開始 : まとめらいぶ

タグ:開始

1:まとめらいぶ 2019/09/15(日) 17:10:27.65 ID:CAP_USER
no title

ヤング ブラック・ジャック 第1話 医者はどこだ!

1968年、東大紛争が勃発。多くの若者が国家権力への戦いへ突き進んでいった時代。
そんなある日、希志本越大学付属病院に列車とバスの衝突事故によるケガ人が多数搬送された。
インターンの岡本舞子から、ケガ人の手当の手伝いを要請された医学生の間黒男。彼はそこで、
列車の下敷きとなり、右腕、左脚が切断された少年・拓ちゃんと出会う。教授から手足を繋げる
のは不可能と言われて絶望する両親に、間は「俺に任せてくれるならば、必ず繋げてみせる!」と
言う。ただし、報酬として当時では法外な金額である500万円を要求する。わらをもつかむ
気持ちの拓ちゃんの両親は、その手術を了承するが……。

キャスト
梅原裕一郎 遊佐浩二 伊藤静 大塚明夫
スタッフ
監督 :加瀬充子 シリーズ構成・スーパーバイザー : 高橋良輔 原作 : 手塚治虫(機種依存文字の為、
「塚」は代用文字です。) 脚本 : 田畑由秋 キャラクターデザイン・
総作画監督 : 片山みゆき・三浦菜奈 美術監督 : 西田 稔 音響監督 : 亀山俊樹

再生時間
00:24:10

配信期間
2019年9月14日(土) 00:00 ~ 2019年11月5日(火) 23:59

ヤング ブラック・ジャック
彼はなぜ闇医者へと堕ちたのか
秋田書店の「ヤングチャンピオン」にて連載中。手塚治虫(原作)、田畑由秋(脚本)、大熊ゆうご
(漫画)による『ヤングブラック・ジャック』をアニメ化。奇跡の腕を持つ天才外科医ブラック・
ジャック。後の「ブラック・ジャック」こと、医学生の間黒男は、子供の頃に命を助けてもらった
外科医・本間に近づくため、日々技術を磨き続けていた。すでに高度な技術を持つ黒男は、様々な
事情や成り行きによって無免許で手術を行うことに……。
彼はなぜ無免許で法外な金額を要求する闇医者となったのか!? 1960年代を舞台にブラック・
ジャックの知られざる過去を描き出す話題作!! また、『ブラック・ジャック』の登場人物のほか、
『リボンの騎士』や『鉄腕アトム』などの手塚治虫の他作品の登場人物たちが俳優のように本作に
登場する「スターシステム」を採用し、作品に花を添える。 ※機種依存文字の為、「塚」は
代用文字です。
更新予定
水・土 00:00
(C)ヤング ブラック・ジャック製作委員会

映像一覧

第1話 医者はどこだ!
11月5日(火) 23:59まで
00:24:10

第2話 拉致
配信予定9月18日(水) 00:00
00:24:10

第3話 脱走兵
配信予定9月21日(土) 00:00
00:24:10

【Gyao】
 https://gyao.yahoo.co.jp/p/01069/v00010/

引用元: 【配信開始】天才外科医ブラック・ジャックの知られざる過去 「ヤング ブラック・ジャック」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/12/01(金) 14:06:38.92ID:CAP_USER.net
民放や電機メーカーなどでつくる放送サービス高度化推進協会(A―PAB)は1日、
4K・8K放送の開始1年前の式典を開いた。出席した野田聖子総務相は視聴できるよ
うになるコンテンツや対応テレビなどの情報について「国民への周知を徹底してほしい
」と関連団体・企業に訴えた。

式典にはNHKや日本民間放送連盟、電子情報技術産業協会(JEITA)の代表者ら
が集まった。2018年の12月にBSやCS110度での4K・8K放送の開始に向け、コン
テンツの準備やテレビなど対応機器の販売に注力すると改めて誓った。

 参加者が指摘した課題のひとつが「対応テレビなどの普及」だ。4K対応テレビがあ
っても4Kの衛星放送は見られず、専用チューナーが必要になる。チューナーは18年半
ばに発売される予定。8K対応テレビは12月に発売されるが、どこまで普及するか不透
明だ。

 民放連の井上弘会長は「映像制作陣はどんな映像が4Kにふさわしいか様々な努力を
している。ただ、やはり受信機の普及が必要だ」とメーカーに協力を呼びかけた。

 BSなどでの4K・8K放送は新しい衛星電波を使うため、一部の視聴者はパラボラ
アンテナや家庭の配線などを交換する必要がある。1年後のスムーズな4K・8K放送
の開始に向け、取り組むべきことは多い。

【日本経済新聞】
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24136790R01C17A2X30000/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/09/23(土) 14:31:38.21ID:CAP_USER9.net
【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000011-asahi-soci

まだおなかの中にいる赤ちゃんをお手元に。丸紅情報システムズ(MSYS)が10月
から、妊婦のおなかの中の赤ちゃんを、3Dプリンターで再現するサービスを始める。
産婦人科医と連携し、出産の記念や、家族へのプレゼントにしてもらう狙いだ。

再現するには、おなかの中の赤ちゃんを超音波で検査する「4Dエコー」の立体的な
画像を使う。笑ったり、指をくわえたりする愛らしいしぐさを医師が撮影し、MS
YSに提供。同社の最新の3Dプリンターを使って、2~3週間でアクリル系樹脂製の
置物が完成する。どんなしぐさを採用するかは、妊婦と医師が相談して決める。

妊婦の間では、おなかの中の赤ちゃんの立体的な画像を見たいというニーズが多く、
検査設備がある遠方の医療機関に出向く人もいる。MSYSの担当者は
「赤ちゃんが大きくなったとき、置物を見ながら親子で懐かしんでほしい」と話す。

サービスを発案した、大阪市阿倍野区の西川医院で10月から始める。
年内に九州の病院とも連携予定で、3年後には年間5万件分の作製を目指す。
西川正博院長は「赤ちゃんを身近に感じ、出産という生涯の大イベントを
迎える喜びを感じてほしい」
と話している。

料金は病院の意向や商品のサイズによって異なる。西川医院では7千~3万円台での
提供を予定しているという。


音波検査の立体的な画像データを元に3Dプリンターでつくった赤ちゃんの置物。

サイズや形は選べる=東京都内

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ