1まとめらいぶ2016/01/22(金) 15:59:19.05ID:CAP_USER.net
huffingtonpost

火葬後の遺骨や灰からダイヤモンドをつくるというサービスが
「究極の形見」として話題だ。Twitterユーザーが1月21日に紹介。

@buddhobhagavan
 https://twitter.com/buddhobhagavan/status/690110172136607744?lang=ja

スイスの企業が開始したサービスで、火葬後の灰や
骨を超高熱/高圧で固めてジェム化。究極の形見。

しかも色味が独特で美しい。

今まで自分が死んだら宇宙葬(宇宙空間に散骨)してほしいとか
中学生みたいな事考えてたけど、これがいい…。






これはスイスの企業、アルゴタンザ社が展開する、
「メモリアル・ダイヤモンド」というサービス。

遺骨中に含まれる炭素を取り出し、人工的に高温高圧にかけることで、
合成ダイヤモンドを製造するというものだ。


日本で同社のサービス窓口を展開するアルゴタンザ・ジャパンの担当者は
ハフポスト日本版の取材に対し、
「アルゴタンザのダイヤモンドの色は基本的に
青ですが、人によって色味が異なります。

遺骨の中に含まれるホウ素の分量が、それぞれの人で異なるためです。
ホウ素の分量が少なければ透明に近く、
多ければ濃いブルーになります」
と説明した。




日本で預かった遺骨はスイスの工場に送られ、加工される。
アルゴタンザ・ジャパンの公式サイトによると、
価格は42万円からとなっている。


なお、遺骨をダイヤモンドにするサービスはライフジェム社や、
ハート・イン・ダイヤモンド社など複数社が提供しており、
ダイヤモンドの色を青だけでなく
黄色、赤、緑にすることも可能。

これはアルゴタンザ社とは製法が異なるためだという。
続きを読む