タグ:電動スーパーカー

1まとめらいぶ2017/11/13(月) 20:55:38.29ID:CAP_USER9.net
◆ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカー披露 MITと協力

ランボルギーニの次世代スーパーカーは、車そのものが強力なバッテリーとなるほか、
自らを修理することもできる。アウトモービリ・ランボルギーニは6日、米マサチュー
セッツ州ケンブリッジで開催された会議でコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」を
披露した。イタリア語で「第3千年紀」と名付けられたこの車はマサチューセッツ工科
大学(MIT)との3年間のパートナーシップにおける1年目の成果だ。

この車はランボルギーニの伝統に従い、無駄を省いたデザインで、Y型のテールライト
を装備。フロントガラスは車体上部から運転手の足元ぐらいまであるように見え、車体
は極めて低い。

しかし、この車の最も注目すべき特長は、目で見ることができない。
まだ存在していないからだ。

ランボルギーニは、スーパーカーに必要となる強力な電力を高速で供給できるスーパー
キャパシターを開発する計画だ。ランボルギーニは車体の成型に使われるカーボン
ファイバーのパネルでスーパーキャパシターを製造する方針であるため、
テルツォ・ミッレニオは自らの車体からエネルギーを引き出すことになる。
つまり、車そのものがバッテリーになるということだ。

この車はさらに自らの構造の状態を継続的にモニターし、摩耗や損傷を検出できる。
カーボンファイバー製の車体にある「回復作用を持つ化学物質」を含むマイクロ
チャンネルは、小さな亀裂を自動的に修復する。

同社はその上、インホイールモーターも開発する。
これにより大型エンジンの必要性がなくなる。

テルツォ・ミッレニオについては、想定価格もタイムラインも示されていない。
生産モデルが入手可能になるまでは何年もかかるだろう。
しかし、「値ごろ感」はランボルギーニが目指すコンセプトではないはずだ。

写真:ランボルギーニの次世代スーパーカー「テルツォ・ミッレニオ」



【日刊工業新聞】 
 https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00450419?twinews=20171113
続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/01(土) 13:14:34.92ID:CAP_USER.net
【huffingtonpost】
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/12/dendrobium_n_15324086.html

シンガポールのベンチャー企業「ヴァンダ・エレクトリックス」は3月7日、スイスの
ジュネーブ・モーターショーでスーパーカーの「デンドロビウム」を初公開した。mo
toringなどが報じた。

デンドロビウムは、2人乗りの電気自動車で1000馬力のモーターを内蔵する。
最高速度が時速320km以上。停止状態から時速97kmまで2.7秒で達するという。
F1の名門チーム「ウィリアムズ」の関連会社が技術提供した。ヴァンダ・エレク
トリックスによると、今回のコンセプトモデルは世間の関心を計るために作った
もので、2020年にも市販する可能性があるという。

Autoblog日本版によると、デンドロビウムとはシンガポールに生育するランの一
種。自動で上昇するルーフとドアが、満開の花びらに似ていることから、この名
前が付けられたという。





続きを読む

↑このページのトップヘ