複雑 : まとめらいぶ

タグ:複雑

1:まとめらいぶ 2019/09/09(月) 08:00:23.41 ID:TSg+At/L
ドライバーなら必ず目にする道路交通標識。数多くの標識が存在しているが、
今回取り上げるのは「指定方向外進行禁止標識」だ。

「矢印標識」とも呼ばれ、表示板が示している方向以外への車両の侵入を禁止する。
一般的に1~2方向を示す矢印標識が多いが、中には走行中に突然出てきたら思わず
二度見してしまうようなものがある。

それがこちらだ。

no title

異形矢印標識研究(@Futoozutsumi)さんのツイートより
 https://twitter.com/futoozutsumi/status/1165581097553391623?s=21

侵入できる方向が縦、横、斜めで5方向にも伸びている。一体どんな道路なのか。

外環の下道ゆえ...

こちらは、一風変わった矢印標識を紹介するサイトを運営している異形矢印標識研究
(@Futoozutsumi)さんの投稿だ。

先に紹介した写真以外にも、同じ交差点に4枚この矢印標識があるようだ。
4つの標識どれもややこしさを感じてしまう。

標識なのに新鮮さすら感じる。

no title

異形矢印標識研究(@Futoozutsumi)さんのツイートより

なぜ、このような標識になっているのか。投稿によると、
この標識があるのは埼玉・八潮市の「八潮八条」交差点だという。

no title

八潮八条交差点 (C)Google

こちらはGoogleマップで上空から見た交差点。国道298号に県道29号、102号、
八潮団地通りが交わる場所だ。上には東京外環自動車道が通る。

地図で見るとかなり分かりやすくなる。
上の地図は県道29号線三郷方面から交差点に進入する向きだ。

この場合に侵入できる方向を矢印で示すと以下のようになる。

no title

八潮八条交差点 (C)Google

侵入できる方向は5つ。そしてこの向きに設置されている標識がこれだ。

     ===== 後略 =====

【Jタウンネット】
 https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/294151.html

引用元: まさに初見殺し... 埼玉の交差点に設置された標識が複雑すぎて泣きそうになる

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/05/05(木) 22:59:38.52ID:CAP_USER.net
皆さんは「オタク女性」という言葉から、どういう人たちを想像するでしょうか。

ひとくちに「オタク」といっても、いろいろな勢力がおりその実態は複雑ですが、
ここでは「アニメ・ゲームなど2次元の作品が好きな人たち」と定義します。

 筆者はカテゴリ的にはオタク界 オタク女性目 女オタク科…女オタクに属します。

一般の方で、女オタクと腐女子を混同されている方が結構いらっしゃるので、
よく「腐女子なの?」と聞かれますが、筆者は腐女子ではなく女オタクです。

 腐女子と女オタクは、似ているようで全く異なるものです。(ここ重要!)

オタクを学校に例えると、女オタクは公立オタク高校に通う女生徒、
腐女子は私立腐女子学院に通う女生徒ぐらい違います。

 女オタクの筆者からすると、腐女子は女子校のように外からは分からない
ブラックボックス、秘密の花園めいたイメージがあるんですよね…。

 腐女子はオタクの中でも「BL」、つまり「ボーイズラブ」が好きな人たち。

ボーイズラブとは、そうです、男同士の恋愛ですね。

日本における男性同性愛「男色」(なんしょく、だんしょく)は「日本書紀」の頃より
記述があり、戦国時代には武士の男色が盛んであったといわれています。

 つまり、男色は日本古来から存在していた文化。

現代を生きる女性たちが夢中になるのも何もおかしくないですね。

 女オタクは、アニメやゲームを普通に楽しむ人たちで、
BLには興味がない人たちをさします。

NL(ノーマルラブorノンケラブ)、つまり男女の
カップリングが好きな人たちもここに入ります。

 女オタク勢は、オタクの度合いにピンからキリまで幅広い印象があり、
ファッション感覚でライトにオタクを楽しむ層「ファッションオタク」も
女オタクの中には多く含まれています。

ちなみに女オタクを「オタク女子」と言ったりもしますが、
オタク女子はよりライトなオタクを指すイメージが強く、
筆者はあまり使いません。



※ 腐女子は女オタクに含まれる説

 そんな女オタクと腐女子について、当初は上の図のように
「腐女子は女オタクの中にある1つのクラスタ」と考えていました。

いわば、「2次元作品を楽しむ女オタクたちが進化してBLに目覚めた」
という女オタクの最終進化形態のようなイメージです。

しかし、筆者が腐女子の先輩と議論したところ、実際はこんな感じらしいのです。



※ 腐女子と女オタクは共存する説

 「両者は、必ずしも好きな作品がかぶるわけではない!」ということから、
上のような図になってます。解釈はいろいろあると思うので異論は大いに認めます。

 ちなみにオタクにはいろいろな勢力がいます。

上記以外にも大きめな勢力でいうと「夢女子」や「声オタ」がいます。

それらの勢力も混ぜて図で表してみました。



オタク女性の4大勢力

 夢女子とは、キャラクター × 自分に萌える人たち。

つまり、キャラクターを恋愛対象として見る層です。

オタクの中でもキャラクター愛が特に強く、グッズを身に着けることで
キャラクターへの愛と忠誠を誓う「グッズ勢」も多く在籍しています。

 「声オタ」は、熱狂的な声優ファンで、声優ありきで
キャラクターや作品を好きになる人たちです。

声優イベントなどに足を運ぶフットワークの軽さはこの中では極めて高く、
舞台などに移行して若手俳優にハマりやすいのもこちらだったりします。

 夢女子、女オタク、腐女子、声オタが同じ作品を見たら、
きっとこんな感想になるはず……。



 このように、同じ作品を見ていてもそれぞれ求めているものが違うから、
全く同じものを見た後でも感想がなんとなく噛みあわないこともあります。

IT media
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ