遅刻 : まとめらいぶ

タグ:遅刻

1:まとめらいぶ 2018/02/10(土) 07:17:20.14 ID:PfbMBFpz0● BE:842343564-2BP(2000)
朝のアラームはスマートスピーカーより、スマホに任せるべき理由

【lifehacker】
 https://www.lifehacker.jp/2018/02/dont-rely-on-your-smart-speaker-as-your-only-alarm-cloc.html

Amazon EchoやGoogle Homeを目覚ましに使いたくなる気持ちはわかります。すでに
枕元にスマートスピーカーを置いている人は多いでしょう。指一本触れずに(目を開
ける必要もなく)アラームを止めたり、スヌーズ機能を使って10分後にもう一度鳴ら
したりできるのですから、使いたくなる気持ちもわかります。

こうしたありがたい機能が満載のスマートスピーカー(AIスピーカー)製品ですが、
毎朝時間通りに起きる、といった大事なことを、それ1台に任せるのは危険です。
不具合が起きる確率が高すぎます。先週金曜日、知人にトラブルが起きました。

私は、音楽で目覚めたいとは思っていますが、Google Home でそれをするのは少し
めんどうなため、目覚ましにはまだスマホを使っています。しかし、先週金曜の朝、
目覚めるなり、いつもの「OK、グーグル」を口にすると、天気予報やニュースを
聞くための「おはよう」と続ける間もなく、Googleアシスタントに遮られ、WiFi
接続が切れていると告げられました。

何か問題が起きたようで、スマート照明やスマートコンセント、テレビに接続した
Chromecast、そしてキッチンのEcho Dot などもすべて接続が切断されていました。
携帯のWiFi設定をいじってみても解決しなかったので、マンションの住人専用の
Facebookグループに、同じ問題を抱えていませんかというメッセージを投稿して
みると、わずか数秒でほかの住人からの応答があり、建物全体の問題である
ことが判明しました。

彼は「Amazon EchoのWiFi接続が切れ、目覚ましが鳴らずに寝過ごしてしまった」
と言います。

これは、誰もが教訓にすべき事故です(私も絶対に気をつけようと思います)。
実生活で本当に必要なこと、大事なことをAmazon Echo やGoogle Homeに任せて
はいけません。寝ている間にWiFi接続の不具合が起きたらおしまいだからです。
どうしても、スマートスピーカーを目覚ましにしたい人は、少なくとも携帯を
バックアップとして使いましょう。

スマートスピーカー

【イメージ画像】

引用元: 【遅刻】スマートスピーカー、WiFiに繋がっていないと朝のアラームすら鳴らない欠陥製品だった

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

↑このページのトップヘ