1まとめらいぶ2017/03/06(月) 19:26:10.97ID:CAP_USER.net
【ねとらぼ】
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/06/news092.html





最高16.7メートルの津波が銀座の真ん中に来ていたら、ちょうどこの高さ
ヤフー・ジャパンが、銀座ソニービルの壁面に掲出した広告がネット上で
注目を集めています。

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、最大16.7メートルの津波が
東北地方の太平洋沿岸を襲い、甚大な被害をもたらしました。この広告が
掲出されている銀座ソニービルの高さは地上31メートルなので、津波は
そのちょうど真ん中あたりまで届くことになります。数字ではイメージ
が難しいものの、ビルを利用し津波の高さを分かりやすく示すことで
3.11の津波の様子を伝えています。

 ヤフー・ジャパンのサービス内容には全く触れておらず、「災害はいつかまた、
たぶん、いや確実に起きてしまうだろう」「この高さを知っているだけで、とれる
行動は変わる」「あの日を忘れない。それが、一番の防災」と、あくまでも防災
意識に対して呼びかける内容。Twitterでは「どれだけ高かったかはっきりした」
「数字で知るより何倍もの情報がある」といった声が上がっています。

 ヤフー・ジャパンの広報はこの広告について「防災速報など防災につながる
情報は以前から意識していました。防災意識を高めてもらうために行ったもので、
サービスの訴求につながらない広告は今回が初になります」と語っています。

 この広告は今日3月6日から12日まで掲載されるもの。ヤフー・ジャパンの担当者は
今後こういった広告を出す可能性について「災害情報は今後も力を入れていくので、
検討したいです」としていました。
続きを読む