『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.11.20

      衝撃

      1まとめらいぶ2017/08/22(火) 22:12:11.34ID:CAP_USER9.net
      木村拓哉(44)が8月2日の『マジガチランキング』(AbemaTV)で10代の男女が選ぶ
      「父親にしたくないタレント」の4位に選ばれ、業界関係者に波紋を呼んでいる。

       番組によると、木村は1位の坂上忍(50)、2位の梅沢富美男(66)、
      3位の石田純一(63)に続くという不名誉な順位。あとにも5位小出恵介(33)、
      6位渡辺謙(57)と周りは”お騒がせタレント”ばかりという結果に。

      SMAP解散騒動以後、何かと風当たりの強かった木村だが、『週刊女性』
      (8月1日号/主婦と生活社)の「抱かれたい男グランプリ2017」で1位の斎藤工(35)
      らに水を開けられたものの4位に留まっていた。ある映画関係者は「大きな調査
      ではないが」と前置きした上で「この数字はリアル」ゆえに深刻だという。

      「同番組はカンニング竹山(46)が司会のランキング番組で”大人の事情で操作された
      マスコミ情報”へのアンチを謳っている。芸能界と利害関係の薄いAbemaTVとあって
      集計自体はタイトル通りの”ガチ”。民放バラエティ番組では”天下のキムタク様”と
      持ち上げられて出演してますが、今後中心的な視聴層となるT層(13~19歳の男女)
      の子どもたちは木村拓哉のことを、”お騒がせおじさんタレント”という認識で見て
      いる可能性が浮き彫りになった。地上波ではとても放送できない
      衝撃的なランキングです」

       ちなみに木村は「父親にしたいランキング」でも20位にすら入っていない。
      木村の全盛期を知る世代では人気を維持しているが、ティーンにとっては
      SMAP騒動で叩かれている印象しかないのか。キャスティングに携わる別の
      ドラマ関係者は、今後のキムタクの「立ち位置」にも厳しい予想をしている。

      【Daily News Online】
       http://dailynewsonline.jp/article/1347269/
      【【芸能】木村拓哉、お騒がせ中年タレントに混じり『父親にしたくない4位』の衝撃。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/13(火) 20:21:40.83ID:PGNN3ope0 BE:878898748-PLT(16000)
      アメリカの受刑者が実は犯人ではなく、激似は真犯人が見つかったという衝撃の事件が
      報告された。ミズーリ州カンザスシティに住むリチャード・ジョーンズ(41)は、1999
      年にカンザスロールランドパークのウォルマートの駐車場で女性を暴行しバッグ強奪
      した容疑で起訴され懲役19年を言い渡された。

      ジョーンズは事件が起きた時、ガールフレンドの家にいたとアリバイを主張したが裁判
      でその主張は受け入れらなかった。

      大まかに事件当時を記憶していた被害者とウォルマート警備員がジョーンズを犯人に間
      違い無いと目星をつけ、多くの目撃証言から犯人となってしまった。ただ事件現場には
      指紋やDNAは一切出てこず、目撃者の証言だけが頼りだった。

      そんなある日、カンザスランシング矯正センターで15年以上収監していたジョーンズに
      別の受刑者が情報提供してきた。「あなたに似たような受刑者がほかの刑務所にいる」
      と伝えたのだ。

      ジョーンズはその人の写真を見て驚愕した。顔立ちはもちろん、肌色やヘアスタイル
      までそっくりそのままだったのだ。二重やヒゲの生え方まで同じで、区別するのが難
      しいほどだった。

      ジョーンズはカンザス大学のロースクールの無罪証明探査グループである「ミッドウ
      エストイノセンス」所属の弁護士アリスクレイグと接見。

      クレイグ弁護士は、ジョーンズのアリバイは確かで、更に無罪を証明するために証拠
      集めに走り回ってくれたという。調査の結果、ジョーンズとそっくりの人のリッキー
      アモス(40)という歳が1歳だけ異なる身長183センチ、体重91キロの男性が特定
      された。

      (つづく)

      【ゴゴ通信】
       http://gogotsu.com/archives/30192



      【【衝撃】犯人に激似という理由で17年間も獄中生活していた男性、警察『ほんまに激似やな、めんごw』。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/12(日) 17:43:57.77ID:CAP_USER.net
      2月25日付日本経済新聞は「ダスキンは2020年度までに、『ミスタードーナツ』の
      約4割に相当する500店でドーナツの店内調理をやめる」と報じた。
       
      店内調理をやめて喫茶店形式への変更、持ち帰り専門店への切り替えを進める方針だ。
      こうすることで確かに人件費や設備費を抑えることができる。店内調理は人件費や
      技術習得の教育費がかかる。店内調理用の設備導入には費用がかかり、
      メンテナンスなどの維持費用もかかる。経費削減を進める狙いがあるといえる。

       ミスドを主力とするダスキンの外食事業は低迷している。本業の儲けを示す営業
      損益は、2014年3月期が4億円の赤字、15年3月期が2億円の赤字、
      16年3月期が14億円の赤字で、3期連続の赤字だ。

      (中略)

      15年10月31日付日本経済新聞は「『ミスタードーナツ』を運営するダスキンは30日、
      店舗の大規模改装に乗り出す考えを示した。店の外からドーナツを調理している様子を
      見えるようにして、店内への来店を促す。今後5年間で全国1300店のうち最大で
      1千店舗の改装を目指す」と報じていた。

       全1300店の8割近くになる1000店を、調理が見えるように改装する計画だった。
      しかし、500店で調理をやめるという発表からすると、大規模改装計画は中止または
      変更することになるわけで、大きな方針転換といえるだろう。店内調理による
      できたてというセールスポイントを強化することよりも、経費削減と
      業態転換を優先させることを意味している。

      ミスドがミスドではなくなる?

       外食産業の潮流として、調理の様子が見えるつくりの店舗は増えている。消費者の
      食の安全・安心に対する関心の高まりに加え、調理の様子を見て楽しむアミューズ
      メント性が支持されているのだ。ミスドで、ドーナツができる工程を見て楽しむ
      消費者は少なくなかったはず。

      しかし、500店で調理をやめるのであれば、多くの人が楽しみを奪われることになる。

       さらに、大きな問題となるのがミスドのブランドイメージの低下だろう。
      実質的においしさが低下すること以上に、「ミスドが手づくりをやめた」という
      マイナスイメージが消費者に根づいてしまうことの影響は大きい。店内調理を
      やめるのが500店という実態以上のイメージ毀損が懸念される。

       近年、セブン-イレブンやローソンなどのコンビニエンスストア各社がレジ横で
      ドーナツを本格的に販売していることも、ミスドの業績を悪化させる要因となって
      いた。ただ、ミスドはできたてを売りにすることで、コンビニドーナツにはない
      差別化されたドーナツを提供することができていた。「コンビニドーナツは
      おいしくないが、ミスドのドーナツはおいしいから、買うならミスド」と
      考える消費者は少なくなかった。

       そうしたなかで、店内調理を縮小してしまえば、「ミスドのドーナツはコンビニ
      ドーナツと変わらなくなった」と思う消費者が続出するだろう。そういった認識が
      広がってしまったら、ミスドがミスドではなくなってしまう。一度定着してしまった
      イメージは、簡単には払拭できない。取り返しのつかない事態に陥る恐れがある。

       一方、ドーナツ市場は厳しい環境下にある。かつて大行列ができる店として話題に
      なったクリスピー・クリーム・ドーナツは、販売の苦戦により多くの店舗の閉鎖を
      余儀なくされた。ミスドも例外ではなく、厳しい状況にある。売りがドーナツだけ
      では生き残れないともいえる。喫茶店形式への変更、持ち帰り専門店への切り替え
      は避けて通れないのかもしれない。

       ただ、ミスドはあくまでもドーナツ店だ。そのドーナツにブランド力がなければ、
      業態転換を推し進めても消費者には支持されないだろう。できたての代わりとなる
      ポジティブな特長がドーナツに付加されなければ、マイナスの印象だけしか残らない。

       つまり、ミスドは今までより付加価値のあるドーナツを提供する必要がある。
      たとえば、ファミリーマートとライザップが共同で糖質制限(低糖質)の商品を
      発売して話題になったが、似たような形で低糖質ドーナツやトランス脂肪酸が
      含まれないドーナツを開発するのもひとつの手だ。つまり、ドーナツそのものに、
      まだ改良の余地があるのではないだろうか。
       
      ミスドは業績が低迷し、迷走している。それでも筆者はミスドに、
      おいしいドーナツを提供してくれることを期待したい。

      (文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント)

      【BJ】
       http://biz-journal.jp/2017/03/post_18248.html

       Copyright c Business Journal All Rights Reserved.

      菓子パン

      【イメージ画像】
      【【外食】『ミスド』店内調理廃止の衝撃…コンビニドーナツとの違いが消滅、存在意義がなくなる。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/07/02(土) 16:32:55.05ID:CAP_USER.net
      現代 ビジネス

      マンションは地域の「シンボル」。その価格次第で、
      周辺の地価、戸建て価格も左右される。

      そんなマンションの詳細な未来図を見ることで、
      将来のニッポンの不動産の「全貌」が浮かび上がってきた。

      湾岸のタワマンは壊滅へ
      東京オリンピックが開催される2020年にかけての不動産市場は、エリアによって
      「明暗」が色濃くわかれる激動の時代へ突入する。「都心の住宅地はこれまで
      『西高東低』と言われていました。西の東急沿線や中央線沿線などと、東の下町
      エリアで人気差がありましたが、変化が起きています。東急沿線でもエリアに
      よっては空き家が目立つ一方、墨田区や荒川区でも開発が進み、地価が
      上昇する地点が見られています。今後はこうした新しい『優勝劣敗』がさま
      ざまなエリアで起こるでしょう。新築マンションの供給は2020年まで高水準
      で推移するとみられ、エリアやカテゴリーによっては供給過剰になりかねない。
      立地、構造から景観までさまざまな要素で比較されることで、価格が上昇する
      物件と下落する物件の差が大きく広がっていくでしょう」

      (ニッセイ基礎研究所主任研究員の増宮守氏)

      それでは、どこが上がり、どこが下がるのか。

      本誌は今回、史上初の大調査を敢行した。

      不動産価格推定サービス『GEEO』を用いて、東京23区内の人気マンション

      117物件

      について現在から2020年にかけての価格の推移を予測し、その詳細な
      結果をもとに「不動産の未来」がどのような姿になるかを徹底分析した。

      その調査結果は不動産業界が大きな声では語れない
      「真実」を赤裸々に示すものとなったが、詳細については
      後述するとして、まずはどのように予想価格を弾き出したか
      を説明しておこう。

      今回、価格予測を行った『GEEO』開発者で株式会社おたに代表取締役の
      小谷祐一朗氏が語る。「『GEEO』は、莫大な数のビッグデータを使って現在
      から未来の不動産価格を予測計算することができます。利用するデータは、
      路線価、国勢調査、住宅・土地統計調査など官公庁のオープンデータに加えて、
      過去の不動産売買の成約価格、駅からの距離、建物の面積、マンションの
      ブランド価値まで含みます。さらに、それぞれの土地の地価推移データも
      駆使して、

      1000

      を超えるデータから、人工知能が不動産の価格を予測します。

      人工知能が決められた計算式で導き出すので、恣意性が極力排除されて、
      人間が弾き出すよりも客観的な結果になります」そうして算出された結果を
      まとめたのが、本文最後からの表である。まず驚きなのが、
      「マンションブーム」の象徴である湾岸エリアが軒並み
      壊滅状態となっていること。マンション評論家の
      榊淳司氏が指摘する。

      「中央区の勝どき、月島や江東区の豊洲、有明などのタワーマンションで
      1割以上の暴落が予想されていますが、実はこれは業界内では『既定路線』と
      されているシナリオです。これまで買い漁っていた海外投資家が去り始め、
      相続税対策で盛り上がった富裕層による購入も下火。ブームはすでに
      終焉に向かっているのに、今後も新規物件が次々に建てられるため、
      供給過剰感から価格下落は必至と見られている」

      不動産エコノミストの吉崎誠二氏も言う。

      「湾岸エリアは開発が集中して進み価格高騰の勢いもすごいのですが、
      これまでの例から考えると、こうしたエリアでは落ちる時もかなりの暴落
      となる。同じく急激な開発で価格高騰したエリアでいうと、二子玉川や中目黒も
      『危険信号』です」言い換えれば、これまで過大評価されてきたエリアは今後の
      下落リスクが高いということだ。実は、高級住宅街の代名詞とされるあの田園
      調布も、「要注意エリア」。みずほ証券上級研究員の石澤卓志氏が指摘する。
      「田園調布はこれまで地区計画で小型物件を規制することで、巨大豪邸が立ち
      並ぶ住宅街としてのスターテスを保ってきました。しかし、現在は多額の相続税
      の支払いのために区割りして土地を売却したい人が増加し、土地が分割される
      可能性が高まっている。街のステータスが崩れてしまえば、これまで過大評価
      されていた分の価値が剥がれ落ち、地価下落のリスクに直面しかねない」

      画像

      【【不動産】湾岸のタワマンは軒並み壊滅へ…2020年のマンション価格、人工知能が衝撃の予想。】の続きを読む

        このページのトップヘ