『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      製品

      1まとめらいぶ2017/06/23(金) 12:45:54.15ID:CAP_USER.net


      LG Displayは22日(韓国時間)、世界初を謳う柔軟性と透過性を備えた
      77型有機ELディスプレイを発表した。

       4K(3,840×2,160ドット)の解像度に対応しており、40%の透過率と80mmの曲率半径を
      備える。パネルはディスプレイの表示に影響を与えずに、半径80mmまで丸めることが
      可能という。韓国メディアのThe Korea Heraldによれば、デジタルサイネージやディス
      プレイ一体型デスクなどへの利用が考えられているようだが、製品化の時期は明か
      されていないようだ。

       同社は韓国政府の協力のもと、有機ELディスプレイ技術の開発を行なっており、
      2014年にフレキシブルタイプの18型有機ELパネルを、2016年には透過性の55型
      有機ELパネルを発表していた。今回の柔軟性と透過性を両立させた77型有機EL
      ディスプレイは、同社の製品開発マイルストーンのなかでももっとも
      最新のものであるとしている。

      【PC Watch】
       http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1066931.html
      【【製品】LG、透明で折り曲げ可能な77型4K有機ELディスプレイを発表。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/06(火) 06:32:49.61ID:CAP_USER.net
      米Appleは6月5日(現地時間)、iOS搭載タブレット「iPad Pro」の10.5インチモデルを
      発表した。リフレッシュレート120Hz対応の新ディスプレイや新プロセッサ「A10X」を
      搭載し、従来の9.7インチモデルを置き換える。本日から注文を受け付け、来週以降に
      出荷する。価格は6万9800円(いずれも税別)から。



      9.7インチモデルに比べて約20%大きい10.5インチの「True Toneディスプレイ」を搭載。
      リフレッシュレートは従来の60Hzから120Hzに倍増し、指によるタップやペンデバイス
      「Apple Pencil」の反応速度を改良した。画面の明るさも600カンデラに向上している。

       プロセッサには新しい「A10X」(6コア)を採用し、前モデルに比べて処理性能が30%、
      グラフィックス性能は40%向上。バッテリーは最大10時間駆動するという。ストレージ
      容量は64/256/512GBを用意する。

       サイズは174.1(幅)×250.6(奥行き)×6.1(高さ)ミリ、重さはWi-Fiモデルが469
      グラム、Wi-Fi + Cellularモデルは477グラム。カラーバリエーションはシルバー、
      ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの計4色。

      【IT media NEWS】
       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/06/news050.html
      【【製品】Apple、10.5インチの新型『iPad Pro』発表。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/30(火) 20:54:05.64ID:CAP_USER.net


      「glafit」の外見は一般的な小径ホイールの折りたたみ自転車。しかしよく見ると
      サドルの下にナンバープレートがついている。ウインカーやテールランプ、
      ミラーもついている。なんだこれは?

      「glafit」は本体重量わずか18kgながら、電動走行距離約45kmも走れる電動バイク。
      10.2Ahの大容量バッテリーカートリッジはフレーム内部に収納されており、自転車を
      折り畳んだ状態で出し入れ可能。乗車するには原付一種の免許が必要となり、当然
      道路を走行する際も原付バイクと同じルールを守らねばならない。最高速度は
      約30km/hで、前後ホイールには制動力の高いディスクブレーキを搭載。

      操作はとても簡単で、自転車に乗れる人ならば誰でも乗れるだろう。ハンドルに
      ついているスロットルを回すだけで後輪に搭載されたインホイールモーターが
      駆動し、ペダルをこぐことなく進んでいく。記者会見後に行われた試乗会で
      筆者が持った感想は「楽しい!」だった。

      電動バイクなので勝手に進むのは当たり前なのだが、見た目が普通の自転車なのに
      グイグイ加速していくのがおもしろい。電動アシスト自転車の場合は多少はチカラ
      を入れてペダルを漕がなければ進まないが、「glafit」はスロットルを回すだけで
      進む。移動手段としてはもちろん、乗って遊べる大人のオモチャとしても
      欲しくなる製品だ。

      さらに「glafit」は自転車のようにペダルがついているので、急な坂道などモーター
      のパワーが足りなくなったときに便利。脚のチカラをモーターの補助に使うだけで
      なく、スロットルを使わずにペダルだけで進むことも可能だ。

      鳴海氏は自転車と同じようにも使えるようにしたことについて、「バッテリーが
      切れてしまったらどうしよう……、という心配から解放されます」と語る。さらに
      鳴海氏は、「会社に出勤するときは電動バイクモードで通勤し、退社時はトレー
      ニングのために自転車モードで帰宅するような使い方ができる」と具体的な
      使用例を紹介し、運動不足の現代人にアピールした。

      「glafit」は単なる電動バイクではなく、さまざまな電子装備を搭載しているのも
      おもしろい。なかでも「ガジェット好き」だという鳴海氏のこだわりが、
      オプションでハンドル部につけられるUSBポート(2.1A出力)。
      スマホをカーナビ代わりに使っている人にとって嬉しい機能だ。
      さらに後輪についているロックは指紋認証。管理者3人とその他17人分の指紋を
      登録できるので、鍵を忘れても乗車できる。また、新幹線などで移動するとき
      のために使う専用ケースも開発中。旅先まで公共機関を使い、到着したら
      バイクでツーリングするのも楽しそうだ。

      とても魅力的なハイブリッドバイク「glafit」は、5月30日 15時からサイバー
      エージェント・クラウドファンディング「Makuake」にて先行販売中。

      カラーは全4種類
      (ホワイトツートン、スーパーブラック、ファッションカーキ、ミカンオレンジ)。
      クラウドファンディングでの価格は112,500円(税込み)で、2017年9月中の配送予定。
      なお、一般販売はクラウドファンディング終了後に行われる。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000042-rps-ind
      【【製品】自転車と電動バイクが合体、楽しいハイブリッドバイク『glafit』先行販売スタート。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/18(木) 09:48:27.68ID:CAP_USER.net
      米Googleは5月17日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O 2017」の基調講演で、
      昨年米国で発売したAI搭載スマートスピーカー「Google Home」を今夏に日本を含む新
      たな5カ国で発売すると発表した



      Google Homeは同社の音声アシスタント「Google Assistant」搭載の無線スピーカー端
      末。米国での販売価格は129ドル(約1万3000円)だ。Google Assistantは昨年12月に日
      本語対応していた。

       Google Assistantの日本語版は現在はAndroidアプリ「Allo」でしか使えないが、これ
      も今夏に他のアプリでも使えるようになるという。

       基調講演では、Google Home(とGoogle Assistant)の新機能も発表された。

      ハンズフリーでの通話
      Google Homeに「○○さんに電話」と呼び掛けると、呼び掛けた人のGoogleアカウントの
      連絡先から○○さんの電話番号を探し出し、先方に電話をかけるようになる。これはまずは
      北米(米国とカナダ)で利用できるようになる機能。

       Google Homeがスピーカーフォンのようになり、ハンズフリーで通話できる。

       Google Homeはマルチユーザー対応なので、呼び掛けた人の声を聞き分けて、それぞれ
      の連絡先に電話する。

      Spotify、Soundcloud、HBO NOW、CBSなどをサポート
      HBOやCBSなどは米国のみとみられるが、SpotifyとSoundcloudサポートは日本も含まれ
      るだろう。Google HomeがBluetoothをサポートしたので、Google Homeからだけでなく、Bluetooth接続したAndroidやiOS端末でもGoogle Homeに命令した音楽を再生できる。

      Chromecast連係で検索結果を大画面表示
      Google Homeにはディスプレイはないが、Chromecstを接続したテレビに質問の答えを
      表示できるようになる(年内追加の機能)。例えば「今どんなYouTube Liveやってる?」
      「今日の私のスケジュールは?」というような質問を音声ではなく画像で確認できる。

      【IT media NEWS】
       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/18/news056.html
      【【製品】AI搭載スマートスピーカー『Google Home』、今夏に日本で発売。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/16(火) 09:28:28.35ID:CAP_USER.net
      サムスン電子の新型フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS8」
      シリーズが発売から約1カ月で世界販売台数500万台を突破した。同社の関係者が
      16日、明らかにした。



      ギャラクシーS8シリーズは先月21日に韓国、米国、カナダで販売が開始され、
      1週間後に英国、フランス、ドイツ、イタリアなど欧州市場でも販売が始まった。

       サムスン電子は今月中に同製品の販売を世界約120カ国・地域に拡大する。
      特に、今月販売が始まる中国市場での成功のために力を注いでいる。

       証券業界はサムスン電子が今年4~6月期にギャラクシーS8シリーズを約20
      00万台販売するとみており、同社無線事業部の4~6月期の実績も1~3月期に
      比べ大きく改善されることが確実視されている。

      【聯合ニュース】
      http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/05/15/0800000000AJP20170515004900882.HTML
      【【製品】サムスンのスマホ『S8』発売1カ月で500万台突破】の続きを読む

        このページのトップヘ