『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2018.6.1

      運転手

      1:まとめらいぶ 2018/02/11(日) 19:28:45.13 ID:CAP_USER9
      【日刊スポーツ】
       https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802110000558.html

       米俳優ブラッド・ピット(54)が5日、米ロサンゼルスで多重衝突事故を起こして
      いたことが明らかになった。

       芸能情報サイト、レイダーオンラインによるとピットは電気自動車テスラを運転中に
      前方を走っていた車に衝突し、そのはずみでさらに1台前の車にも追突する3台の玉突
      き事故を起こしたという。

       ピット本人も他の2台の車に乗っていた運転手にもけがはなく、その場で互いの連絡
      先や自動車保険の情報などを交換したという。ピットは黒いスエットにTシャツ姿とい
      うラフな格好で、他の車の運転手らと車の破損箇所の写真を撮る様子などが目撃され、
      最後は笑顔で記念撮影にも応じており、大事故には至らなかったようだ。
      (ロサンゼルス=千歳香奈子)

      no title

      引用元: 【海外芸能】ブラッド・ピット玉突き事故、前方走行の2台に追突 最後は笑顔で運転手らと記念撮影

      (C)2015 - 2018 まとめらいぶ

      【【海外芸能】ブラッド・ピット玉突き事故、前方走行の2台に追突!最後は笑顔で運転手らと記念撮影。】の続きを読む

      1:まとめらいぶ 2018/01/30(火) 05:59:39.37 ID:w69S9IKf0● BE:299336179-PLT(13500)
       酩酊状態で乗車してきた男。運転手の呼びかけに反応しません。目的地に着きますが、
      男はお金を払うことなくタクシーを降りると、運転手を威嚇。さらに運転席に乗り
      込んだかと思うと・・・

       「どーするんだって言ってんだ、テメエ」

       そのままタクシーを奪うと、住宅街の路地を猛スピードで走り始めました。

       逮捕されたのは愛知県春日井市の職業不詳・島本光央容疑者(34)。28日午前
      1時前、春日井市内の路上でタクシーの男性運転手(52)に殴りかかったうえ、
      タクシーを奪った強盗の疑いがもたれています。

       「乗務員は身の危険を感じ、その場を離れたため、(逃走される)
        事態になってしまった」(被害者の上司)

       島本容疑者は当時かなり酔っていて、警察が事情を聴けないほどだったということ
      です。警察は、強盗容疑のほかにも当て逃げや飲酒運転などでも調べる方針です。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180130-00000032-jnn-soci

      タクシー

      【イメージ画像】

      引用元: 【ドラレコ大活躍】運転手殴ってタクシー奪う、ドライブレコーダーに一部始終記録

      (C)2015 - 2018 まとめらいぶ

      【【ドラレコ】『大活躍』運転手殴ってタクシー奪う、ドライブレコーダーに一部始終記録。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/02/11(土) 09:34:07.45ID:CAP_USER.net
      【NEWS ポストセブン】
       http://www.news-postseven.com/archives/20170209_489002.html

      昨今、高齢ドライバーの「アクセルとブレーキの踏み間違え」などに伴う事故が多数
      報じられているが、運転のプロたるタクシードライバーの中に高齢ドライバーは
      どれほどいるのだろうか。

       東京地区(東京タクシーセンター登録)のタクシー運転手のうち、75~79歳は「
      2522人」(法人1712人、個人810人)、80歳以上が「442人」(法人153人、個人289人)
      もいる。警視庁がまとめたタクシー(ハイヤー含む)運転手の年齢別事故件数推移を
      みると、全体の事故件数が年々減少している一方で、70歳以上の運転者の事故率
      (約16%)は10年前の3倍となっている。

       じつは、タクシー業界は高齢ドライバーに頼らざるを得ない構造的問題を抱えている。
      東京のタクシー運転手の平均年齢は法人約59歳、個人が約63歳で、年々上がっている。
      経済評論家の森永卓郎氏が解説する。

      「タクシー運転手の平均年収は約300万円ほどと低いので、他にも就職先がある
      若年層の人材が確保できません。そのため、タクシー会社は高齢者を雇わざるを得ない。

       運転手側も、年金だけでは生活が厳しく、60~65歳で定年を迎えてもタクシーなら
      長く続けられるため、ますます高齢者が増えてしまうのです」

       この1月30日から、国交省は「2km700~730円」だった東京のタクシーの初乗り
      料金を「約1km380~410円」へと引き下げる。

       高齢者など短距離の利用者が安く乗れるようにして、“大衆の足”化を進めようという
      狙いだ。新料金導入で国民のタクシー利用回数が約5割増えるという調査もある。

       需要の増加を支えるには、さらに高齢ドライバーの人数を増やさなければならない
      事態が容易に予想される。業界も高齢ドライバー自身も、乗客の安全にとって最も
      重要な運転手の加齢による判断力、運転能力を冷静に判断する余裕がなくなって
      いくことになりかねない。

       これは個々のドライバー、あるいは各タクシー会社だけで解決できる問題ではなく、
      所管官庁、そして利用者のニーズも含めて考えていくべき社会問題であろう。

      客待ちタクシー

      【イメージ画像】
      【【運送】タクシー業界の人手不足が深刻に、75歳以上の運転手が都内だけで3000人超…高齢ドライバーに頼らざるを得ない構造的問題。】の続きを読む

        このページのトップヘ