タグ:見つかる

1:まとめらいぶ 2019/10/14(月) 01:35:08.09 ID:CAP_USER
【gizmodo】
 https://www.gizmodo.jp/2019/09/msp-j0740-6620.html

no title

直径が知りたい。

観測史上最大となりうる中性子星を発見した…との研究結果が発表されました。

質量の大きな恒星が、直径20km程度にまで圧縮されてできる中性子星は、あまたある天体のなかでも
とりわけ不可解なものです。サイズは極めてコンパクトなのに、質量は太陽よりも少し大きく、
いわば超固太り体形の天体です。今回観測された中性子星「MSP J0740 + 6620」にいたっては、
少なくとも太陽の2倍以上の質量があるようで、それがハーフマラソンくらいの直径に
収まっているってちょっとイメージできませんよね。

論文のメイン著者でバージニア大学の博士号候補者、Thankful Cromartie氏は、
米Gizmodoに対して次のように述べています。

もっともっと大きな中性子星を見つけることはエキサイティングです...なぜなら、
中性子星内部の状態を説明する「状態方程式」の解明に役立つからです。

中性子星の質量を算出することで、この不可解きわまりない天体が、
そもそもどうやって成立しているのかについての理解が進む可能性があるのです。

型破りなサイズの中性子星がゴロゴロ

従来、中性子星の質量は太陽約1.4個ぶんほどと考えられてきましたが、
最近の観測で巨大なものがゴロゴロ発見されています。

アメリカとカナダの科学者からなる共同研究組織「NANOGrav」では、グリーンバンク望遠鏡や
アレシボ電波望遠鏡を使って、この12年間で数十個の中性子星を発見してきました。

本来NANOGravは、2016年にLIGOが初観測したことでおなじみの重力波の検出を試みて
いるんですが、その過程で重力波よりやや高い周波数信号を放つ中性子星が見つかる…
というわけです。

とりわけ彼らは、パルス状の光線を発する中性子星、パルサーに興味津々で、
MSP J0740 + 6620は、まさにそんなパルサーの1つです。

条件ピッタリで奇跡の体重測定が叶う

研究者らはグリーンバンク望遠鏡によりMSP J0740 + 6620を観測。「シャピロ遅延」と呼ばれる
相対論的な現象を利用して星の質量を測りました。

MSP J0740 + 6620は、白色矮星というコンパクトな天体と連星系を形成しています。2つの天体は
お互いの周りを回っていて、白色矮星がパルサーの前を通過するとき、白色矮星の重力で空間が
わずかに歪みます。歪んだ空間のぶん光は長い距離を移動するはめになりますので、地球から
見るとパルスがわずかに遅延したように見えます。

この現象を利用してパルサーの質量を算出したところ、Nature Astronomyに掲載の論文によると
太陽の約2.14倍だったとのことです。

Cromartie氏によれば、じつは、こうした連星を見つけて質量が測れるケースはレアで、地球から
見た角度の条件がピッタリそろわなければならないようです。今回は幸運にも、中性子星の質量を
算出するうえで、信頼性の高い手法が利用できました。

ただ、今後より大きな中性子星を観測したとしても、他の手法による算出では正確性が損なわれる
ことも指摘しています。

この質量は中性子星の上限かも

グリーンバンク天文台担当のアメリカ国立科学財団(NSF)プログラムディレクター、
Harshal Gupta氏は「このパルサーの質量は、この手の天体の上限かもしれない。これより
質量が大きい場合、パルサーは崩壊してブラックホールになる可能性がある」と説明しています。

またGupta氏は、NANOGravが、LIGOやVirgoによる発見をどのように補完するかについても、
興奮して次のように語りました。

天文学にコンパクトな天体の物理学が加われば、非常に手堅い成果が得られます。

一方Cromartie氏に関しては、米Gizmodoに
「カナダのCHIME電波望遠鏡による頻繁な観測や、NICER(NASAの中性子星観測装置)による
半径の測定なんかで得られるデータを見るのが楽しみ」とコメントしています。

こうした追加観測は、とりわけ不可解な天体、中性子星についての謎解きに
貢献してくれるんじゃないでしょうか。

引用元: 【宇宙】太陽2.14個ぶん、質量マックスの中性子星が見つかる

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/04/08(月) 23:18:06.14 ID:GN5REWsT9
連れ去られた猫の「はと」見つかる 配ったチラシから目撃情報 三重

 三重県鈴鹿市の建物で3月16日、男に連れ去られた猫が、世話をしていた
女性によって保護された。見つかったのは、窃盗容疑で逮捕された男の
家の近く。女性がチラシを配って捜していたところ、周辺住民から
目撃情報が寄せられ、保護につながった。

 連れ去られたのは生後8カ月ほどの雄の「はと」。元々は捨て猫で、
鈴鹿市の建物で女性の世話を受けながら他の猫たちとともに暮らしていたが、
3月16日にひもを首に巻いて連れ去られる姿が防犯カメラに映っていた。
女性の届けを受けた県警鈴鹿署が4月1日、同県桑名市の無職の男を
窃盗容疑で逮捕したが、はとは見つからなかった。

 女性は、男が調べに「懐かないので近くの川に捨てた」などと話して
いることを報道で知り、男の住所周辺を捜すことを決意。3日から、
はとの写真を載せたチラシを配りながら歩いた。長い日は4時間も。
その結果、川の堤防道路周辺でよく似た猫の目撃情報が複数あることが
分かった。さらに、近くで猫の餌やりをしている男性から「最近、家に
来る猫のようだ」と連絡があった。そして7日、餌を食べに来た
猫の写真が送られてきて、猫がはとだと確認、迎えに行った。

 はとは最初、人の姿を見て逃げるほど警戒していたが、女性が猫の
鳴きまねをすると物陰から返事をした。さらに好物の餌を見せると
近寄ってきたため、かごに入れて自宅に連れ帰ったという。

 女性の家で生活することになったはと。現在は先住猫に遠慮して
部屋の隅に隠れているが、時々出てきて鳴き声を上げている。
餌をもらっていたおかげで、健康状態に問題は無いようだ。

 女性は「見つかった場所は通行量も多い。行き場所も無く、おびえて
いたのでは。男性のおかげで再会できた。感謝します」と話していた。


毎日新聞【森田采花】(4/8(月) 21:30配信)

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000087-mai-soci

世話をする女性に抱かれるはと
=三重県鈴鹿市で2019年4月8日、山口政宣撮影

no title

引用元: 【動物】男に連れ去られた猫の「はと」見つかる 配ったチラシから目撃情報 三重(画像あり)

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/02/22(金) 19:49:01.02 0
ようやく新居に伝説の聖剣(表札)が届いたから記念写真。

ちなみに個人宅での設置は全国初らしくてカタログに載るぽいw

てか思ったよりでけぇw

no title

no title

no title

引用元: 【画像】ガチでカッコいい表札が見つかるwwwwwwww

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/02/04(月) 19:50:36.47 ID:NKEScN+/9
右半身がオス、左半身がメスの鳥が見つかる
なぜ起きる? 珍しい鳥の雌雄モザイク「ハーフサイダー」

【ナショジオ】 
 https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/020400080/

no title

コールドウェル夫妻の自宅の裏庭に餌を食べにくる、オスメス両方の特徴をあわせもつ
ショウジョウコウカンチョウ。この鳥が庭のはずれの木の枝にとまったところを、
シャーリーさんが台所の窓から撮影した。

(PHOTOGRAPH BY SHIRLEY CALDWELL)

 米国ペンシルベニア州エリー在住のコールドウェル夫妻は、25年前から裏庭に鳥の餌台を
置いている。しかし、数週間前の夜明けにアメリカスギの木に止まっていたようなショウジョウ
コウカンチョウ(猩々紅冠鳥)は、これまで一度も見たことがなかった。その鳥は体の右半分が
真紅で、左半分が灰褐色だった。

 とはいえ、家から木までは10メートルほど離れていたため、鳥が近くにくるまで自分が
見たものに確信がもてなかった。妻のシャーリーさんは、「長年、鳥に餌をやってきましたが、
こんな鳥を見たことはなかったと思います」と言う。

 ショウジョウコウカンチョウは、オスが赤い色をしていて、メスは褐色だ。だからこの鳥は、
右半身がオスで左半身がメスということになる。このように、オスとメスの特徴を両方あわせ
もつことを、専門的には雌雄モザイクという。コーネル大学鳥類学研究所の博士研究員である
ダニエル・フーパー氏は、メールでの問い合わせに対し、「本物の雌雄キメラです」と答えた
(キメラは2種類の異なる遺伝情報の細胞をあわせもつ生物)。

 雌雄モザイクは鳥類学者の間では「ハーフサイダー」として知られ、珍しいが、ほとんど
いないというほどでもない。おそらく雌雄モザイクはあらゆる種の鳥で起こるが、成鳥の
オスとメスの外見が大きく異なる「性的二形」の種でしか気づかれないのだろう、と
フーパー氏は説明する。「性的二形の鳥のなかでも、ショウジョウコウカンチョウは北米の
人々に広く親しまれています。特に深紅のオスはよく目立つので、変わった個体は一般の人
に気づかれやすいのです」

■哺乳類と異なる性決定のしくみ

 フーパー氏によると、鳥の性決定のしくみは哺乳類とは少し違っているという。哺乳類の
性染色体にはXとYの2種類があり、オスはX染色体とY染色体を細胞核にそれぞれ1つずつもち
(XY)、メスはX染色体を2つもっている(XX)。

 一方、鳥の性染色体はZとWの2種類で、オスはZ染色体を2つもち(ZZ)、メスはZ染色体と
W染色体を1つずつもっている(ZW)。そして、精子や卵子などの生殖細胞は、通常はどちら
かの性染色体を1つしかもたないため、オスの精子はZ染色体だけだが、メスの卵子にはZ染色体
をもつものとW染色体をもつものがある。

@以下省略

引用元: 【ハーフサイダー】右半身がオス、左半身がメスの鳥が見つかる アメリカ ※画像

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

↑このページのトップヘ