『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2018.1.8

      過去

      1:まとめらいぶ 2018/01/05(金) 14:23:39.53 ID:x7SxD29C0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
      ロイヤリティフリーの動画圧縮技術の開発を目指す団体「Alliance for Open Media」が「AO
      Media Video 1(AV1)」と呼ばれる技術の開発に取り組んでいる。AV1は、動画を保存また
      はネットワーク経由で送信する前に圧縮する技術だ。

      スマートフォンのストレージ容量が不足したり、データプランの月間データ使用量の上限を
      超過したりするのを防ぐ上で、この技術は非常に重要である。しかし、圧縮技術が利便性を
      発揮するためには、広範にサポートされていることが条件となる。そして、大手企業である
      Appleがこの技術のサポートを渋っていた。

      だが、Alliance for Open Mediaのウェブサイトによると、Appleは創設メンバーとして、同団
      体にひっそりと加盟したようだ。同ウェブサイトは米国時間1月3日に更新され、Appleの加盟
      が記載された。AppleがAV1に関して何を計画しているのかは現時点で不明だが、創設メンバ
      ーとして加盟したことは、強力なサポートを示すメッセージだ。

      no title

      【c-net】
       https://japan.cnet.com/article/35112777/

      2:まとめらいぶ 2018/01/05(金) 14:23:59.75 ID:x7SxD29C0
      「Google Chrome」チームでメディア戦略とパートナーシップを統括するMatt Frost氏は、
      「それが非常に重要な進展であり、時代の変化と粘り強く待った成果を示す兆候であるこ
      とは間違いない」と述べた。

      Frost氏の言葉には説得力がある。同氏はOn2 Technologiesの最高経営責任者(CEO)を務
      めた経験がある。On2 Technologiesは動画圧縮技術を手がける企業で、2010年、Googleに
      よって1億2300万ドル(約139億円)で買収された。Googleの狙いは、今日の特許ライセン
      シングのさまざまな重荷、すなわち弁護士や高額な特許料の支払いを伴わない動画技術をリ
      リースすることだった。その取り組みの最初の成果である「VP8」は、限定的な成功しか得
      られず、Mozillaのサポートを獲得するにとどまったが、その後、Microsoftが後継規格の「V
      P9」をサポートした。

      ただし、AV1はそれとは別の技術である。MozillaとCiscoも独自の動画圧縮技術を提供し、
      AmazonやNetflix、Huluを含む大手ストリーミング動画企業の支持を取り付けた。Appleが
      サポートを表明したことで、AV1の成功の見込みはさらに高まった。同社がこれまでサポ
      ートを渋っていたことを考えると、特にそうだ。

       AV1は今も開発途上の技術だが、数週間以内に最初のバージョンが完成するとみられる。

      引用元: AppleやGoogleなど、最新鋭の動画圧縮フォーマット「AV1」まもなく共同発表、H.264やVP9は過去のものに

      (C)2015 - 2018 まとめらいぶ

      【AppleやGoogleなど、最新鋭の動画圧縮フォーマット『AV1』まもなく共同発表!H.264やVP9は過去のものに。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/01(土) 21:17:08.13ID:CAP_USER.net
      過労などが原因で「心の病」を患い、労災認定された人が2016年度は498人
      となり、2年ぶりに過去最多を更新した。職場のパワハラが原因で認定されるケー
      スの増加が目立つ。体の病気による労災認定は、政府の「働き方改革」で残業時間
      の上限規制の適用を5年間猶予されることになった運送業が突出して多く、規制の
      強化を求める声が出ている。


       厚生労働省が30日、16年度の「過労死等の労災補償状況」を公表した。労災
      は各地の労働基準監督署が認定する。労働者の病気やけがが業務に起因するかどう
      かを、労働時間や勤務形態、仕事中に起きた出来事などから総合的に判断する。う
      つ病など「心の病」を発症して労災を請求した人は1586人。4年連続で過去最
      多を更新した。

       労災認定されたのは498人。14年度(497人)を上回り、こちらも最多と
      なった。原因別にみると、職場でのパワハラを含む「嫌がらせ、いじめ、暴行」が
      74件。生死に関わる病気やけが、極度の長時間労働といった「特別な出来事」
      (67件)や「仕事内容・仕事量の変化」(63件)などの原因を上回り、比較
      可能な11年度以降で初めて最多となった。

       年代別では、20代の増加が目立つ。30代~50代が前年度より微減となる
      中、20代は20人増えて107人となり、全体を押し上げた。

       労災認定された人のうち、自殺や自殺未遂をしたのは84人。広告大手、電通
      の新入社員で15年末に過労自殺した高橋まつりさん(当時24)も含まれる。
      労災の請求件数や認定件数の増加について、厚労省の担当者は「(電通事件で)
      精神障害が労災対象になることが周知されたことも要因の一つだ」としている。

       過労死問題に詳しい森岡孝二・関西大名誉教授は、パワハラが原因の労災が増
      えた背景について「人手不足なのに業務量が増え、働き手にかかる負荷が高まる
      『高圧釜』状態の職場が多い。人間関係がギスギスし、パワハラが生じやすくな
      っている」と分析。20代の若者が即戦力として期待される傾向が強まり、職場
      で過度なプレッシャーにさらされているとも指摘し、「業務量を減らしたり、親
      身に相談・指導したりする配慮が職場に求められている」と話す。

       体の病気による労災認定も増えた。くも膜下出血や心筋梗塞(こうそく)など
      「脳・心臓疾患」で労災認定された人は前年度より9人多い260人。うち10
      7人が過労死した。職種別では「自動車運転従事者」が89人と、突出して多か
      った。うち29人が過労死した。

       発症前2~6カ月の時間外労働が「過労死ライン」とされる1カ月あたり80
      時間を下回るケースでも14人が労災認定され、うち9人が過労死した。

       政府が3月にまとめた「働き方改革実行計画」は、残業時間の上限規制につい
      て、運送業への規制適用を5年間猶予し、その後の上限規制も他業種より緩める
      とした。過労死弁護団全国連絡会議幹事長の川人博弁護士は「例外規定が極めて
      危険であることが改めて実証された。除外業種をつくらないことが重要だ」との
      コメントを出した。(村上晃一、牧内昇平)

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000009-asahi-soci

      【【雇用】『心の病』の労災認定、過去最多!20代の増加目立つwwwww】の続きを読む

        このページのトップヘ