1まとめらいぶ2017/09/13(水) 09:16:25.24ID:CAP_USER.net
レベルファイブ企画・原作の『妖怪ウォッチ』の映画第4弾

『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(12月16日公開)に、
妖怪の“先輩”ゲゲゲの鬼太郎が登場することが12日、わかった。

ジバニャンも
「えええーーーっ! あの伝説の鬼太郎センパイが、
 妖怪ウォッチの映画に出るニャンか!?
 まじヤバいニャン!」と大興奮。

声優は1968年に初代鬼太郎役を演じた野沢雅子が担当し、
目玉おやじ、ねこ娘、子泣きじじい、砂かけばばあ、一反もめん、
ねずみ男と、おなじみの“鬼太郎ファミリー”も総出演する。



今度の映画『妖怪ウォッチ』の舞台は、シリーズの主人公・ケータの時代から
30年後の世界。恐るべき妖怪ウイルス“鬼まろ”によって、穏やかな日常は終わりを
告げる。人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者。
新たな妖怪ウォッチを手にし、人間と妖怪の絆を取り戻せるのか。

登場人物はみな一新され、妖怪たちは驚きの姿で登場。

これまでとは一味違ったシリアスな要素も加わり、新しい世界観になっている。



『ゲゲゲの鬼太郎』は、今日の妖怪漫画・妖怪アニメの生みの親ともいえる、
水木しげるさんの代表作。

1965年に漫画連載がスタート(※連載当初の『墓場の鬼太郎』が後に改題)、
68年にアニメ化。その後も5度アニメシリーズ化され、子どもから大人まで
親しまれてきた。

映画『妖怪ウォッチ』では、ある危機を迎えたジバニャンたち一行が、
伝説の存在である鬼太郎に助けを求めてゲゲゲの森にたどり着き、
大人たちをかつて夢中にさせた妖怪たちと、今子どもたちを夢中に
させている妖怪たちの対面が実現する。

鬼太郎でアニメ初主演を飾った野沢は
「初めてのシリーズ主人公、鬼太郎は私の中でしっかり生きています」と思い
入れの強さを明かし、「今から完成がとっても楽しみでワクワクしています。
妖怪は不滅です」とコメントを寄せた。

製作総指揮/原案・脚本の日野晃博氏は
「今回、妖怪ウォッチの世界観はシリアスに変わっているのですが、
 ここで大人が見るに堪えるものにするというコンセプトが生まれました。
 現代の大人において『妖怪』と言えば、やはり鬼太郎ではないでしょうか。
 というわけで、鬼太郎とコラボしたいという発想に至りました」と意図を説明。
「これが実現できたことは、スタッフ一同感無量です」と感慨深げだ。

また、鬼太郎のようなジバニャンの姿、通称「鬼太ニャン」の姿もお披露目された。
鬼太郎の妖気の影響を受けて変化した姿のようで、
劇中のどこかで「鬼太ニャン」も登場する。



【ORICON NEWS】 
 http://www.oricon.co.jp/news/2097151/full/
【【アニメ】映画『妖怪ウォッチ』に鬼太郎が登場 声優・野沢雅子『ワクワクしています』】の続きを読む