解禁 : まとめらいぶ

タグ:解禁

1:まとめらいぶ 2019/07/07(日) 17:52:57.54 ID:8uJGNEm79
【シネマトゥデイ】
 https://www.cinematoday.jp/news/N0109820

 

6日、庵野秀明が総監督を務める映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2020年公開予定)の冒頭映像
が、フランス・パリで開催中の JAPAN EXPO で公開され、碇シンジ役の声優・緒方恵美、歌手・高橋洋子が登壇。
会場の模様は日本でも生中継され、本作が最後の『エヴァ』になると語った緒方は

「きっと見たことのない映像が出来上がると思います!」

と自信をのぞかせた。

前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』から8年を経て公開される『シン・エヴァ』。
「最後を迎えるにあたって、私たちが死なないうちに、新作を作ってくださいと(庵野)監督に
お願いしていました。でも、実際に最後となると、やはり少し寂しいです」とつぶやいた緒方は、
昨年末、庵野総監督と交わした会話を振り返る。

「(『エヴァ』をやってきて)24年間ではじめて監督に、
『シンジだったらこの結末とこの結末、どっちを選びますか?』と聞かれました。そんな感じで、
今回はとても丁寧に、最後までキチンと終われるように、ひとつひとつ丁寧に、
作ってくださっているようです」

また、現在の進行状況については「アフレコがはじまって、半分くらいまで録っています」とのこと。
そのうえで「それも少しずつ少しずつ、1回につき、人によっては30回くらいテイクを重ねています。
きっと、見たことのない映像が出来上がると思います!」と自信をのぞかせた。

会場では、高橋から「エヴァは本当に終わるんですか?」と尋ねられた緒方が、「終わるようです。
終わる終わる詐欺のようにやってきたんですけど(笑)。終わるべく、一生懸命作っていらっしゃいます」
と笑いを誘う場面も。最後はフランスのアニメファンに向けて「日本人のアニメを作る現場は、
決して楽なものではなくて、大変なことがたくさんあるんですけど、日本人のクリエイターは、
もちろんエヴァンゲリオンだけでなく、毎日、皆さんに素敵な映像をお送りできるように
頑張っております。これからも、日本のアニメーション、漫画、
ゲームをよろしくお願いいたします」とメッセージを送っていた。

この日上映された冒頭映像「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭 10 分 40 秒 00 コマ)
0706 版」は、JAPAN EXPO をはじめ、アメリカ、中国など世界各地で同時上映。
日本でも全国5都市6か所の会場と、各地の街頭ビジョンなどを通じて無料上映された。

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」は、東宝、東映、カラーの3社共同配給で2020年に公開。

「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ)0706 版」

 

no title

no title

no title

no title

no title

no title

引用元: 【アニメ】「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」冒頭映像が解禁 緒方恵美、「最後のエヴァ」に自信

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2018/11/04(日) 08:25:58.91 ID:PMZSM0pi0
これ今の流れだと確実に来るぞ

【YouTube】

 

※ 参考

引用元: ニーアオートマタとその続編がSwitchで発売!?しかもレオタードじゃなく下着解禁か!!

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2017/12/25(月) 22:06:20.31 ID:CAP_USER9
映画「ミスミソウ」相場晄役は清水尋也!雪景色が血で染まる特報映像も解禁

【コミックナタリー】 
 https://natalie.mu/comic/news/262672

映画「ミスミソウ」場面カット

no title

相場晄

no title

映画「ミスミソウ」ポスタービジュアル

no title

山田杏奈

no title

清水尋也 

no title

内藤瑛亮監督

no title

押切蓮介

no title

映画「ミスミソウ」場面カット

no title

野咲春花

no title

押切蓮介原作による映画「ミスミソウ」の追加キャストが発表された。
壮絶ないじめを受ける主人公・野咲春花を密かに支えるクラスメイト・
相場晄役を、清水尋也が務める。

清水は本作を「暴力的且つグロテスクな表現が多く含まれていますが、そこに垣間
見える切なさや儚さが、1番の魅力だと僕は思っています」と紹介。続けて「全て
の根底にあるモノは『愛情』です。それぞれの抱く愛情が次第に歪んでいってしま
う様を、繊細に表現していきたいと思いながら臨みました」と意気込みを語った。
春花役の山田杏奈は、清水のおかげで撮影現場が「やりやすい雰囲気」だったと
述懐し、「相場役が清水くんでよかったと何度も思いました」とコメント。その
ほか大塚れな、中田青渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人
らの出演も明らかとなっている。

キャストの発表に併せて、特報映像も解禁に。特報には春花の顔や白い雪が血で
染まったカットなど、バイオレンスな展開を思わせるシーンが多数登場。映像の
バックには、シンガーソングライター・タテタカコが歌う主題歌「道程」が
流れる。映画「ミスミソウ」は2018年4月7日より、東京・新宿バルト9ほか
にて全国ロードショー。

◆山田杏奈コメント

清水くんはお芝居に対しての姿勢がいつも真剣で見習わせていただくことが沢山あり
ました。現場でも面白い話をしてくださってキャストみんなで盛り上がることがあり
ながらも、視野を広く持っている方でした。そのおかげでやりやすい雰囲気になって
る場面が多々あって相場役が清水くんでよかったと何度も思いました。特報映像を見
ると撮影の時の雪の冷たさを思い出します。一面の雪の中に飛ぶ血は残酷だけどとて
も綺麗な画だなと思いました。スクリーンだとより一層伝わるものがあると思います。
ぜひ劇場でご覧ください!

◆清水尋也コメント

相場晄役を演じました、清水尋也です。こうして皆さんにご報告出来る日を迎えられ
幸せに思います。この作品には暴力的且つグロテスクな表現が多く含まれていますが、
そこに垣間見える切なさや儚さが、1番の魅力だと僕は思っています。全ての根底に
あるモノは「愛情」です。それぞれの抱く愛情が次第に歪んでいってしまう様を、
繊細に表現していきたいと思いながら臨みました。内藤さんをはじめ、スタッフ
キャスト全員と精一杯作り上げた作品です。是非劇場でご覧下さい。

◆内藤瑛亮監督コメント

押切先生の原作を初めて読んだ時、僕は懐かしさを覚えました。スマホがない時代に
娯楽なんて何もないクソ田舎へ産み落とされた少年少女の痛ましい青春は、自分自身
の10代とも通じるところがありました。映画化にあたり、凄惨な暴力の奥にある切実
な感情を映し出そうとしました。そしてオーディションで選ばれた10代の俳優たちは、
降り積もった雪のうえで血塗れになりながら、皆忘れがたい表情を見せてくれました。
僕にとって代表作と呼べる作品に仕上がったと自負しています。

◆押切蓮介コメント

雪が残る山奥は凍えるような寒さで、撮影見学にその場へ到着した10分後に自分は
体調を崩しました。そんな厳しい撮影現場の中でキャストさんやスタッフさん達が
撮影に挑んでいるのです。ろくに撮影現場に立ちあわず、ほとんどノータッチだっ
た自分がここでコメントをする事におこがましさすら感じます。零号試写を見てそ
れだけ鬼気迫るものをこの映画に感じたからです。この映画に携わった方々に敬意
を表します。

引用元: 【実写/漫画】映画「ミスミソウ」相場晄役は清水尋也!雪景色が血で染まる特報映像も解禁[17/12/25]

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ