『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.31

      自転車

      1まとめらいぶ2017/04/25(火) 19:48:15.54ID:CAP_USER.net
      台湾の世界的自転車メーカー「ジャイアント」が、仙台市若林区の荒井東地区に東北初
      の直営店を開くことが24日、分かった。9月16、17日にある自転車の復興支援イ
      ベント「ツール・ド・東北2017」(河北新報社、ヤフー主催)前日の15日に開店
      する。

       予定地は市地下鉄東西線荒井駅の南約150メートルで、ライブホール「仙台ギグス
      」の東側。約600平方メートルの敷地を所有する宮城野区の企画会社が鉄骨2階、延
      べ床面積約500平方メートルの店舗を建て、ジャイアントがテナント入居する。

       1階に「ジャイアント」ブランド、2階は同社の女性向けブランド「リブ」の専門店
      が入り、自転車やウエアなどを扱う。1階に国内7店舗目のレンタサイクル拠点を設け
      、東日本大震災の被災地を巡るサイクルツアーなどを開催する。

       創業者の劉金標会長は昨年8月、訪台した村井嘉浩宮城県知事に対し、同県内への直
      営店開設を表明していた。東北には北上、いわき両市にフランチャイズ店舗がある。同
      社はツール・ド・東北のテクニカル・サプライヤーパートナーを務めている。

       荒井東地区には災害公営住宅や防災集団移転団地が整備され、多くの被災者が移り住
      んでいる。同社日本法人は「復興と荒井のまちづくりの一助になればうれしい」と話し
      た。

      【河北新報】
       http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170425_12026.html



      【【自転車】『ジャイアント』仙台に直営店、9月開店。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/17(月) 23:16:39.60ID:CAP_USER.net




      ブリヂストンとブリヂストンサイクルは4月17日、空気が不要な自転車用タイヤを開発
      したと発表した。2019年の実用化を目指す。

       空気入れを不要にする独自技術「エアフリーコンセプト」の実用化に向けた取り組み
      の1つ。特殊形状の樹脂製スポークで荷重を支えることで空気を不要にした。

      空気を入れて膨らませるチューブが不要で、パンクの心配がないのが特徴。リサイクル
      できる樹脂やゴムを材料として使用でき、デザインの自由度も高く、従来にない次世代
      型自転車を提案できるという。

      2013年に発表した、自動車用の空気不要タイヤ

       イベントなどで一般ユーザーに試乗してもらい、意見を取り入れながら実用化に向け
      た検討を進める。

      【IT media ビジネス】
       http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1704/17/news105.html
      【【技術】ブリヂストン、空気不要の自転車タイヤ開発。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/15(土) 08:36:20.20ID:CAP_USER.net


      「Chainless」は、その名前の通り、チェーンのない自転車。米国フロリダ州在住の
      Sean Chan氏が開発した。

      後輪を直接漕ぐ機構を採用

      後輪に取り付けられたペダルを直接漕ぐ仕組み。
      これは、1880年ごろに流行した、「ペニー・ファージング」に似ている。
      「ペニー・ファージング」はチェーンを使用した後輪駆動自転車の登場によって姿を
      消したが、それが21世紀によみがえったとも言えるだろう。

      変速機がないため、前輪を大きくして高速走行可能とした

      「ペニー・ファージング」では、ペダル一踏みで前進できる距離が、車輪の直径に
      比例していた。このため、速度を上げるには車輪の直径を大きくするしかなかった。

      だが「Chainless」では、ペダルの取り付けられた後輪には変速機が取り付けられて
      おり、「ペニー・ファージング」のように巨大な車輪がなくても、高速走行が可能に
      なっている。「ペニー・ファージング」の苦手な登坂も可能だ。

      チェーンがないことを活かし、後輪の向きを前輪同様に自由に変更可能とした。
      通常は一般的な自転車同様、後輪の向きは固定されている。だがレバー操作で後輪の
      向きを変えられる「RTSモード」に変更可能。このモードは一般的な自転車以上に小
      回りが得意で、狭い場所でのUターンなどができるようになる。

      チェーンがないため、チェーンへの注油などのメンテナンスが楽になった。
      また、段差を超えるときに衝撃でチェーンが外れるということもない。ズボンのすそ
      がチェーンの油で汚れる心配もないだろう。これらの特性から、通勤用の自転車にぴ
      ったりと考えられる。

      チェーンがないため、サドルは後輪上に取り付けられる構造となった。
      このサドル位置では、人によっては特殊なライディングポジションに適応しにくいか
      もしれない。これに対応するために、サドルには前後にスライドする機構が取り付け
      られた。

      サイズは20インチ、24インチ、26インチの3種類。カラーはマットブラック、ガンメ
      タリック、カーボンファイバー風などから選択できる。

      当面は米国のみでの販売を予定。米国での予定価格は999ドル程度となる見込み。
      日本市場への参入についてSean Chanさんに問い合わせたところ、
      日本のサイクルコミュニティからの強い要望があれば、十分にありうるとの回答を
      得た。購入したいと思う方は、ChinlessのWebサイトから要望を送ってみても良い
      かもしれない。

      【インターネットコム】
       https://internetcom.jp/202500/chainless-bicycle
      【【製品】チェーンのない自転車『Chainless』後輪を直接漕ぐ】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/01/20(金) 21:59:44.84
      セオフェスに集まった自慢のこだわりバイクをピックアップ~女性編~

      千葉県袖ヶ浦市にあるサーキット、袖ヶ浦フォレストレースウェイ
      にて開催されたセオサイクルフェスティバル。

      お祭りのような一日に集まった女性たちのバイクを紹介していきます。





      JC









      【シクロワイアード】
       http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/220677
      【【自転車】とある走行会に集まった女性達と自転車の画像がこちら】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/10/22(土) 12:41:01.41ID:CAP_USER.net
      【乗り物ニュース】
       http://trafficnews.jp/post/58948/



       2016年10月20日(木)、「リカンベント」という自転車での死亡事故が起きました。
      亡くなられた漫画家 小路啓之さんのご冥福を深くお祈りいたします。

       この「リカンベント」という自転車、聞きなれない人も多いのではないでしょうか。
      端的に説明するなら「シートに寝そべる、もしくは、もたれかかるような姿勢で乗る自転車」
      といえるでしょう。このような形で注目を集めてしまったことは、個人的
      (守宮尚志:ポタリング・ライター)にも至極残念なのですが、今回はこの
      「リカンベント」がどのような自転車なのかを綴っていきたいと思います


      「リカンベント」最大の特徴は、まず「見た目」でしょう。おおよそ自転車とは思えない
      乗車方法、いうなれば路上でサマーベッドに寝転がっているような姿は、ほかのどの
      自転車とも異なるものです。そして、とにかく「速い」です。筆者はロードバイクにも
      乗るのですが、乗り慣れていそうなリカンベントのライダーさんには、道を譲ります。
       この一見、無関係そうな「見た目」と「速度」。これこそが最も密接につながった
      、リカンベント最大の特徴だと考えています。

       自転車に限ったことではありませんが、速度を出すものは常に空気抵抗と戦うことが
      多いかと思います。自動車や新幹線、飛行機における流線形も、その観点から生まれた
      部分が多くあるでしょう。しかし、自転車においては乗車する人間の、人体そのものの
      形を変えることは困難であり、姿勢を変えることで空気抵抗を減じるしかありません。
       ロードバイクなどではハンドルの下側を持ち、前傾姿勢を強めることである程度、
      空気抵抗を軽減することは可能ですが、それでも地面と垂直に立った人体は、
      大きな空気抵抗を受ける要素になってしまいます。

       しかし、地面とできる限り水平に乗車すれば、著しく空気抵抗が下がるはず。
      これを体現するのがリカンベントであり、とにかく「速い自転車」だといえる
      根拠になっています。

       もちろん、いついかなる場合でも最速、ということにはなりません。
      リカンベントの弱点は「登り」といわれています。通常の自転車であれば、
      立ちこぎで全体重をかけてペダルを踏み込むことができますが、
      リカンベントでは、それが非常に難しくなっています。つまり、
      登りや静止状態からの漕ぎ出しなどは、リカンベントにとって
      不利な状況ということです。

       また、その著しく特徴的な乗車姿勢は、通常の自転車と比べ多くの違いをもたらします。
      一般的にですが、「遠方は確認しやすい反面、足元が見づらい」「楽な姿勢で疲れにくいが、
      段差やギャップの吸収がしづらい」「高速安定性に比べて低速での安定が難しい」
      「自動車などから見えにくいため、旗などを立てる必要がある」といった、
      さまざまなメリット、デメリットが存在します。
      【【自転車】死亡事故も発生『リカンベント』の危険性】の続きを読む

        このページのトップヘ