「転倒」(1783件、うち死亡3件)で、
以下「蜂、犬、蛇等に刺される、噛まれる」(956件、うち死亡1件)、
「墜落、転落」(928件、うち死亡12件)、「交通事故」(471件、うち死亡7件)、
「切れ、こすれ」(424件)
と続く。

 いずれも背景には加齢に伴う問題がありそうだ。

「会員の平均年齢は72歳で、筋力や敏捷性といった身体能力が低下しており、足が滑る、
躓くなどのアクシデントに対応できません。それゆえ骨折や入院に至るケースも珍しくない」
(全国シルバー人材センター事業協会の福島孝・事業部長)

 自分の体を守るため、事故の実態を知る必要がある。

※週刊ポスト2018年10月5日号

引用元: 【人生100年時代】定年後アルバイトの事故は年5700件 転倒、刺される、噛まれる…4年で6.5倍/シルバー人材センター

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/05/29(日) 21:21:25.09ID:CAP_USER.net
irorio











【vimeo】
 https://vimeo.com/156852806

天然素材を使った環境に優しい段ボールの家をご紹介します。

段ボールを重ねて基本構造づくりオランダ・アムステルダムの
Fiction Factory社が考案、製作した「Wikkelhouse」です。

まず天然木から段ボールを製作。

もちろん伐採した後は植林して林の維持に努めます。

ぐるぐると回る型で段ボールを重ね、環境に優しいスーパー
グルーで貼り合わせて24枚重ねの家の形ができあがります。


断熱性にも優れているそう。

オランダ語で「包む」
「Wikkelen」はオランダ語で包むという意味。

段ボールを包むように重ねてつくるところから
「Wikkelhouse」の名がついたそうです。

段ボールの形に耐水性と通気性に優れた仕上げ加工を施し、
さらにウッドパネルで保護しますからどんな天候にも耐えられると言います。

メーカーによると、耐久性は最低100年とか。

奥行き1.2mの基本構造を並べることにより、好きな大きさに設定できるのも特徴。

後からその数を増減させることもできます。

キッチンやバスルームなどの水回りも設置可能。

既存の3倍環境に優しい
公式サイトによると、既存の家屋の「3倍環境に優しい」そう。

さらに各基本構造は何度も使えて、100%リサイクル可能だといいます。

工場で形作って、建設地へ運びますが、1日あれば設置できるのも魅力です。

どんな所にも置ける
基本構造はそれぞれ500㎏ですから、通常の家屋のように
基礎工事の必要がなく、森の中、海岸、庭、屋根など、
どんなところにも置くことができます。

景色に飽きたら移動も可能。

インテリアも様々なデザインが考えられます。

値段は25,000ユーロ(約306万円 )、運送・設置費は別。

今は、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ドイツ、フランス、
英国、デンマークの実の展開ですが、それ以外の国から
代理店の申し出などもあり、今後他の国にも広がって
いきそうな兆しです。
続きを読む

↑このページのトップヘ