『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      自転車

      1まとめらいぶ2017/07/20(木) 17:37:01.93.net
      世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」の出場選手が20日までに、
      レース後の自身の脚を撮った画像をソーシャルメディアに投稿した。日に焼けた皮膚や
      一面に浮き上がった血管などが競技の過酷さを強く印象付けるとして大きな反響を
      呼んでいる。

      画像を投稿したのはドイツのチーム、ボーラ・ハンスグローエに所属するポーランド人の
      パヴェル・ポリャンスキー選手。18日に行われたツールの第16ステージの後、自らの
      両脚を撮影し、インスタグラムに公開した。

      太ももからくるぶしにかけて血管がくっきりと浮かび上がり、レース中強い日差しにさら
      されるひざの部分は茶色く焼けている。自転車界で最も栄誉あるレースに挑む上で、アス
      リートの肉体が日々どれほどの負担に耐えているかが一目でわかる画像だ。

      27歳のポリャンスキー選手は画像に添えて、「16ステージを走り終え、自分の両脚は
      見たところ少し疲れ気味のようだ」とコメントした。

      104回目を数える今年のツール・ド・フランスには198人の選手が参加。23日間に
      わたり全21ステージを走破する。総走行距離は3540キロ。険しい山岳コースも含ま
      れるが、全日程中休息日は2日しかない。

      19日には第17ステージが行われる。ポリャンスキー選手は現在個人総合順位で75位。
      所属するボーラ・ハンスグローエは22チーム中18位だ。

      大会は23日に閉幕する。

      【CNN】 
       https://www.cnn.co.jp/showbiz/35104491.html

      画像

      【【自転車】『ツール・ド・フランス』選手がレース後の『脚』画像を公開】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/30(火) 20:54:05.64ID:CAP_USER.net


      「glafit」の外見は一般的な小径ホイールの折りたたみ自転車。しかしよく見ると
      サドルの下にナンバープレートがついている。ウインカーやテールランプ、
      ミラーもついている。なんだこれは?

      「glafit」は本体重量わずか18kgながら、電動走行距離約45kmも走れる電動バイク。
      10.2Ahの大容量バッテリーカートリッジはフレーム内部に収納されており、自転車を
      折り畳んだ状態で出し入れ可能。乗車するには原付一種の免許が必要となり、当然
      道路を走行する際も原付バイクと同じルールを守らねばならない。最高速度は
      約30km/hで、前後ホイールには制動力の高いディスクブレーキを搭載。

      操作はとても簡単で、自転車に乗れる人ならば誰でも乗れるだろう。ハンドルに
      ついているスロットルを回すだけで後輪に搭載されたインホイールモーターが
      駆動し、ペダルをこぐことなく進んでいく。記者会見後に行われた試乗会で
      筆者が持った感想は「楽しい!」だった。

      電動バイクなので勝手に進むのは当たり前なのだが、見た目が普通の自転車なのに
      グイグイ加速していくのがおもしろい。電動アシスト自転車の場合は多少はチカラ
      を入れてペダルを漕がなければ進まないが、「glafit」はスロットルを回すだけで
      進む。移動手段としてはもちろん、乗って遊べる大人のオモチャとしても
      欲しくなる製品だ。

      さらに「glafit」は自転車のようにペダルがついているので、急な坂道などモーター
      のパワーが足りなくなったときに便利。脚のチカラをモーターの補助に使うだけで
      なく、スロットルを使わずにペダルだけで進むことも可能だ。

      鳴海氏は自転車と同じようにも使えるようにしたことについて、「バッテリーが
      切れてしまったらどうしよう……、という心配から解放されます」と語る。さらに
      鳴海氏は、「会社に出勤するときは電動バイクモードで通勤し、退社時はトレー
      ニングのために自転車モードで帰宅するような使い方ができる」と具体的な
      使用例を紹介し、運動不足の現代人にアピールした。

      「glafit」は単なる電動バイクではなく、さまざまな電子装備を搭載しているのも
      おもしろい。なかでも「ガジェット好き」だという鳴海氏のこだわりが、
      オプションでハンドル部につけられるUSBポート(2.1A出力)。
      スマホをカーナビ代わりに使っている人にとって嬉しい機能だ。
      さらに後輪についているロックは指紋認証。管理者3人とその他17人分の指紋を
      登録できるので、鍵を忘れても乗車できる。また、新幹線などで移動するとき
      のために使う専用ケースも開発中。旅先まで公共機関を使い、到着したら
      バイクでツーリングするのも楽しそうだ。

      とても魅力的なハイブリッドバイク「glafit」は、5月30日 15時からサイバー
      エージェント・クラウドファンディング「Makuake」にて先行販売中。

      カラーは全4種類
      (ホワイトツートン、スーパーブラック、ファッションカーキ、ミカンオレンジ)。
      クラウドファンディングでの価格は112,500円(税込み)で、2017年9月中の配送予定。
      なお、一般販売はクラウドファンディング終了後に行われる。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000042-rps-ind
      【【製品】自転車と電動バイクが合体、楽しいハイブリッドバイク『glafit』先行販売スタート。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/25(火) 19:48:15.54ID:CAP_USER.net
      台湾の世界的自転車メーカー「ジャイアント」が、仙台市若林区の荒井東地区に東北初
      の直営店を開くことが24日、分かった。9月16、17日にある自転車の復興支援イ
      ベント「ツール・ド・東北2017」(河北新報社、ヤフー主催)前日の15日に開店
      する。

       予定地は市地下鉄東西線荒井駅の南約150メートルで、ライブホール「仙台ギグス
      」の東側。約600平方メートルの敷地を所有する宮城野区の企画会社が鉄骨2階、延
      べ床面積約500平方メートルの店舗を建て、ジャイアントがテナント入居する。

       1階に「ジャイアント」ブランド、2階は同社の女性向けブランド「リブ」の専門店
      が入り、自転車やウエアなどを扱う。1階に国内7店舗目のレンタサイクル拠点を設け
      、東日本大震災の被災地を巡るサイクルツアーなどを開催する。

       創業者の劉金標会長は昨年8月、訪台した村井嘉浩宮城県知事に対し、同県内への直
      営店開設を表明していた。東北には北上、いわき両市にフランチャイズ店舗がある。同
      社はツール・ド・東北のテクニカル・サプライヤーパートナーを務めている。

       荒井東地区には災害公営住宅や防災集団移転団地が整備され、多くの被災者が移り住
      んでいる。同社日本法人は「復興と荒井のまちづくりの一助になればうれしい」と話し
      た。

      【河北新報】
       http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170425_12026.html



      【【自転車】『ジャイアント』仙台に直営店、9月開店。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/17(月) 23:16:39.60ID:CAP_USER.net




      ブリヂストンとブリヂストンサイクルは4月17日、空気が不要な自転車用タイヤを開発
      したと発表した。2019年の実用化を目指す。

       空気入れを不要にする独自技術「エアフリーコンセプト」の実用化に向けた取り組み
      の1つ。特殊形状の樹脂製スポークで荷重を支えることで空気を不要にした。

      空気を入れて膨らませるチューブが不要で、パンクの心配がないのが特徴。リサイクル
      できる樹脂やゴムを材料として使用でき、デザインの自由度も高く、従来にない次世代
      型自転車を提案できるという。

      2013年に発表した、自動車用の空気不要タイヤ

       イベントなどで一般ユーザーに試乗してもらい、意見を取り入れながら実用化に向け
      た検討を進める。

      【IT media ビジネス】
       http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1704/17/news105.html
      【【技術】ブリヂストン、空気不要の自転車タイヤ開発。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/15(土) 08:36:20.20ID:CAP_USER.net


      「Chainless」は、その名前の通り、チェーンのない自転車。米国フロリダ州在住の
      Sean Chan氏が開発した。

      後輪を直接漕ぐ機構を採用

      後輪に取り付けられたペダルを直接漕ぐ仕組み。
      これは、1880年ごろに流行した、「ペニー・ファージング」に似ている。
      「ペニー・ファージング」はチェーンを使用した後輪駆動自転車の登場によって姿を
      消したが、それが21世紀によみがえったとも言えるだろう。

      変速機がないため、前輪を大きくして高速走行可能とした

      「ペニー・ファージング」では、ペダル一踏みで前進できる距離が、車輪の直径に
      比例していた。このため、速度を上げるには車輪の直径を大きくするしかなかった。

      だが「Chainless」では、ペダルの取り付けられた後輪には変速機が取り付けられて
      おり、「ペニー・ファージング」のように巨大な車輪がなくても、高速走行が可能に
      なっている。「ペニー・ファージング」の苦手な登坂も可能だ。

      チェーンがないことを活かし、後輪の向きを前輪同様に自由に変更可能とした。
      通常は一般的な自転車同様、後輪の向きは固定されている。だがレバー操作で後輪の
      向きを変えられる「RTSモード」に変更可能。このモードは一般的な自転車以上に小
      回りが得意で、狭い場所でのUターンなどができるようになる。

      チェーンがないため、チェーンへの注油などのメンテナンスが楽になった。
      また、段差を超えるときに衝撃でチェーンが外れるということもない。ズボンのすそ
      がチェーンの油で汚れる心配もないだろう。これらの特性から、通勤用の自転車にぴ
      ったりと考えられる。

      チェーンがないため、サドルは後輪上に取り付けられる構造となった。
      このサドル位置では、人によっては特殊なライディングポジションに適応しにくいか
      もしれない。これに対応するために、サドルには前後にスライドする機構が取り付け
      られた。

      サイズは20インチ、24インチ、26インチの3種類。カラーはマットブラック、ガンメ
      タリック、カーボンファイバー風などから選択できる。

      当面は米国のみでの販売を予定。米国での予定価格は999ドル程度となる見込み。
      日本市場への参入についてSean Chanさんに問い合わせたところ、
      日本のサイクルコミュニティからの強い要望があれば、十分にありうるとの回答を
      得た。購入したいと思う方は、ChinlessのWebサイトから要望を送ってみても良い
      かもしれない。

      【インターネットコム】
       https://internetcom.jp/202500/chainless-bicycle
      【【製品】チェーンのない自転車『Chainless』後輪を直接漕ぐ】の続きを読む

        このページのトップヘ