タグ:赤ちゃん

1:まとめらいぶ 2019/01/30(水) 19:45:55.14 ID:oRH2uI7Y9
パンダの赤ちゃん、新春を迎える

タグ: ジャイアントパンダ 動物世界 広州

中国網
 
no title

no title

 ジャイアントパンダの赤ちゃん「隆仔」が29日、特製のお菓子を味わった。

広州長隆野生動物世界で昨年7月に生まれた2頭の赤ちゃん「隆仔」「婷仔」が、間もなく
生まれて初めての旧暦の新年を迎えようとしている。同日は旧暦の1月24日で、広東省では
揚げ物を作る日になっている。動物園は2頭が新年を迎えるため、竹の粉を使った揚げ物を作った。

引用元: 【生き物】パンダの赤ちゃん、新春を迎える 中国・広州 ※超可愛い画像

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/09/20(水) 18:36:45.93ID:CAP_USER9.net
よちよち赤ちゃんパンダ 生後100日に 
名前は32万件超の応募から8点に絞る
命名は近日中

【スポニチ】
 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/09/20/kiji/20170920s00042000155000c.html



身体検査を受けるジャイアントパンダの雌の赤ちゃん(東京動物園協会提供)
Photo By 提供写真

 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの赤ちゃん(雌)は20日、
生後100日を迎えた。動物園によると、後ろ足を踏ん張ってよちよちと数歩
前進できるようになった。公募した名前は近日中に公表する予定という。

 この日の身体検査では、体重6キロ、体長65センチだった。
中国では100日健康であれば丈夫に育つと言われており、金子美香子教育普及課長は
「実感できる成長具合。両親に似て大きく育っている」と話した。

 母親のシンシンは今月上旬から産室近くの室内運動場に自由に行き来しており、
赤ちゃんを口でくわえて連れてきて授乳する様子も。

早朝と日中の授乳サイクルが決まってきたため、
24時間態勢での監視は17日で終了した。

 インターネットなどで実施した名前の公募には、過去最多の32万件
超の応募があり、候補は選考委員会によって8点に絞られている。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/08(金) 20:41:21.11ID:*.net
2016年1月6日、韓国・JTBCテレビによると、
韓国で未婚の母親らに金を渡して子どもを引き取り
育てるなどしていた20代の女が警察に逮捕された。

取り調べに対し、「子どもを育てたかった」と犯行理由を供述している。

捕まったのは、論山市に住む23歳の独身の女。

14年4月から約1年、インターネットで子育てに悩む未婚の母親を見つけては
「自分が代わりに育てる」と近づき、1人当たり20万~150万ウォン
(約2万~15万円)を渡して1、2歳ほどの子ども計6人を引き取っていた。

うち3人は女の元で育てられ、1人は女の親戚の元へ、
2人はこれまでに実の母親に返されている。

女の弟は「子どもが好きだから育てたかったのだと思う」と、
その単純な動機を語っているが、定められた手続きを経ない養子縁組は違法。

しかもこのケースでは金銭のやりとりがあるため、罪が重くなる可能性が高い。

警察は児童福祉法違反の容疑で女の逮捕状を請求する方針だ。

この報道に、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「たぶん子どもが好きでやったんだろうけど、もし何か悪意を持って、
例えば臓器を売り払おうなんて考えていたとしたら本当に恐ろしい。

きちんと処罰してほしい」
「子どもを売った人間も厳しく処罰を」
「世の中がおかしくなっている。まるで子どもを物扱い」

「犬がかわいくて買うのと同じような考え方に鳥肌が立つ。

それに、犬よりも子どもを安く買えるという現実も鳥肌モノ」
「20代前半でどれだけ経済力があって、
子どもを買ってまでして育てたいのかな?
実にミステリアスな女だ」

「本当に育てたかったなら、正式に養子縁組する方法だってあるのに、
お金を払ってこっそり買うとは…。裏に何があるのか、
ちゃんと捜査してほしい」「常識から外れ過ぎていて、実話とは思えない」

「あまりに猟奇的。怖い物なしだね」
「前にも似たような事件があったよ。買った子どもをまた転売したって…」
「韓国でもあらゆる珍事が起こるようになった」

Record China

あかちゃん

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/01(金) 20:24:55.74ID:cUDKmjLZ0 BE:284465795-PLT(13000)










こちらのなんとも可愛らしいアザラシの赤ちゃんの写真は、
カナダのケベック州にあるマデライン島で撮影されたものです。

カメラマンのガンサー・ライエルさんは、これらの写真を撮る際、
アザラシの赤ちゃんたちに数十センチまで近づきましたが、
赤ちゃんたちはちっとも怖がる様子を見せず雪で遊んでいました。
まるで、写真を撮られることを楽しんでいるようです。

africannews
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/14(水) 21:57:22.71ID:kGLl/nQE0.net BE:284465795-PLT(12000)


写真のインド人の赤ちゃんは、
産まれた瞬間からインド国内の新記録保持者となりました!

この赤ちゃんは先月9月30日、インドのラジャスターン、
ガンガナガルにてインドの史上一番大きな5,970グラムで誕生しました。





母親は25歳のGoga Baiさんで、赤ちゃんはその大きさから医師の判断で
自然分娩は難しいとされ、帝王切開にてお腹からとり上げられました。
インドの新生児の平均体重は3000グラムと言われており、
過去の記録としてはインド東部のマニプルとゆう町で生まれた
5900グラムの女の乳児がを過去最大と言われていましたが、
今回はその記録を抜いての最高新記録となります。

Record Specific Asia
続きを読む

1まとめらいぶ2015/09/29(火) 20:04:41.44ID:QQZo2FmD0 BE:284465795-PLT(13000)
フロリダ州、タバレスに住むブルターニュ、27歳とブライドン・ビューエル、
30歳の間に生まれた男の赤ちゃん、ジャックスちゃんは小水無脳症と
呼ばれる先天性の脳の機能不全であると言われました。



敬虔なクリスチャンであるビューエル夫妻は、妊娠中に医師から
お腹の中の赤ちゃんは奇形した脳であるため、出生後すぐに
なくなってしまうという理由から中絶を勧められたが、彼らは
産むことを決めました。アメリカでは、1/4859の確率で
毎年生まれ、ほとんどが出生後間もなく亡くなります。

1年前に設立されたGoFundMeのページではサポートをするために
54,000ドル(日本円で700万円)集まりました。

ジャックスちゃんは、出生後間もなくなくなると言われている中で
1歳の誕生日を迎え、Facebookで約9万人の”いいね”を貰い、
1万8千人に彼の人生物語がシェアされました。

Funny Aussie
続きを読む

↑このページのトップヘ