タグ:閲覧注意

1:まとめらいぶ 2018/11/07(水) 03:00:54.39 ID:CAP_USER9
【AFP】
 http://www.afpbb.com/articles/-/3196404?cx_part=latest

ビル・ゲイツ氏、人糞入り容器を手に登壇 中国の「トイレ革命」を支持

発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]

【11月6日 AFP】米マイクロソフト(Microsoft)共同創業者のビル・ゲイツ(Bill Gates)氏は6日、
中国・北京で開催されたトイレの未来に関する国際フォーラムに出席し、人糞が入った容器を手に
登壇した。

 慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」が主催
したフォーラムで披露されたこの大胆なパフォーマンスは、世界中の発展途上国が抱える
「トイレ不足」という問題に目を向けさせることを意図したもの。

 下水設備を用いず、より簡単に、より安価にトイレを設置する事が可能となる、さまざまな
最先端のトイレ技術が紹介された同イベントでゲイツ氏は、卓上に置かれた透明な容器に
入った排せつ物を指さしながら、「子どもたちが外で遊んでいる時、常に(汚物に)
さらされている。よってわれわれは、これを生活の質だけでなく、病気や死、
栄養失調にも関連付けている」と説明。

 さらに「健康や十分な食べ物など基本的なものについてまず考える際、
そのリストには間違いなくちゃんとしたトイレが挙がるだろう」と述べた。

 億万長者であるゲイツ氏は多額の財産の一部を、清潔で快適な衛生設備がない世界全体の
人口の半分近くを占める人々に対して、そうした設備を提供することに充てている。

 世界2位の経済大国である中国は、習近平(Xi Jinping)国家主席が「トイレ革命」と
銘打って推進する、異臭を放つ悪名高いトイレを改善する活動の真っただ中にある。

 ゲイツ氏は、「数百万人の健康と衛生状態の改善において、中国は大きな前進を果たしている」
「中国には、下水設備を用いない衛生対策という、革新的な新分野に乗り出す好機があり、
これは世界中の数百万もの人々に恩恵を与えるだろう」と述べた。

(c)AFP

人糞画像閲覧注意

BlogPaint

引用元: 【��】ビル・ゲイツ氏、人糞入り容器を手に登壇 中国の「トイレ革命」を支持 (食事中の方は画像閲覧注意)

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/28(水)21:08:316uZ
臼井義人先生が亡くなって2年が経ちました。
大好きだった臼井先生の作品は今も生き続けています。

さて、こんな話をご存知ですか?

「しんのすけは5歳で亡くなった」
「死因は交通事故」
「ひまをかばおうといて車に撥ねられた」
「みさえは悲しみに暮れ、日記をつけ始める」
「もし、生きていたらこんな楽しかっただろう…と書いた妄想日記」
「遺物のクレヨンで書いた日記、それが『クレヨンしんちゃん』」

これは臼井先生がクレヨンしんちゃんを執筆前に書かれた初期のプロットです。

担当者に却下されたため、この設定は使われることはありませんでした。

そこで初めて公表された資料には、さらい驚くべきことが書かれていたのです。

この話題が議題に上がりました。人気のある作品だけに、その初期プロットに
おいて今後の作品への影響を与えるといった話し合いが流され始めて
初期プロットが公開されました。

(続く)
2まとめらいぶ2016/12/28(水)21:08:506uZ
みさえ
・職業→声優
厄でエッチな声を毎日家で練習していたところひろしに勘違いされて
ストーカーされるがそれが成功して結婚した。

ひろし
・もともと、女性
当初はヒロコが性転換し広しという男になってお父さんをやるという設定去った。
博は美佐江の友達で美佐江を助けるために夫に・・・

シロ
・捨てられた理由は癌だった(ブラックすぎて資料設定には射精が書かれていた。)

ひまわり
・本当は違う夫婦の子
(ほかの夫婦が失踪したために変わりに育てるためにみさえたちの子にした)

そしてしんのすけ
・交通事故で死亡
そのショックで美佐江たちが精神病になってしまって、架空のしんのすけを
見るようになった。町の人たちはそれに合わせて見えてるふりをしている
(城は動物、ひまわりは赤子なので幽霊は見える)
続きを読む

1まとめらいぶ2015/09/28(月) 20:56:28.88ID:d+O1YCdr0.net BE:323057825-PLT(12000)
 オーストラリア南部のアデレード近郊で、
1匹のコアラが車にはねられて車体前部のグリルにはさまりながら、
ほとんど無傷で助け出される出来事があった。
コアラは英冒険家のマイケル・グリルスさんにあやかって
「ベア・グリルス」と命名され、野生に返されることになった。

アデレード近郊に住むローレン・デービスさんは夜間、
街灯のない幹線道路を時速100キロで走行中にコアラを発見。
別の車がいたため車線変更ができず、急ブレーキをかけたものの後続の車に
衝突されそうになったため、コアラをひくしかなかったと話す。

車を止めて車内から周りを見渡したが、コアラの姿は見えなかった。
夜間に女性1人で車から出るのは危険だと判断し、
そのまま10~15分ほど走行して自宅に戻ったという。

「帰宅して車をガレージに入れ、電気を付けて車に傷がないか見ようとしたら、
フロントグリルにコアラがはまり込んでいた」

車にはねられたコアラ、グリルにはまって奇跡的に助かる

CNN

続きを読む

↑このページのトップヘ