タグ:逆転

1まとめらいぶ2017/07/30(日) 20:26:48.77ID:CAP_USER9.net
「不老不死」という言葉がある。文字通り「老いることもなく、死ぬこともない」という、
非現実的な「夢」の言葉のはずだったが、それが着々と実現に向かっていることはトカナ
読者であればご存知の通り。そう、人体を“若返らせる”作用が期待されている夢の物質、
「NMN」の研究に進展が見られたようなので、詳細をお伝えしよう。

■マウスの体の各器官がガチで若返った!

科学誌「Science」に掲載された論文によると、ハーバード大学医学部のシンクレア教授
は、生物を若返らせる有効分子ことNMNをマウスに投与する実験を行ったが、「マウス
は1週間もしないうちに体の各器官が若返り、エネルギー量も増加し、より速く走れる
ようになった」という。この結果は、過去にトカナが報じた数々の実験結果とほぼ同じ。
やはり、NMNには確実に生物を若返らせる効果があるのだ。

体は、細胞、筋肉、酵素などから構成されている。

ところが、さまざまな原因から細胞のDNAにエラーが生じ、
DNAの損傷を引き起こしてしまう。

損傷を上回る修復を即座にできているうちは「若い」。
しかし、DNAが損傷されたままの状態で放置され、体中に浸潤していくと、各器官が
以前とは同じ状態ではいられなくなる。

そして、この修復ができない状態を積み重ねた結果を「老化」と呼ぶ。
つまり、「損傷したDNAの修復を促進させることができれば、結果として若返る」こと
になるわけだ。

DNAの修復に関わり、寿命を延ばす働きがあると報告されているタンパク質は「SIRT1」
と呼ばれ、NADという物質によってその活動が活発化する。今回の実験では、NMNの
摂取によってマウス体内のNAD量が増加するプロセスが実際に確認された。

若返りのメカニズムが見えたことが画期的なのだ。
おまけに、NMNは飲み水に加える形でマウスに投与されたという。

ということは、人間も単純にNMNを“飲む”という実にお手軽な方法で若返ることができる
かもしれないではないか。博士は自らの研究成果について「実にエキサイティング!」と
興奮を抑えきれないご様子だ。

【トカナ】
 http://tocana.jp/2017/07/post_13926_entry.html

魅惑の薬(小麦粉)

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/13(日) 20:35:18.41ID:CAP_USER*.net
◆SSDの価格がHDDに急接近 逆転の可能性も?

SSDは、データ読み書きスピードや静粛性、耐衝撃性、
省電力性、省スペース性など、多くの面でHDDを上回っている。
ただ唯一の欠点は高価なことだ。

以前より安くなったとはいえ、1TバイトSSDの市場価格はいまだに同容量の
HDDの7倍以上することも珍しくない。しかし、この欠点もいずれ
解消されるだろう。そんなレポートが発表された。

◇2020年代前半には価格逆転の可能性も?

台湾の市場調査会社TrendForceがこのほど発表したレポートによると、SSDの1G
バイト当たりの価格は2012年に99セントだったのが15年には39セントと、四半期で
10%以上のペースで急落しているのに対し、HDDは同期間で9セントから6セントと
ほぼ変わっていないという。またHDDの技術革新は17年まで進まず、
今後も大幅な価格低下は見込めないとみている。

一方、SSDの1Gバイト当たりの単価は16年に24セント、17年に17セントまで落ちる
と予想している。単価下落によって市場占有率も向上し、17年には一般向けノート
PC新機種の41%にSSDが搭載される見込みだという。

このレポートを受け、近い将来にはSSDがHDDの価格を下回るのでは、
という説もネットで浮上している。

SSDの価格下落がいつまで続くかは定かではないが、仮にHDDの価格がほぼ
変わらず、SSDの価格が現状のペースで下がり続けるとすれば、
両者の価格は20年代前半にも逆転するかもしれない。

画像:



【ITmedia ニュース】

Yahoo! ニュース
続きを読む

↑このページのトップヘ