タグ:運転手不足

1まとめらいぶ2017/05/15(月) 18:52:47.12ID:CAP_USER.net
三菱ふそうトラック・バスは15日、大型観光バスに国内で初めて自動変速機を搭載したと
発表した。アクセルを踏んだり離したりするだけで路面状況や車両の負荷に合わせて自動
的に変速する。乗用車のような感覚で運転できるようにした。同社が電動トラックに続き、
自動変速機や安全性能を高めたバスの開発を急ぐのは、運転手不足に直面するトラックや
バス業界での将来の自動運転を見据えた布石でもある。

 同日、千葉県浦安市内の広大なヘリポートで開いた発表会で、10年ぶりに大幅改良した
大型観光バス「エアロクィーン」と「エアロエース」を公開した。

 マニュアル車のようなクラッチペダルをはずし、2ペダル方式の8速の機械式自動変速
機を導入。ブレーキペダルを離した状態で微速で走行できるほか、アクセルペダルを踏む
とゆるやかに加速できる。ブレーキペダルを強く踏み停車すると、ブレーキペダルから足
を離しても停車した状態を保てるため、運転手の疲労軽減を支援できる。

 大型観光バスでは運転技術にこだわりをもっている運転手が根強い。同社の菅野秀一・
バス事業本部長は「新型車を100社以上の顧客に乗車してもらったが、プロドライバーで
も満足できる仕上がりだ」と強調する。トラックだけでなく観光バスでも運転手不足が深
刻になる中、女性や初級者でも運転しやすい環境を整える。前方車両に近づくと警報音を
鳴らし、衝突被害を軽減するブレーキ機能を搭載するなど安全機能も強化した。

 同日には大型トラック「スーパーグレート」も21年ぶりに全面改良すると発表。観光バ
スと同様の自動変速機や安全機能を搭載した。同社のマーク・リストセーヤ社長は「少子
高齢化は日本だけの問題ではない。運転手の確保にはできるだけ事故を削減し安全に運転
できることが重要。今後5年から10年で自動運転のレベルをあげていく」と強調する。今
月発表した電動トラックでも変速機をなくし、モーターで動かすことで運転がしやすくし
た。

 三菱ふそうの親会社である商用車の世界最大手、独ダイムラーは欧州でトラックの隊列
走行などの実証実験に乗り出している。グループの技術を結集して、自動運転社会で「変
革を起こしフロントランナー(先駆者)になる」(リストセーヤ社長)ことを目指す。

(花井悠希)

【日本経済新聞】
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HE7_V10C17A5000000/

続きを読む

1まとめらいぶ2016/10/19(水) 20:23:29.09ID:CAP_USER.net
goo ニュース



国土交通省は、大型トラックの荷台二つを連結させた「長いトラック」を、公道で走らせる
実験を11月から始める。1台の車で運べる荷物量を増やすことで、ネット通販の拡大を
背景に深刻化しているドライバー不足の解消を図る。トラックの長さ規制を緩和し、
早ければ2018年の実用化を目指す。

 トラックは国内輸送の9割を担うが、ドライバーは不足している。国交省などが15年に
全国1252の運送事業者に行った調査では、68.8%の事業者が、ドライバーが
「不足している」と回答、休日出勤や時間外勤務でしのいでいることがわかった。
従来の物流に加え、近年はインターネット通販の拡大もあり、
宅配便が増え続けていることも影響している。

 このため国交省は、1人のドライバーが運べる量を増やすことを検討。道路法に基づく
トラックの全長規制を現在の21メートルから25メートルまで伸ばし、大型トラック2台分の
荷台を連結させ、1台で運ぶ案が浮上した。実験は11月から、カーブの少ない新東名
高速道路を中心に行う。物流企業も参加し、安全性や交通への影響などを調べる。

 国交省は安全性を重視し、実用化後も、長いトラックが走れる場所をカーブが少ない
幹線道路などに制限する方針。車体に後部確認用のカメラ設置を義務づける
などの安全対策も検討する。(伊藤嘉孝)
続きを読む

↑このページのトップヘ