タグ:酒

1:まとめらいぶ 2019/09/03(火) 20:37:43.83 ID:4qyunBSX9
発表!「最も許せないニオイ」ランキング 香水、タバコ、生乾き...

ワースト不快臭はどれ?

【J-タウンネット 東京都】
 https://j-town.net/tokyo/research/results/293950.html

汗、香水、生乾き、アルコール、タバコ――。日常生活で遭遇する不快臭の中で、読者が最も
「許せない!」と考えるニオイは何だろうか。

そんな素朴な疑問から、Jタウンネットは「許せないニオイ」に関するアンケート調査を実施。
代表的な不快臭の中から、最もイヤなものを読者に選んでもらったのだ。調査期間は2019年
7月8日から8月28日までで、全国915人の読者から投票があった。
 
はたして、不快臭ナンバーワンに選ばれたニオイは何なのか。ランキング形式でご紹介しよう。

生乾き・汗のニオイがデッドヒート
さっそく、全国の読者から集まった投票結果をご覧いただこう。

no title

ご覧の通り、「最も許せないニオイ」のトップに立ったのは、生乾き臭(185票20.2%)だった。
2位はわずか1票差で汗のニオイ(184票、20.1%)。どうやら、生乾きと汗のニオイで熾烈な
デッドヒートが繰り広げられていたようだ。

僅差のトップ2は、どちらも梅雨~夏場にかけて存在感を発揮する不快臭。今回の投票を呼び掛けた
期間(7~8月)も、こうした結果に影響したのだろうか。通勤電車などで遭遇してしまい、
その怒りに任せて投票した――そんな人もいたのかも。

また、3位以下のニオイ(香水、お酒、タバコ)と比べると、どちらも時間と共に弱まっていくわけで
はなく、長く続くという特徴がある。となると、ニオイの持続時間も、「許せなさ」と関係がある
のかもしれない。

no title


生乾き臭、キツイですよね...(画像はイメージ)

トップ5以下はだいぶ票差がついており、6位が加齢臭(44票、4.8%)、
7位が洗剤・柔軟剤のニオイ(34票、3.7%)。同じ「いいニオイ系」の不快臭でも、
柔軟剤より香水の方がニガテという人が多い結果となった。

ちょっと意外?タバコ臭は下位に
ちょっと意外だったのは、同じ嗜好品のカテゴリで、タバコよりもお酒のニオイの方が
「許せない」という人が多かった点だ。

タバコの煙やニオイをめぐるトラブルは、Jタウンネットの「ご近所トラブル」コーナーなどで
何度も紹介してきた。そのため、タバコのニオイを嫌う人はかなり多いと思っていたが、
今回の調査ではアルコール臭の方が上に立つ結果に。

だが改めて考えてみると、日本ではアルコールに関する規制がゆるく、公共の場で飲酒をする人も
少なくない。新幹線はもちろん、在来線でも缶ビール・チューハイなどを飲む乗客を見かける機会
がある。

※ 全文は記事で

引用元: 【ワースト不快臭】発表!「最も許せないニオイ」…加齢臭は6位、酒が4位に…ほかに香水、タバコ、生乾き..など

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/31(月) 21:43:00.02ID:CAP_USER9.net
今、「ニートの高齢化」が問題になっている。15歳から34歳までで家事・通学・就業を
せず、職業訓練も受けていない「ニート(NEET)」は、長く社会問題となってきた。
2002年以降、34歳以下のニートは60万人前後で推移しており、近年は横ばいからやや
減少傾向にある。

ところが、総務省の2016年の労働力調査によると、35~59歳の“中年ニート”は123万人と、
34歳以下のニートの2.2倍で、増加傾向にあると報道された。取材を進めると、中年ニート
増加の背景にはさまざまな問題がはらんでおり、34歳以下のニートよりも深刻な実態が浮
かび上がってきた。“中年ニート”から脱出しようともがいている斉藤晃さん(45歳・仮名)
に話を聞いた。

「10代の頃からアパレル業界で働いていました。有名なショップでも働いていました。
知識も身につけながら若いうちから働いていたこともあって、業界でも顔が広いほう
だったんです。いくつかの店を転々としていましたが、10~20代はアパレル業界で
身を粉にして働いてきました」(斉藤さん。以下「」内同)

斉藤さんは30代になった頃、人生の転機が訪れた。

「30代になると、ファッションブランドを作りたいと思って、そのための資金が
欲しかったんです。ショップで働いてもらう給料だけではなかなかお金が貯まら
なかったので、アパレル業界からいったん離れ、歌舞伎町で風俗のキャッチを
始めたんです。こちらの仕事も性に合っていたようで、月60万円くらい稼ぐこと
ができました。ところが、こんなに稼ぐと、ろくでもないことにお金を使うよう
になってしまって……。毎晩のように飲み屋に行って、結局、資金を貯めたい
という目標は忘れ、散財ばかりしてしまったんです」

不規則な生活とお酒の飲みすぎがたたり、アルコール中毒になり、吐血もあり病院に
入院することになったという。その前から友人の部屋に住まわせてもらっていた斉藤
さんだが、この入院を機に職を失い、退院後には住む場所も失いホームレスになった
という。

以来、40代前半まで都内の公園を転々とするホームレス生活が続いた。

「昨年、幼なじみが風の噂で私のことを聞いたようで、都内のあちこちを探してくれ
たんです。偶然、ある公園で寝泊まりしているところを見つけてくれて、ホームレス
を抜け出せるよう、力を貸してくれたんです。おかげで生活保護を受けられるように
なり、家賃5万円台の1ルームアパートに住み、6万円弱の生活費でやりくりしています。
今は何とかホームレス生活からは脱却できました」斉藤さんは現在、社会復帰を目指し、
お金をもらわずに通販事業をやっている知人の会社を手伝っているという。

「社会でコミュニケーションをとりながら、電話番をしたり、発送業務などの事務作業を
手伝っています。週6日、11時から19時まで作業をしています。いずれは生活保護を脱却
できるよう、しっかりと給料をもらえる仕事につきたいですね」とはいえ、仕事への意欲
はあるものの、今も昼からお酒を飲む生活は変わっていないようで、これでは就職できる
かは未知数。社会復帰にはまだ時間がかかるかもしれない。

20~30代でまだ若ければ再就職する道もありうるが、30代後半や40代以上にもなると、
よほどのキャリアがない限り再就職は非常に難しいのが現実だ。結果、親に依存した実家
暮らしをし、ニートから引きこもりへと悪化してしまう──。これが“中年ニート”の事態を
深刻化させている。

このような“孤立無業者”が増加すると、日本の社会的コストの増大は計り知れないという
指摘もある。また、仮に結婚している人だと、失業などで安定収入が途絶えると、家族
全員が悲惨な事態になりかねない。“中年ニート”の問題はまだまだ山積している。

【マネーポストWEB】 
 https://www.moneypost.jp/179917

NEET

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ