1まとめらいぶ2015/08/26(水) 17:49:44.84ID:2Q0ELaDr0.net BE:984925692-PLT(13000)
100歳「銀杯」の予算削減、価格の安い材質に変更検討

100歳を迎えたお年寄りにお祝いとして贈っている「銀杯」について、
厚生労働省は、来年度から予算を大幅に減らす方針を決めました。
価格の安い材質に変えることを検討しています。

厚労省は、1963年度から100歳を迎えたお年寄りに銀杯を贈っていますが、
初回、153人だった対象者は、2014年度には2万9357人に増えました。
予算は、およそ2億7000万円にのぼっていて、税金の使い方をチェックする
外部有識者は、今後もさらなる増加が見込まれるとして、
「抜本的な改善が必要」と指摘しました。

これを受け、厚労省は、来年度から見直すことを決め、
概算要求額をおよそ1億5000万円に減らしました。
厚労省は、銀杯の贈呈は続けたいとしていて、材質を、
価格が安く、銀を含まない洋銀に変えることを検討しています。







【TBS News i】
 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2571313.html

1963年153人 → 2014年2万9357人

増えすぎだろ・・・
続きを読む