タグ:規制

1:まとめらいぶ 2018/02/01(木) 23:08:39.82 ID:hAH3hJqm0 BE:844481327-PLT(12345)
経済産業省は1日、スマートフォンの充電に使われる「モバイルバッテリー」の規制を
強化すると発表した。発火事故などが多発しているためで、電気用品安全法の基準を満
たしていない製品は来年2月から輸入や販売ができなくなる。

スマートフォンは動画の視聴やゲームに使うと電池の容量が早くなくなるため、若い世
代を中心に手軽に持ち運べるモバイルバッテリーが普及していた。ただ、製品評価技術
基盤機構(NITE)によると、2016年度に事故が52件あり、年々増加していた。

モバイルバッテリーのほか、一部の電子たばこの器具も規制の対象になるという。(共同)

【毎日新聞】
 https://mainichi.jp/articles/20180202/k00/00m/020/023000c

引用元: モバイルバッテリーの規制強化 発火事故多発で

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/06/23(金) 16:16:13.82ID:+ZPTm3ce0.net BE:323057825-PLT(12000)
小学生の間で大流行しているのが「爪楊枝ボウガン」と呼ばれる玩具。
といっても、言葉から想像するものよりも威力が高く、既に成都市などで規制が始まって
いると報道されています。日本でも入手が可能になってきたこともあるため、危険度を
伝える意味を含めてお伝えします。この「爪楊枝ボウガン」は金属や木で造られた
ミニチュアのボウガン。素材や威力は製品によって異なりますが、強力なものは
爪楊枝を発射しても果物や野菜に突き刺さる程度の威力があります。

しかも強力なものになると、金属製の針を飛ばすことできるほどの威力を持っており、
かなり危険なものとなります。

さて、この爪楊枝ボウガンですが、日本でも販売する業者が表れています。ニュースで
話題になったためか、一時期はAmazonのホビー部門の1位と2位にもなっていました。

中国で大流行、規制も掛かった「爪楊枝ボウガン」はこんなアイテム。

日本のAmazonにも登場(世永玲生)

【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2017/06/23/amazon/





続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/29(土) 16:14:43.43ID:q8cj3JJd0 BE:878898748-PLT(16000)
カートレンタルサービス『マリカー』が28日午後2時に接触事故を起こしていたことが
わかった。事故現場は都内港区芝の交差点で、運転していたのはアメリカ人男性。

『マリカー』のカートが車線変更をしようとした際に軽トラックのバンパーに接触。こ
のときカートは14台連なって集団で走行していたという。

レンタルカートは過去にも接触事故を起こしており、3月5日は韓国人旅行客女性が運転
するカートが歩道に乗り上げ外壁に接触。

今、任天堂と係争中になっているレンタルカート『マリカー(株式会社マリカー)』。
都内には似たような衣装を貸し出すレンタルカートサービスはほかにもあり、大手企業
が経営する『アキバカート』などもある。『アキバカート』は漫画喫茶、耳かき、個室
ビデオなどを経営する大手企業。

著作権侵害の問題だけでなく、こういった接触事故を懸念し任天堂は警告。度重なる警
告を受け入れなかったため『マリカー』相手取り1000万円の損害賠償請求を求めている。

実はレンタルカートの接触事故は過去にも何度も起きており、車への接触、人への接触
など含めて数十件起きている。ここ最近警視庁が発表するようになったのはレンタルカ
ートが問題になっているからと思われる。

【ゴゴ通信】
 http://gogotsu.com/archives/28321



続きを読む

↑このページのトップヘ