販売 : まとめらいぶ

タグ:販売

1まとめらいぶ2017/07/28(金) 20:21:26.96ID:CAP_USER9.net
森永乳業のロングセラーアイス商品「ダブルソーダ」の販売が終了した。
1983年の発売以来、手頃な価格と変わらぬ味で幅広い世代から人気を集めてきた
アイスバーが、34年の歴史に幕を閉じた。
ネット上では、惜しむ声があがっている。

なぜ、販売を終えたのか。森永乳業広報部の担当者は2017年7月28日、J-CASTニュース
の取材に対し、「販売量の減少により、終売の判断をいたしました」と説明した。

前身含めると半世紀以上のロングセラー

ダブルソーダは1983年3月、森永乳業がユニリーバと提携して立ち上げた「エスキモー」
ブランド(2010年に終了、以降は「森永乳業」ブランドに統一)から発売された。

最大の特徴は、一つのアイスに木の棒が2本付いている点だ。
幅広の形をしたアイス部分は縦に「パキッ」と2つに割ることができ、家族や友達、恋人
などと半分ずつシェアして食べることができた。2017年の販売終了時のメーカー希望
小売価格は60円(税別)だった。

今回、ダブルソーダの販売終了をツイッターで報告して注目を集めたのは、
一般社団法人「日本アイスマニア協会」(東京都港区)の代表理事を務める
「アイスマン福留」さんだ。7月28日朝の更新で、

「棒が2本『半分個』にして食べられる、あの思い出のアイス『ダブルソーダ』が
今年の春で販売終了となったそうです」

と伝えたのだ。

このツイートは投稿から半日で1万2000回以上リツイート(28日18時時点)されるなど
大きな反響を呼び、投稿のリプライ(返信)欄などには、

「子供の頃はソーダ味と言ったらダブルソーダでした」
「ダブルソーダなくなるのかよ!大好きだったのに...」
「最近見かけないなぁと思ったら販売終了になっていたんですね...。
小さい頃よく食べた思い出があります。寂しいなぁ」
「俺の青春を彩ってくれたアイスが...」

といった悲しみの声が相次いで寄せられている。

森永乳業の広報担当者によると、販売の終了は2017年3月末。
また、ダブルソーダの前身商品として「ソーダアイス」(1965年発売)があるという。
こちらも含めると、今回の販売終了によって、半世紀以上にもわたって販売が続いた
超ロングセラー商品の販売が終了したことになる。

【J-CASTニュース】
 https://www.j-cast.com/2017/07/28304499.html

30年以上の歴史に幕を閉じた森永乳業の「ダブルソーダ」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/06/21(水) 13:56:31.89ID:CAP_USER.net
ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは6月21日、
肉を肉で挟んだバーガー「にくにくにくバーガー」を6月21~27日に期間限定販売
すると発表した。「モスライスバーガー焼肉」のライス部分をパティに変え、さら
にテリヤキチキンとレタスを挟んでいるバーガーで、糖質制限を意識していると
いう。価格は850円(税込)。

TV番組「有吉弘行のダレトク!?」(関西テレビ・フジテレビ系列、6月20日放送)
内で紹介されたことをきっかけに生まれた商品。新商品を開発する中で「没」と
なったメニューを紹介するコーナー「没メニューレストラン」に登場し、番組内
での評価が最も高かったことから、期間限定での販売が決定した。

 モスバーガーは、ハンバーガーのバンズ部分をレタスに置き換えた
「菜摘(なつみ)」シリーズなど、糖質制限を意識したメニューを提供している。

【IT media ビジネス】
 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/21/news090.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/02/28(火) 19:47:48.30ID:CAP_USER.net
【itmedia ビジネス】
 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1702/28/news115.html



セブン-イレブン・ジャパンは2月28日、朝の時間帯にコーヒーとパンをセットで
割安に販売する「朝セブン」を3月8日から3月31日まで実施すると発表した。

午前4時~11時に、セブンカフェのホットかアイスのレギュラーサイズ
(各税込100円)と、カレーパン(税込138円)など8種類のパン
(地域によって異なる)1つを、セットとして200円(税込)
で販売する。

 気温が上がって朝の活動が活発になる3月に合わせ、時間帯に着目した新たな
取り組みとして実施する。「多様化する生活や社会の環境変化に対応し、より一層
『近くて便利』な店を目指す」としている。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/02/03(金) 12:05:17.97ID:CAP_USER.net
【えん食べ】
 https://entabe.jp/news/gourmet/15332/mcdonalds-chicken-tatsuta-and-taruta



マクドナルド各店で、人気メニュー「チキンタツタ」が復刻販売される。
さらに、新作バーガー「チキンタルタ」も登場。2月8日より
3月初旬までの期間限定で販売される。

1991年の発売以来愛されてきたチキンタツタは、ふんわりとした食感とほのかな甘みの
あるバンズで、さっぱりとした生姜醤油風味のチキンパティと、千切りキャベツをサンド
したハンバーガー。クリーミーでほんのり辛みのあるソースがトッピングされている。

また、新作のチキンタルタは、チキンタツタにたまごたっぷりのタルタルソースを合わせた
ハンバーガー「リッチな具材感」と「濃厚なたまご感」にこだわったというタルタルソースの、
こってり濃厚な味わいが楽しめるそうだ。

いずれも単品価格は380円(税込)。なお「タツタ」「タルタ」にちなみ、
マクドナルドの田端(タバタ)駅前店では2月4日より先行販売される。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/01/17(火) 20:12:18.35 BE:373518844-PLT(14931)
セブン-イレブンにて、店員が食べかけのケーキを客に
販売していたことが、当サイトの取材で発覚した。

(略)

昨年12月24日の夜、被害者は東京都江東区のダイバーシティ東京プラザ店で
クリスマスケーキを購入した。開封したら、食べかけのものが入っていたという。





店に連絡したところ、代わりのケーキを届けるというので、被害者は住所や氏名を伝えた。
まもなく、店長、販売した店員、地区担当責任者が被害者宅を訪れた。店側はケーキの
交換と共に返金を申し出たが、被害者は拒み、「必ず原因を究明してほしい」と要請した。
それに対し、週末のため26日まで対応できないと店側は主張した。



そこで被害者は、25日に本部(本社)の「お客様相談室」に連絡した。その結果、
この時点までに、本部と店との間で本件に関する情報が共有されていなかった
ことが判明。応対した社員は、確認をとることを約束した。

(略)

26日の朝、原因が判明したとの通知があり、被害者は店へ向かった。店員の一人が、
食べかけのケーキを箱に入れて、冷蔵庫にしまっておいたという。その箱の中身を
確認しないで、店長が店頭に出してしまったというのだ。被害者は、セブン-イレブン側の
対応の遅れや不備等に納得しがたかった。そのことを伝えると、「これが本部の対応です」
と言われたとい う。また、本件を「報道各社に言いたければ、どうぞ言ってください、
気持ちが晴れるのであれば」といった発言もあったそうだ。当サイトでは、当該の店に
話を聞いた。店長によると、食べかけのケーキを誤って販売してしまったことは
事実であるという。本件は、未だ解決に至っていないそうだ。

(略)

【探偵ファイル】
 http://tanteifile.com/archives/3821
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ