驚き : まとめらいぶ

タグ:驚き

1:まとめらいぶ 2021/08/01(日) 18:19:23.99 ID:hH+jT/jB9
カナダ記者が移動中に目撃した自転車をアップ、フォロワー「私もこれ欲しい」

東京五輪で来日した海外記者は行動制限がある中で取材活動を行っているが、移動中に街中で見た
日本ならではの自転車に驚いている。カナダ紙のコラムニストが写真とともに投稿し、
反響を呼んでいる。

カナダ紙「トロント・スター」のコラムニスト、ブルース・アーサー氏が投稿したのは1枚の写真。
品川区の標識が見える路上で、前と後ろに子供を乗せた自転車で走る女性を写し出している。
いわゆるママチャリだ。同氏は「日本の自転車文化はまさしく習慣だ」と紹介した。

これに対し、フォロワーからの「私もこれ欲しい」というコメントとともに、同じくカナダの
日刊紙「ナショナル・ポスト」コラムニスト、スコット・スティンソン氏も「とても効率的な
移動手段だ」と称賛している。

一般的にママチャリの定義は、女性が乗っても安定して走ることができ、幼児を1~2人乗せる
ことができる、などが挙げられる。海外にはあまりなじみがない自転車でもあり、驚きに
つながったようだ。

THE ANSWER
 https://the-ans.jp/tokyo-olympic/178914/

画像
 https://twitter.com/scott_stinson/status/1421317203513643013

引用元: 【乗り物】日本が世界に誇るママチャリ(子供2人乗せ)に海外記者驚き「とても効率的な移動手段だ」(※画像あり)

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2019/08/16(金) 08:25:21.99 ID:CAP_USER
高速道路の“合流マナー”「ジッパー法」に驚きと賛同の声
「前に行く方が良くないと」「もっと広めてほしい」

【Abema TIMES】
 https://abematimes.com/posts/7014967

 お盆の帰省ラッシュで混雑する高速道路。

インターチェンジやサービスエリアでは本線への合流が多く発生するが、
「ジッパー法」という“合流マナー”があることをご存知だろうか。

 ジッパー法は、車線が減少する先頭(いちばん奥)で合流する方法のこと。
加速車線のあちこちで合流すると本線を走る複数の車両にブレーキを踏ませてしまうが、
1台1台が交互に合流することで本線側もスムーズな流れをキープできる。これを心がけて
いないと事故の危険性が高まるほか、渋滞を悪化させる可能性もあるとして、
名古屋高速がSNSなどで周知を呼びかけている。

 このジッパー法についてSNS上では、「初めて知った」「早めに合流してくる車が正しくて、
先頭までいく車がマナー違反だと思っている人多いけど、逆なんだ」といった驚きの声や、
「『前のほうから割り込むのは申し訳ない』という心理 まさにこれがある」
「もっと広めてほしい!1台1台交互にっていうのが共通認識として徹底されていないと思う」と
賛同する意見が見られた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

KAZUKIHIRO81002_TP_V

【渋滞】

引用元: 【交通】高速道路の“合流マナー”「ジッパー法」に驚きと賛同の声「前に行く方が良くないと」「もっと広めてほしい」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2015/11/29(日) 16:31:54.19ID:GRuxMYZI0 BE:342992884-PLT(13931)
女子高生社長の椎木里佳さんが男性遍歴を告白

太田光は驚きでシドロモドロに



29日放送の

「サンデー・ジャポン」(TBS系)

で、女子高校生であり社長の
椎木里佳(しいき・りか)さんが、男性遍歴を告白した。

番組には、中学3年生で株式会社AMFを起業した椎木さんが出演。
現在は現役の高校3年生で、スマートフォン向けアプリの開発などの事業を
展開している。年商は数千万円だという。

番組内では、ジャスティン・ビーバーが、
元恋人のセレーナ・ゴメスと密会している動画を取り上げた。
そこで司会の田中裕二が

「男性にされて、喜んだこととかあります?」

と椎木さんに質問した。

これに椎木さんは

「男をたらしてたので、中学時代」

「(恋人を)とっかえひっかえしてて」

と語りだし、太田光は

「中学時代!?」

と目を見開いて驚いた。

ここで田中が

「モテモテだったんだ」

と相槌をうつと、
椎木さんは

「(中学時代)モテてたんです」

と認める。

続けて椎木さんが、中学時代は花束をもって家に訪ねてくる
男性もいたと明かした。これに、太田は何か質問しようとしたが、

「え…そ…あの…」

とシドロモドロに
なってしまい、田中から

「大丈夫かよ!」

とツッコまれてしまう。

その後も椎木さんは、

「月1」

で彼氏をとっかえひっかえしていたことや、
彼氏は中学校の同級生たちだったと打ち明けていった。

この話に出演者らは

「すごいね~」

と驚きの声を上げるが、最後に椎木さんは

「今は全然(そんなことない)」

と弁解していた。

livedoor NEWS
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ