1まとめらいぶ2016/08/19(金) 14:09:44.91ID:CAP_USER.net
ほこりと血にまみれ、ぼうぜんとした表情で救急車の中に座る
少年の画像が18日、シリア北部アレッポ(Aleppo)への空爆
による民間人の犠牲の象徴として世界の注目を集めた。

真っすぐ前を見つめるこの少年は、5歳のオムラン(Omran)君。反体制派が
掌握するアレッポ南東部カテルジ(Qaterji)地区への空爆の後、がれきの中
から救出された。撮影したマフムード・ルスラン(Mahmoud Rslan)氏は、
AFPの電話取材に次のように語っている。

「毎日、雨のように降り注ぐ空爆で殺されたり負傷したりした子どもたちの
写真をたくさん撮ってきた。こうした子どもたちは普通、意識がない状態か、
泣きじゃくっているものだ。だが、オムランはただそこにいて、言葉もなく、
ぼんやりと前を見つめていた。何が起きたのかまるで分かっていないようだった」

アレッポの反体制派地区は頻繁に、政権側のヘリコプターから
落とされる「たる爆弾」などによる空爆の標的となっている。

発信地:アレッポ/シリア

【(c)AFP】
 http://www.afpbb.com/articles/-/3097979





 
【【シリア】空爆後に救出されたシリア少年の画像公開!民間人犠牲の象徴と言う設定】の続きを読む