タグ:配信

1:まとめらいぶ 2019/09/15(日) 17:10:27.65 ID:CAP_USER
no title

ヤング ブラック・ジャック 第1話 医者はどこだ!

1968年、東大紛争が勃発。多くの若者が国家権力への戦いへ突き進んでいった時代。
そんなある日、希志本越大学付属病院に列車とバスの衝突事故によるケガ人が多数搬送された。
インターンの岡本舞子から、ケガ人の手当の手伝いを要請された医学生の間黒男。彼はそこで、
列車の下敷きとなり、右腕、左脚が切断された少年・拓ちゃんと出会う。教授から手足を繋げる
のは不可能と言われて絶望する両親に、間は「俺に任せてくれるならば、必ず繋げてみせる!」と
言う。ただし、報酬として当時では法外な金額である500万円を要求する。わらをもつかむ
気持ちの拓ちゃんの両親は、その手術を了承するが……。

キャスト
梅原裕一郎 遊佐浩二 伊藤静 大塚明夫
スタッフ
監督 :加瀬充子 シリーズ構成・スーパーバイザー : 高橋良輔 原作 : 手塚治虫(機種依存文字の為、
「塚」は代用文字です。) 脚本 : 田畑由秋 キャラクターデザイン・
総作画監督 : 片山みゆき・三浦菜奈 美術監督 : 西田 稔 音響監督 : 亀山俊樹

再生時間
00:24:10

配信期間
2019年9月14日(土) 00:00 ~ 2019年11月5日(火) 23:59

ヤング ブラック・ジャック
彼はなぜ闇医者へと堕ちたのか
秋田書店の「ヤングチャンピオン」にて連載中。手塚治虫(原作)、田畑由秋(脚本)、大熊ゆうご
(漫画)による『ヤングブラック・ジャック』をアニメ化。奇跡の腕を持つ天才外科医ブラック・
ジャック。後の「ブラック・ジャック」こと、医学生の間黒男は、子供の頃に命を助けてもらった
外科医・本間に近づくため、日々技術を磨き続けていた。すでに高度な技術を持つ黒男は、様々な
事情や成り行きによって無免許で手術を行うことに……。
彼はなぜ無免許で法外な金額を要求する闇医者となったのか!? 1960年代を舞台にブラック・
ジャックの知られざる過去を描き出す話題作!! また、『ブラック・ジャック』の登場人物のほか、
『リボンの騎士』や『鉄腕アトム』などの手塚治虫の他作品の登場人物たちが俳優のように本作に
登場する「スターシステム」を採用し、作品に花を添える。 ※機種依存文字の為、「塚」は
代用文字です。
更新予定
水・土 00:00
(C)ヤング ブラック・ジャック製作委員会

映像一覧

第1話 医者はどこだ!
11月5日(火) 23:59まで
00:24:10

第2話 拉致
配信予定9月18日(水) 00:00
00:24:10

第3話 脱走兵
配信予定9月21日(土) 00:00
00:24:10

【Gyao】
 https://gyao.yahoo.co.jp/p/01069/v00010/

引用元: 【配信開始】天才外科医ブラック・ジャックの知られざる過去 「ヤング ブラック・ジャック」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/05/09(木) 17:04:16.26 ID:CAP_USER
香港(CNN Business) 中国のIT大手、騰訊(テンセント)は8日、人気ゲーム
「プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ(PUBG)」の試験配信を終了すると発表した。
背景には中国政府によるゲーム規制の動きがあるとみられ、ソーシャルメディアでは
ユーザーの悲鳴が上がっている。

テンセントは公式アカウントで試験配信終了を発表。PUBGに関してこれ以上の情報は示さず、
新しい多人数対戦型ゲーム「ゲームフォーピース」をダウンロードするよう呼びかけた。

調査会社センサータワーによると、PUBGは世界的なヒット作で、売り上げは3億2000万ドル
(約350億円)を超える。配信終了の報道を受け、中国のソーシャルメディアは阿鼻叫喚となり、
「PUBGは死んだ」というハッシュタグが5億5000万回以上共有された。

ただ、PUBGは中国市場での収益化には至っていなかった。中国では当局によるゲーム規制が
導入され、ここ数カ月、テンセントは一部人気作品の有料配信やゲーム内課金ができない状況だった。

中国当局は規制の目的について、オンラインゲームの新規タイトル数を管理し、未成年者のゲーム時間
を制限したいと説明。子どもや若者の近視を減らす取り組みの一環としている。

アナリストによると、PUBGの中国人ユーザーは大半が「ゲームフォーピース」に移行する見通し。
このゲームはPUBGに似ているが、暴力性は抑えられている。人民解放軍空軍を称揚する内容で、
対テロ軍事訓練の現場が舞台になっているという。

【CNN】
 https://www.cnn.co.jp/tech/35136715.html

no title

人気ゲーム「PUBG」の中国での配信が終了

コラム:中国ゲーム業界、当局の気まぐれ姿勢が足かせに
【ロイター】 
 https://jp.reuters.com/article/china-game-breakingviews-idJPKCN1S10S5

引用元: 【人気ゲーム「PUBG」】中国で配信終了 ユーザーから悲鳴

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/08/14(月) 18:07:15.69ID:CAP_USER9.net
【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000055-zdn_n-sci
 タイトーは8月14日、1986年にファミコン向けに発売したアクションアドベンチャー
ゲーム「たけしの挑戦状」のスマートフォン版を、8月15日に配信すると発表した。
価格は840円(税込)。ファミコン版をリメークし、
新要素「あめりか」や「ひんたぼ語検定」を加えた。

 たけしの挑戦状は、ビートたけしさんが監修したアクションアドベンチャーゲーム。
サラリーマンの主人公が宝探しに冒険するストーリーで、理不尽な内容と難易度の
高さから“伝説のクソゲー”として知られる。

 リメーク版となるスマホアプリは、「たからのちず」「社長室」などファミコン版の
ギミックを再現しつつ、スマホの画面比率(16:9)に対応したほか、本編と関係ない
“寄り道”要素として、新成田空港から「あめりか」ステージに旅立てるようにした。

 あめりかでは、ブロードウェイや、多くのセレブや有名人が住む(?)タワーなどを
訪問でき、タワー最上階に上ると「有名人に出会えるかもしれない」という。
同ステージのBGMは、同社サウンドチーム「ZUNTATA」による新作で、
ファミコン風の8bitサウンドだ。

 新たに「ひんたぼ語検定」も実装。ゲームに登場する南の島「ひんたぼ島」の言語
「ひんたぼ語」の能力を測る検定で、「1級」~「10級」が認定され、
結果をSNSでシェアできる。

 ファミコン版発売から31年目にして初となる公式グッズも発売。「社長室」や
「スナックあぜみち」などをあしらったTシャツと、ゲームオーバー時のグラフィックスを
採用したマイクロファイバータオルを発売予定だ。発売日や販路などは今後、
Webサイトで発表する。

続きを読む

↑このページのトップヘ