タグ:見つかる

1:まとめらいぶ 2019/04/08(月) 23:18:06.14 ID:GN5REWsT9
連れ去られた猫の「はと」見つかる 配ったチラシから目撃情報 三重

 三重県鈴鹿市の建物で3月16日、男に連れ去られた猫が、世話をしていた
女性によって保護された。見つかったのは、窃盗容疑で逮捕された男の
家の近く。女性がチラシを配って捜していたところ、周辺住民から
目撃情報が寄せられ、保護につながった。

 連れ去られたのは生後8カ月ほどの雄の「はと」。元々は捨て猫で、
鈴鹿市の建物で女性の世話を受けながら他の猫たちとともに暮らしていたが、
3月16日にひもを首に巻いて連れ去られる姿が防犯カメラに映っていた。
女性の届けを受けた県警鈴鹿署が4月1日、同県桑名市の無職の男を
窃盗容疑で逮捕したが、はとは見つからなかった。

 女性は、男が調べに「懐かないので近くの川に捨てた」などと話して
いることを報道で知り、男の住所周辺を捜すことを決意。3日から、
はとの写真を載せたチラシを配りながら歩いた。長い日は4時間も。
その結果、川の堤防道路周辺でよく似た猫の目撃情報が複数あることが
分かった。さらに、近くで猫の餌やりをしている男性から「最近、家に
来る猫のようだ」と連絡があった。そして7日、餌を食べに来た
猫の写真が送られてきて、猫がはとだと確認、迎えに行った。

 はとは最初、人の姿を見て逃げるほど警戒していたが、女性が猫の
鳴きまねをすると物陰から返事をした。さらに好物の餌を見せると
近寄ってきたため、かごに入れて自宅に連れ帰ったという。

 女性の家で生活することになったはと。現在は先住猫に遠慮して
部屋の隅に隠れているが、時々出てきて鳴き声を上げている。
餌をもらっていたおかげで、健康状態に問題は無いようだ。

 女性は「見つかった場所は通行量も多い。行き場所も無く、おびえて
いたのでは。男性のおかげで再会できた。感謝します」と話していた。


毎日新聞【森田采花】(4/8(月) 21:30配信)

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000087-mai-soci

世話をする女性に抱かれるはと
=三重県鈴鹿市で2019年4月8日、山口政宣撮影

no title

引用元: 【動物】男に連れ去られた猫の「はと」見つかる 配ったチラシから目撃情報 三重(画像あり)

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/02/22(金) 19:49:01.02 0
ようやく新居に伝説の聖剣(表札)が届いたから記念写真。

ちなみに個人宅での設置は全国初らしくてカタログに載るぽいw

てか思ったよりでけぇw

no title

no title

no title

引用元: 【画像】ガチでカッコいい表札が見つかるwwwwwwww

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/02/04(月) 19:50:36.47 ID:NKEScN+/9
右半身がオス、左半身がメスの鳥が見つかる
なぜ起きる? 珍しい鳥の雌雄モザイク「ハーフサイダー」

【ナショジオ】 
 https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/020400080/

no title

コールドウェル夫妻の自宅の裏庭に餌を食べにくる、オスメス両方の特徴をあわせもつ
ショウジョウコウカンチョウ。この鳥が庭のはずれの木の枝にとまったところを、
シャーリーさんが台所の窓から撮影した。

(PHOTOGRAPH BY SHIRLEY CALDWELL)

 米国ペンシルベニア州エリー在住のコールドウェル夫妻は、25年前から裏庭に鳥の餌台を
置いている。しかし、数週間前の夜明けにアメリカスギの木に止まっていたようなショウジョウ
コウカンチョウ(猩々紅冠鳥)は、これまで一度も見たことがなかった。その鳥は体の右半分が
真紅で、左半分が灰褐色だった。

 とはいえ、家から木までは10メートルほど離れていたため、鳥が近くにくるまで自分が
見たものに確信がもてなかった。妻のシャーリーさんは、「長年、鳥に餌をやってきましたが、
こんな鳥を見たことはなかったと思います」と言う。

 ショウジョウコウカンチョウは、オスが赤い色をしていて、メスは褐色だ。だからこの鳥は、
右半身がオスで左半身がメスということになる。このように、オスとメスの特徴を両方あわせ
もつことを、専門的には雌雄モザイクという。コーネル大学鳥類学研究所の博士研究員である
ダニエル・フーパー氏は、メールでの問い合わせに対し、「本物の雌雄キメラです」と答えた
(キメラは2種類の異なる遺伝情報の細胞をあわせもつ生物)。

 雌雄モザイクは鳥類学者の間では「ハーフサイダー」として知られ、珍しいが、ほとんど
いないというほどでもない。おそらく雌雄モザイクはあらゆる種の鳥で起こるが、成鳥の
オスとメスの外見が大きく異なる「性的二形」の種でしか気づかれないのだろう、と
フーパー氏は説明する。「性的二形の鳥のなかでも、ショウジョウコウカンチョウは北米の
人々に広く親しまれています。特に深紅のオスはよく目立つので、変わった個体は一般の人
に気づかれやすいのです」

■哺乳類と異なる性決定のしくみ

 フーパー氏によると、鳥の性決定のしくみは哺乳類とは少し違っているという。哺乳類の
性染色体にはXとYの2種類があり、オスはX染色体とY染色体を細胞核にそれぞれ1つずつもち
(XY)、メスはX染色体を2つもっている(XX)。

 一方、鳥の性染色体はZとWの2種類で、オスはZ染色体を2つもち(ZZ)、メスはZ染色体と
W染色体を1つずつもっている(ZW)。そして、精子や卵子などの生殖細胞は、通常はどちら
かの性染色体を1つしかもたないため、オスの精子はZ染色体だけだが、メスの卵子にはZ染色体
をもつものとW染色体をもつものがある。

@以下省略

引用元: 【ハーフサイダー】右半身がオス、左半身がメスの鳥が見つかる アメリカ ※画像

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/26(月) 16:58:24.27ID:lrlFgXpj0.net BE:292723191-PLT(19081)
タレントの野々村真(51)が26日、
レギュラー出演している「バイキング」の企画

「医者が受けたい!超最新ガン検診SP」

でPET-CT検査を受け、肺ガンに進行する
可能性がある異変が発見された。

野々村の検査では、
肺を輪切りにした画像に「丸い磨りガラス状のもの」が見付かった。
医師によるとこれは「このまま消えちゃうこともある」が、消えなかった場合、
肺がんの一種である高分化腺ガンに進行する可能性もあるという。
そして

「ガンではないが、可能性はゼロではないので、半年後にまた検査しましょう」

と経過観察を勧められた。

これに対して野々村は「グラッときました」とショックを受けながら、
「でも早期に発見できてよかった」と、自分に言い聞かせるようにつぶやいた。

デイリー スポーツ online

続きを読む

↑このページのトップヘ