裏側 : まとめらいぶ

タグ:裏側

1:まとめらいぶ 2020/07/08(水) 13:01:04.94 ID:H3RLRnOh0● BE:373518844-PLT(15931)
通販サイトで購入した「日本製」とされるマスクについて、真相を調べてほしいという依頼が
読者から寄せられた。

(略)

パッケージ裏側の下部に、製造・販売者名が日英両語で書かれているのだが、その部分に
シールが貼られていることに情報提供者は気づいた。奇妙に思ってシールを剥がしてみると、
シールの下には「MADE IN CHINA」と書かれていた。

(略)

no title

no title

当サイトでは、製造・販売元に話を聞いた。担当者によると、現在このマスクが日本国内の自社
工場で製造されていることは間違いないという。以前は中国で製造していたが、4年ほど前に工場を
日本に移した。その際、中国での製造時に使用していたパッケージを持ち帰り、引き続き使ってきた
そうだ。また、会社が移転して、所在地の記載を改める必要もあった。これらの理由により、
旧所在地が書かれている箇所と「MADE IN CHINA」という表記の上に、新しい
所在地を記したシールを貼ったという。

(略)

情報提供者が疑問に思ったもう一つの点は、マスクが高額で売られていたことだ。このマスクは
4層構造であり、0.1ミクロンのウイルスを99%以上カットする効果があるという。高性能
であり、品薄状態であったとはいえ、1袋5枚入りで1500円以上だったとのこと。この点を
製造・販売元に尋ねたところ、定価は755円であり、品薄に便乗して2倍以上の価格で転売
する業者が確認されているそうだ。

(略)

記事全文と画像一覧 

【探偵ファイル】
 https://tanteifile.com/archives/22325

引用元: 【悲報】「日本製」マスク、パッケージ裏側のシールを剥がしたら「MADE IN CHINA」(画像あり)

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2020/04/19(日) 20:21:04.34 ID:j8XyZttOp
no title

ぐうかわ

引用元: 【画像】エイの裏側www

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/02/15(水) 17:22:46.53ID:CAP_USER.net
【弁護士ドットコム】
 https://www.bengo4.com/c_5/c_1629/n_5696/

会社に雇用されず、個人で仕事をする「フリーランス」の働き方が注目されている。
経済産業省は昨年11月、フリーランス人材の活用に向けた「雇用関係によらない
働き方研究会」を立ち上げた。インターネット上には、時間や場所にとらわれず、
仕事内容も自分次第の「自由さ」にあこがれる声が、あふれている。長時間労働で
有給休暇も消化できないような従来の「日本企業の働き方」への反発も追い風だ。
しかし、実態はそう甘くはない。昨年、DeNA運営のキュレーション(情報まとめ)
メディアが、デマや著作権法違反の疑われる記事を乱発して大炎上したが、その陰
にはネット上で集められたフリーの外部ライターが買い叩かれている構造があった。
「自由」という言葉に覆い隠された無責任な契約や「やりがい搾取」
に飲み込まれてしまうリスクとどう向き合えばいいのか。
(ライター・タキガワマイコ)

● 第二新卒の間で「フリーランス希望者」が続出

「フリーランスのウェブライターになりたいんです」
新卒で就職した会社を数年内に辞めた「第二新卒」の再就職支援を行う人材サービス
会社UZUZ(東京都新宿区)の就業相談では、企業への就職ではなく「フリー」で
働きたいとの願望を口走る若者が後を絶たないという。

「フリーランスで食べていこうと思えば土日も定時も関係ない。病気になっても
有休もなければ、ボーナスもない。そもそも会社なら、何もできない新人にも最初
から仕事をくれるんですよ」。同社専務の川畑翔太郎さんは「現実」を説いて、
求人を案内することにしている。

「会社勤めがイヤだからフリーランス…という安易な若者が多すぎる」と川畑さんは
感じている。「やっぱり会社員は最高だったんだ」。大手メディアを昨年辞めて、
フリーのライター職を選んだ都内在住の女性(38)は、請求書の発行や税金の手続き、
仕事を得るまでの打ち合わせや面接など「時給の発生しない業務」の多さに焦りを
感じている。

5歳と2歳の息子たちが病気の時にも在宅で仕事ができる・・・と思ったが、
はかどらなければ無給の時間が積みあがるだけ。交通費や住居費補助、
通信費など、各種手当てのない月々の手取りは、思ったよりぐっと少ない。
親世代の理解のなさにも気が滅入る。「フリーで働くって、それはいいけど、
いつ就職するの?」。電話越しの実母の心配そうな声にいら立った。

● 実態は「電通超え」
「法定労働時間で考えると月の『残業時間』は120時間以上。電通超えですかね」
フリーランスでライターやウェブ編集者として仕事をしている、
あおみゆうのさん(36)は、フリーランス14年目のベテランだ。
月収は波があるとはいえ、多いときで100万円超、少ないとき
でもその半分はある。しかし、その働きぶりは生半可ではない。
平日は12時間、土日でも6時間は仕事をするという。

昨年末に母親を亡くした時も、前後の日に仕事を詰めて何とか葬儀の時間を空けたが、
終わった足で仕事場へ向かった。「まる1日間、まったく仕事をしない日は1年で1週間
くらい」と話す。「稼ぐ額が半分でいいなら労働も半分でもいい。でも、私は子供たち
を育てなくてはならないから」。あおみさんは3人の子供のいるシングルマザーとして、
覚悟を決めているが「だれにでも勧められる働き方ではない」。

●「ノマドワーカーブームの罪は重い」
8年前からフリーランスで生計を立てているウェブディレクターの男性(34)は
「ノマドワーカーブームの罪は重い」と指摘する。特定の組織に所属せず、
場所に囚われない働き方を指す「ノマド(遊牧民)ワーカー」は、
東日本大震災後の2012年ごろに、もてはやされた。個人ブログを
収益化するなど、フリーランスであることが多く、スターバックス
コーヒーでアップルのノートパソコンを叩くスタイルもお馴染みとなった。

しかしウェブディレクターの男性は「ブームに乗って会社を辞めていたら、
新製品を買えずに、分厚いノートパソコンのままなのでは」と皮肉る。
自身はディレクター業務のほか、インターネットビジネスやライター
など複数の職業を組み合わせて働いている。

フリーランス

【イメージ画像】
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ