『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      驚愕

      1まとめらいぶ2017/08/07(月) 19:47:57.62ID:+isNJkD60.net
      ネッコ先生でさえスライムに騙される

      やっぱりドラクエ11はPS4版が大正義

      【【驚愕】『画像』ドラクエ11のスライムがリアル過ぎてあの生き物までも騙されてしまうwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/16(金) 12:53:41.59ID:CAP_USER9.net
      ふたつの頭を持つ赤ちゃんイルカ



      漁師が引き上げた時点で死んでいた双頭イルカ



      オランダ沿岸の北海で先月、ふたつの頭を持つイルカが漁船の網に入っているのが発見
      された。違法な捕鯨ととがめられることをおそれた漁師は、海にリリースしたが、その
      際にとらえた写真が研究者の目に止まった!珍しい双頭のイルカが見つかったのは、先
      月30日、オランダのロッテルダム沿岸から28キロ沖合に位置する北海だ。

      ロッテルダム自然史博物館によると、このイルカは生まれたばかりのネズミイルカのオ
      スで、体長約70センチ、体重は6キロ程度と推定され、背びれは無く、尾びれもフニャ
      フニャと柔らかく、へその緒は最近はずれたばかりのように見えた。船に網を引き上げ
      た時点ですでに死亡していたが、漁師たちは海洋哺乳類の捕獲が違法だととがめられる
      ことをおそれて、写真を数点撮った後に死骸を海に戻したのち、研究者にこの珍事を報
      告した。

      連絡を受けた博物館の海洋哺乳類研究者、アーウィン・コンパニエ氏によると、イルカ
      やクジラなどの海洋哺乳類では、双子の妊娠・出産の発生率が0.5%程度と珍しく、まし
      て、今回のような結合双生児は大変レアなケースだという。これまで世界では9例の結
      合双生児の報告があるが、いずれも妊娠した母イルカの胎内で見つかっており、その
      原因はいまだよくわかっていないという。

      コンパニエ氏は、今回の発見について「背びれがなく、尾も未成熟のままなので、泳ぐ
      ことができず、出産直後に死んだ可能性が高いのではないか」と指摘している。

      【ハザードラボ】
       http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20689.html
      【【オランダ】頭が2つあるイルカを捕まえる『漁師驚愕』違法捕鯨を恐れ海にリリースwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/08/08(月) 17:47:42.43ID:CAP_USER9.net
      ■ 水辺の連続襲撃事件と怪人

      広大なアラスカ州で起きる怪現象を追うヒストリー・チャンネルの新シリーズ
      『アラスカの恐怖:魔の三角地帯』では、謎の海洋生物に迫る。

      ターゲットはアラスカ州では存在がよく知られている子供をさらう人魚だ。

      2004年5月。アラスカ州南東部ジュノーの沖合で釣りを楽しんでいたふたりの男性が
      恐ろしい体験をした。ボート釣りの最中、ひとりに当たりが来た。ところが竿をぐっと
      引き寄せて釣り上げようとしていた彼の方が、ぐいぐいと海の中に引き込まれて
      しまった。その直後、長いしっぽが海面に現れた。一緒にいた男性は、何も
      できないままその様子を見ているしかなかった。仲間が海の中に消えて
      からしばらく経って、水かきと鋭い爪がある人間の手のようなものが、
      乗っていたボートの縁に現れたという。

      2006年9月、アラスカ州南部の太平洋岸に浮かぶコディアック島を訪れたカップルも、
      奇妙な体験をした。男性が波打ち際で泳いでいるとき、突然何かに足首をつかまれ、
      水の中に引きまれた。一緒にいた女性は、男性の叫び声が聞こえたので海の方に
      目をやると、今にも溺れそうになっている男性と、そのすぐそばに〝背びれと長い
      しっぽのある人間〟のような生き物の姿を見た。

      アラスカには、州北部で発祥したクァルパリクという名前の人魚の伝説がある。
      全体的な外見は人間の女性に似ているが、ひじから手首、そしてふくらはぎ
      の部分にひれがあり、長い尾をしている。

      2007年夏、州南部のキナイ半島のとあるビーチで貝採りをしていた男性も恐ろしい
      体験をしている。夢中になって貝を掘っているとき、一緒にいた友人が場所を
      変えるといって歩き出した。すると、しばらくして友人の悲鳴が聞こえた。

      顔を上げると、少し離れた場所に友人が使っていたバケツが転がっていた。波に
      さらわれたと思ってその場に駆け寄ると、波打ち際に人間のもののような足跡が
      いくつか残されていた。人間のような、という理由は、指の間に水かきと
      思われる部分があったからだ。その友人はいまだに発見されていない。

      ■ 南東部に集中する凶悪人魚

      アラスカ州内で起きる超常現象に対する特別調査タスクチームを組むジャックス、
      ケン、トミーは、さっそく人魚クァルパリクの捜索へ向かう。アラスカ州の伝説の
      エキスパートであるケンは、子供のころ「クァルパリクにさらわれるから、
      子供だけで海に遊びにいってはいけない」といわれて育ったという。

      事件の情報を整理していく過程で、3人はある事実に気づく。遭遇例が報告された
      場所が、サケの群れの動きに合致しているのだ。ひょっとしたら、クァルパリクは
      人間を狙っているわけではなく、サケを主食としながら海を回遊しているのかも
      しれない。クァルパリク伝説発祥の地は州北部だが、目撃例が南東部で多い
      理由も、サケの群れを追いながら移動しているなら説明を付けることができる。

      さらにタスクチームは、外洋での調査に出た。一昼夜を通じ、アラスカ湾を北上
      する形で行われたフィールドワークでは、驚愕の事実が明らかになる。詳細は
      番組に譲るが、彼らの調査によって、クァルパリクの否定する仮説が成立
      しなくなった事実を記しておく。

      未開の地で占められた面積が圧倒的に多いアラスカ州には、大小合わせて
      300万か所に上る湖や沼がある。その中のひとつ、州南部に位置し、
      琵琶湖の約4倍の大きさがあるイリアムナ湖にも、
      レイクモンスターに関する伝説がある。

      〝イリー〟というニックネームで知られるこのモンスターは巨大種のチョウザメで
      あるともいわれているが、真実は明らかにされていない。灰褐色の体の全長は
      3~9メートルあり、目撃例もかなり多い。

      アラスカ州内の未開地の割合、レイクモンスターの事例と伝説。

      すべてを合わせて考えることで、クァルパリクの実像に、ぐっと近づけるだろう。

      文=宇佐和通





      【ムー PLUS】
       http://gakkenmu.jp/column/7506/
      【【UMA】子供を襲う!アラスカの人魚『クァルパリク』驚愕の事実が判明】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/03/30(水) 22:19:48.64ID:CAP_USER*.net
      フロリダの深海で、透明な体で魚を補食する謎の生物が
      撮影されたことが明らかとなった。

      今後の成り行きが注目される。

      mail online







      【【驚愕】透明な体で魚を補食する謎の生物の撮影成功】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/01/08(金) 20:41:21.11ID:*.net
      2016年1月6日、韓国・JTBCテレビによると、
      韓国で未婚の母親らに金を渡して子どもを引き取り
      育てるなどしていた20代の女が警察に逮捕された。

      取り調べに対し、「子どもを育てたかった」と犯行理由を供述している。

      捕まったのは、論山市に住む23歳の独身の女。

      14年4月から約1年、インターネットで子育てに悩む未婚の母親を見つけては
      「自分が代わりに育てる」と近づき、1人当たり20万~150万ウォン
      (約2万~15万円)を渡して1、2歳ほどの子ども計6人を引き取っていた。

      うち3人は女の元で育てられ、1人は女の親戚の元へ、
      2人はこれまでに実の母親に返されている。

      女の弟は「子どもが好きだから育てたかったのだと思う」と、
      その単純な動機を語っているが、定められた手続きを経ない養子縁組は違法。

      しかもこのケースでは金銭のやりとりがあるため、罪が重くなる可能性が高い。

      警察は児童福祉法違反の容疑で女の逮捕状を請求する方針だ。

      この報道に、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

      「たぶん子どもが好きでやったんだろうけど、もし何か悪意を持って、
      例えば臓器を売り払おうなんて考えていたとしたら本当に恐ろしい。

      きちんと処罰してほしい」
      「子どもを売った人間も厳しく処罰を」
      「世の中がおかしくなっている。まるで子どもを物扱い」

      「犬がかわいくて買うのと同じような考え方に鳥肌が立つ。

      それに、犬よりも子どもを安く買えるという現実も鳥肌モノ」
      「20代前半でどれだけ経済力があって、
      子どもを買ってまでして育てたいのかな?
      実にミステリアスな女だ」

      「本当に育てたかったなら、正式に養子縁組する方法だってあるのに、
      お金を払ってこっそり買うとは…。裏に何があるのか、
      ちゃんと捜査してほしい」「常識から外れ過ぎていて、実話とは思えない」

      「あまりに猟奇的。怖い物なしだね」
      「前にも似たような事件があったよ。買った子どもをまた転売したって…」
      「韓国でもあらゆる珍事が起こるようになった」

      Record China

      あかちゃん

      【イメージ画像】
      【【驚愕】『育てたかった』韓国20代女性が赤ちゃん6人ネットで購入、2人返品。】の続きを読む

        このページのトップヘ