『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.10.3

      設置

      1まとめらいぶ2017/08/10(木) 10:53:07.86ID:CAP_USER.net
      夏本番。建設現場で働く作業員にとって、熱中症対策は不可欠です。
      そんな中、ある建設現場の自動販売機の写真がツイッターで話題となっています。
      「熱中症対策自動販売機」と題したその自販機では、ポカリスエットをなんと50円で販売。
      作業員からも「助かる」と評判の取り組み、事業主として設置した大和ハウス工業によると、
      炎天下の中で働く作業員をサポートしようと、今夏から関東の約20現場に配置。
      現場事務所の所長は「口頭で注意喚起するよりも効果がある」と手応えを感じています。

      ■ 「真夏の建築現場の自販機はこうあるべき」 ツイッターで拡散

      「真夏の建築現場の自販機はみんなこうであるべき!!」
      この文章ともに投稿された自販機には、ポカリスエットと同じ種類の「ポカリスエット 
      イオンウォーター」が500mlと250ml合わせてずらり30本。
      そのどれもが50円です。
      「労働災害予防の正しい金の使い方w」
      「本当に真夏の現場仕事の自販機はこうあって欲しい」などのコメントが寄せられ、
      約1万5千リツイートがされています。

      ■ 作業員「すごい助かる」

      この50円自販機が設置されているのは、多摩川を挟んで羽田空港に面している
      川崎市のホテル建設現場。
      約100人の作業員が詰める事務所前にあります。
      ほかの自販機には別の商品もありますが、90円で売られているオロナミンCより40円安く、
      やはり破格です。

      事務所を訪れた9日は、横浜の最高気温が35.1度。
      昼前でしたが、立っているだけで汗が噴き出す気温で、
      500mlはすべて売り切れていました。
      休憩のために戻ってきた作業員の男性に話を聞くと、
      「他の現場では見たことがない。すごい助かる」
      「すべて500mlで売って欲しい」。
      最初の休憩がある午前10時には売り切れ、
      1日に1~2回は補充が必要なほどの人気ぶりだということです。

      ■ 熱中症対策として独自に設置

      事務所の所長で、大和ハウス工業東京本店建築事業部の権藤繁雄さんによると、
      夏の現場は熱中症の危険性が高いことから「作業員が効果的に水分補給ができる
      ようにサポートしたい」と建築事業部独自の取り組みで設置を決めたとのこと。
      差額分は熱中症対策の費用として会社が負担しているそうです。
      「水を飲むよう口頭で注意喚起をすることも大切ですが、
      低価格の商品があれば実際に飲んでもらえる。やってよかったです」
      と話しています。

      ■ 意識高まり、導入する企業も増加

      自販機を手がける大塚ウエルネスベンディングによると、「熱中症対策自販機」とする
      には、一定量のナトリウムを含んでなければいけないので、水やお茶は販売できない
      そうですが、建設現場などへの導入が増えてきているといいます。
      「自販機だと冷やす手間がかからない。熱中症への企業の意識が高まり、
      作業員への福利厚生という点から注目されている」と話しています。

      写真:建設現場に設置されたポカリスエットを50円で販売する自動販売機=川崎市



      【WithNEWS】
       『Yahoo! ニュース』 
           https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000002-withnews-sci
      【【企業】炎天下『ポカリ50円』大和ハウス工業の『熱中症対策自動販売機』設置の英断】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/19(水) 17:08:24.45ID:CAP_USER9.net
       国内の港で相次いで見つかっている強い毒を持つ「ヒアリ」の調査要請を国土交通省
      から受け、新千歳空港で国際貨物の荷役を担う札幌国際エアカーゴターミナル(SIA
      CT、千歳)は18日、捕獲器具を設置した。敷地内の草地など100カ所にアリ用わ
      なを仕掛け、捕まえた中にヒアリがいないか調べる。

       設置したのは、クロアリの調査などで使用されている簡易器具。砂糖でアリをおびき
      寄せ、粘着面で捕獲する仕組みになっている。敷地内の施設周辺にある草むらに仕掛け、
      20日に回収する予定。SIACTの山本和秀次長は「ヒアリはこれまで空港では見つ
      かっていないが、国際貨物を扱う事業者として危機感を感じている。万が一見つかった
      ら、絶対に広めてはならない」と話していた。

      【とまみん】 
       https://www.tomamin.co.jp/news/area1/11758/

      【【ヒアリ】水際対策『絶対に広めてはならない』→ 罠設置wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/14(火) 14:27:20.67ID:CAP_USER.net
      【鉄道新聞】
       http://tetsudo-shimbun.com/headline/entry-994.html



      東京メトロはこのほど、更なるセキュリティ向上に向けて、
      全車両へセキュリティカメラの設置を推進すると発表した。

      昨今吊り革の盗難や座席シートのいたずら、迷惑行為等の車内での犯罪行為が度々
      発生していることや、テロ対策等更なるセキュリティ向上の必要性から設置するもの。

      各車両の乗降ドア上部にセキュリティカメラを配置し、車内全体が見渡せるようにする。
      2018年度以降、順次全車両に展開予定となっている。詳細は同社ニュースリリースに
      掲載されている
      【【鉄道】東京メトロ、全車両に監視カメラ設置。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/06/12(日) 19:52:13.62ID:DL/hD6Cz0.net BE:736790738-PLT(12000)
      トレーラーハウス入居開始 益城町 要配慮者「家族の空間ようやく」 

      福祉避難所に利用 [熊本県]

       益城町で、病気の人や妊産婦など要配慮者のいる熊本地震の被災世帯が、仮設
      住宅などに入居するまでの「福祉避難所」として利用するトレーラーハウスの入居が
      始まった。グランメッセ熊本(同町)駐車場に15台設置済みで、入居者からは
      「ようやく家族の空間ができ、周囲に気兼ねなく介助もできる」と喜びの声が
      上がる。町は今月末までには35台ほどに増やす予定。

       災害時に配慮が必要な人を受け入れる「福祉避難所」不足に悩んでいた町が、
      完成した住居を車で引っ張って移動でき、簡単に設置できるトレーラーハウスに着目。

      日本RV輸入協会から有料でレンタルした。日本トレーラーハウス協会から3台の無償
      貸与も受けた。障害者のいる世帯など約200世帯の入居応募があり、選出された
      世帯から順次入居している。

       設置されたトレーラーハウスは、各台20~30平方メートルの広さで、台所や浴槽、
      クーラーなどが備え付けられたものから、ロフトスペース付きのタイプまでさまざま。

      電気、水道、ガスも利用できる。

       町内のテント村から、5月31日夜に家族4人と入居した女性(42)は、2段ベッドが
      2台備え付けられているハウスに満足の表情。「ベッドの布団に寝ることができて
      ありがたい。先は長いが、震災前の生活を少しずつ取り戻してきた感じがする」
      と話した。

       ただ、一時避難所であるため、何度も引っ越す必要もある。

      「息子2人は受験生。早く安心できる環境に落ち着きたい」と、
      先の見えない生活に不安もにじませた。



      益城町のグランメッセ熊本の駐車場に設置されたトレーラーハウス

      西日本 新聞
      【【復興】トレーラーハウスが人気!車で引っ張って移動でき簡単に設置、電気、水道、ガスも利用できる。】の続きを読む

        このページのトップヘ