タグ:自転車

1:まとめらいぶ 2018/10/01(月) 21:35:37.35 ID:CAP_USER9
◇山口の道の駅に1週間滞在 支配人の頼みに気軽に応じて

 大阪府警富田林署から逃げた樋田淳也(ひだ・じゅんや)容疑者(30)=加重逃走容疑で再逮捕=が、
山口県周防大島町の道の駅「サザンセトとうわ」に約1週間滞在していた。道の駅の支配人の記念撮影にも
素顔をさらして気軽に応じ、「必ず日本一周を達成します」などと記した置き手紙も偽名で残していた。
府警は、自転車旅行者であることを大胆に装うことで、逃走の発覚を免れようとしていたとみて調べている。

 支配人の岡崎竜一さん(54)によると、樋田容疑者は9月18日朝に自転車で道の駅を訪問。
「日本一周中で、3カ月前に和歌山を出発した」と話し、近くの海で素潜りして牡蠣(かき)などを
取って楽しみ、26日まで宿泊したという。9月初旬に香川県観音寺市で出会った男(44)も一緒にいた
という。日本一周を応援しようと、岡崎さんが記念撮影を提案すると、樋田容疑者は素顔をさらして
気軽に応じた。普段は常にサングラスをしていたという。

 道の駅を立ち去る際、樋田容疑者は岡崎さん宛てに置き手紙を残した。
「周防大島での最高の思い出ができた。この旅でいろいろなことを学び、今後の生活の糧にしたい。
頂いた声援をパワーに、日本各地を走り抜ける」
と記載。結びには、「和歌山発クロスバイクで日本一周出会い旅」「写真第1号櫻井潤弥より」と
偽名が使われていた。

 一方、樋田容疑者は山口県周南市の道の駅で万引きしたとして現行犯逮捕される前日、約50キロ
南東に離れた同県上関町の道の駅「上関海峡」でも、1日4回以上、食料品を万引きした疑いがある
ことが明らかになった。樋田容疑者とみられる男が少なくとも4回来店。店内の防犯カメラには毎回、
食料品を服の中に隠すなどして万引きする様子が映っていた。被害品はたこ飯や天ぷらなど7点
(約1800円相当)に上るという。

 府警は、樋田容疑者が野宿などをしやすい道の駅を使って長期間逃走していたとみて、
詳しい経緯を調べている。

【村田拓也、伊藤遥、土田暁彦】

毎日新聞

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000047-mai-soci

自転車で道の駅を訪れた樋田淳也容疑者=山口県周防大島町で2018年9月25日、
岡崎竜一さん提供

no title

no title

no title

no title

道の駅を訪れた樋田淳也容疑者が支配人の岡崎竜一さんに宛てた手紙のコピー。
「最高の思い出ができました」などと謝意をつづった

no title

引用元: 【富田林逃走】「ただ今、自転車で日本一周中」 樋田容疑者、笑顔で写真(画像あり)

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/09/25(火) 19:03:43.887 ID:CF1vSJxy0
no title

アルベルト4万円

後期の通学の友やで

引用元: 【画像】大学生俺氏、ついに自転車を納車するwwwww

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/01/16(火) 19:05:18.64 ID:fyCsn3Pt0● BE:645596193-2BP(2000)
【大分】自転車で通学中に…軽乗用車に追突され女性高校生が重体

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00010000-oabv-l44

16日、大分市で軽乗用車が自転車に追突する事故があり自転車に乗っていた女子高校生が
意識不明の重体です。警察と消防によりますと午前7時過ぎ、大分市明野北の市道で軽乗
用車が同じ方向に向かっていた自転車に追突しました。

自転車に乗っていたのは、大分舞鶴高校3年の女子高校生で市内の病院に搬送されました
が全身を強く打ち意識不明の重体です。女子生徒は通学途中でした。 警察は、車を運転
していた大分市の会社員神田好博容疑者(68)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕していま
す。現場は片側2車線の見通しの良い直線道路で警察が詳しい事故の原因を調べています。

引用元: 寒い中頑張って通学してる自転車の女子高生を後ろからがっつりと轢いて意識不明にした車カス逮捕 大分

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/09/19(火) 07:56:42.88ID:CAP_USER9.net
山梨県笛吹市御坂町藤野木の県道で15日午後1時半ごろ、BSスカパー!のドラマ
「弱虫ペダルSeason2」(金曜後9・00)の撮影のため自転車に乗り、縁石
に衝突して転倒する事故を起こした俳優の滝川英治(38)について、所属事務所は
18日、脊髄損傷と診断されたことを発表した。現在も病院で治療中。今後、本人の
回復状態により、リハビリに移る。ドラマは予定通り放送。10月の舞台「SHOW
 BY ROCK!!」は降板する。

 公式ホームページで報告したもので、滝川は事故後、ドクターヘリで現場から搬送
され、すぐに手術を受けたものの、脊髄損傷と診断された。現在も病院で治療中で
「1日も早く皆さまの前に元気な姿で戻れるよう、しばらくの間、治療に専念させて
いただければと思います」とした。

 「弊社も大変心を痛めており、本人の回復を祈るとともに、本人をサポートし、
最善を尽くしたいと思っております。この度の事故でファンの皆さま、関係各位の
皆さまに、ご迷惑やご心配をおかけしましたことを心よりおわび申し上げます」
と謝罪。

 「弱虫ペダルSeason2」については、本人と家族の意思を確認・尊重した上、
予定通り放送を行う。出演予定だった舞台「Live Musical
『SHOW BY ROCK!!』―深淵のCrossAmbivalence―」
(10月19~29日、AiiA 2・5 Theater Tokyo)は降板する
ことも発表した。

 最後は「今後、本人の回復状態により、リハビリに移っていきます。変わらぬ皆さま
からのご支援を頂ければ、本人の励みにもなると思います。わがままなお願いですが、
引き続き、滝川英治を応援頂けましたら幸いです」と呼び掛けた。

スポニチ

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000149-spnannex-ent


続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/20(木) 17:37:01.93.net
世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」の出場選手が20日までに、
レース後の自身の脚を撮った画像をソーシャルメディアに投稿した。日に焼けた皮膚や
一面に浮き上がった血管などが競技の過酷さを強く印象付けるとして大きな反響を
呼んでいる。

画像を投稿したのはドイツのチーム、ボーラ・ハンスグローエに所属するポーランド人の
パヴェル・ポリャンスキー選手。18日に行われたツールの第16ステージの後、自らの
両脚を撮影し、インスタグラムに公開した。

太ももからくるぶしにかけて血管がくっきりと浮かび上がり、レース中強い日差しにさら
されるひざの部分は茶色く焼けている。自転車界で最も栄誉あるレースに挑む上で、アス
リートの肉体が日々どれほどの負担に耐えているかが一目でわかる画像だ。

27歳のポリャンスキー選手は画像に添えて、「16ステージを走り終え、自分の両脚は
見たところ少し疲れ気味のようだ」とコメントした。

104回目を数える今年のツール・ド・フランスには198人の選手が参加。23日間に
わたり全21ステージを走破する。総走行距離は3540キロ。険しい山岳コースも含ま
れるが、全日程中休息日は2日しかない。

19日には第17ステージが行われる。ポリャンスキー選手は現在個人総合順位で75位。
所属するボーラ・ハンスグローエは22チーム中18位だ。

大会は23日に閉幕する。

【CNN】 
 https://www.cnn.co.jp/showbiz/35104491.html

画像

続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/30(火) 20:54:05.64ID:CAP_USER.net


「glafit」の外見は一般的な小径ホイールの折りたたみ自転車。しかしよく見ると
サドルの下にナンバープレートがついている。ウインカーやテールランプ、
ミラーもついている。なんだこれは?

「glafit」は本体重量わずか18kgながら、電動走行距離約45kmも走れる電動バイク。
10.2Ahの大容量バッテリーカートリッジはフレーム内部に収納されており、自転車を
折り畳んだ状態で出し入れ可能。乗車するには原付一種の免許が必要となり、当然
道路を走行する際も原付バイクと同じルールを守らねばならない。最高速度は
約30km/hで、前後ホイールには制動力の高いディスクブレーキを搭載。

操作はとても簡単で、自転車に乗れる人ならば誰でも乗れるだろう。ハンドルに
ついているスロットルを回すだけで後輪に搭載されたインホイールモーターが
駆動し、ペダルをこぐことなく進んでいく。記者会見後に行われた試乗会で
筆者が持った感想は「楽しい!」だった。

電動バイクなので勝手に進むのは当たり前なのだが、見た目が普通の自転車なのに
グイグイ加速していくのがおもしろい。電動アシスト自転車の場合は多少はチカラ
を入れてペダルを漕がなければ進まないが、「glafit」はスロットルを回すだけで
進む。移動手段としてはもちろん、乗って遊べる大人のオモチャとしても
欲しくなる製品だ。

さらに「glafit」は自転車のようにペダルがついているので、急な坂道などモーター
のパワーが足りなくなったときに便利。脚のチカラをモーターの補助に使うだけで
なく、スロットルを使わずにペダルだけで進むことも可能だ。

鳴海氏は自転車と同じようにも使えるようにしたことについて、「バッテリーが
切れてしまったらどうしよう……、という心配から解放されます」と語る。さらに
鳴海氏は、「会社に出勤するときは電動バイクモードで通勤し、退社時はトレー
ニングのために自転車モードで帰宅するような使い方ができる」と具体的な
使用例を紹介し、運動不足の現代人にアピールした。

「glafit」は単なる電動バイクではなく、さまざまな電子装備を搭載しているのも
おもしろい。なかでも「ガジェット好き」だという鳴海氏のこだわりが、
オプションでハンドル部につけられるUSBポート(2.1A出力)。
スマホをカーナビ代わりに使っている人にとって嬉しい機能だ。
さらに後輪についているロックは指紋認証。管理者3人とその他17人分の指紋を
登録できるので、鍵を忘れても乗車できる。また、新幹線などで移動するとき
のために使う専用ケースも開発中。旅先まで公共機関を使い、到着したら
バイクでツーリングするのも楽しそうだ。

とても魅力的なハイブリッドバイク「glafit」は、5月30日 15時からサイバー
エージェント・クラウドファンディング「Makuake」にて先行販売中。

カラーは全4種類
(ホワイトツートン、スーパーブラック、ファッションカーキ、ミカンオレンジ)。
クラウドファンディングでの価格は112,500円(税込み)で、2017年9月中の配送予定。
なお、一般販売はクラウドファンディング終了後に行われる。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000042-rps-ind
続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/25(火) 19:48:15.54ID:CAP_USER.net
台湾の世界的自転車メーカー「ジャイアント」が、仙台市若林区の荒井東地区に東北初
の直営店を開くことが24日、分かった。9月16、17日にある自転車の復興支援イ
ベント「ツール・ド・東北2017」(河北新報社、ヤフー主催)前日の15日に開店
する。

 予定地は市地下鉄東西線荒井駅の南約150メートルで、ライブホール「仙台ギグス
」の東側。約600平方メートルの敷地を所有する宮城野区の企画会社が鉄骨2階、延
べ床面積約500平方メートルの店舗を建て、ジャイアントがテナント入居する。

 1階に「ジャイアント」ブランド、2階は同社の女性向けブランド「リブ」の専門店
が入り、自転車やウエアなどを扱う。1階に国内7店舗目のレンタサイクル拠点を設け
、東日本大震災の被災地を巡るサイクルツアーなどを開催する。

 創業者の劉金標会長は昨年8月、訪台した村井嘉浩宮城県知事に対し、同県内への直
営店開設を表明していた。東北には北上、いわき両市にフランチャイズ店舗がある。同
社はツール・ド・東北のテクニカル・サプライヤーパートナーを務めている。

 荒井東地区には災害公営住宅や防災集団移転団地が整備され、多くの被災者が移り住
んでいる。同社日本法人は「復興と荒井のまちづくりの一助になればうれしい」と話し
た。

【河北新報】
 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170425_12026.html



続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/17(月) 23:16:39.60ID:CAP_USER.net




ブリヂストンとブリヂストンサイクルは4月17日、空気が不要な自転車用タイヤを開発
したと発表した。2019年の実用化を目指す。

 空気入れを不要にする独自技術「エアフリーコンセプト」の実用化に向けた取り組み
の1つ。特殊形状の樹脂製スポークで荷重を支えることで空気を不要にした。

空気を入れて膨らませるチューブが不要で、パンクの心配がないのが特徴。リサイクル
できる樹脂やゴムを材料として使用でき、デザインの自由度も高く、従来にない次世代
型自転車を提案できるという。

2013年に発表した、自動車用の空気不要タイヤ

 イベントなどで一般ユーザーに試乗してもらい、意見を取り入れながら実用化に向け
た検討を進める。

【IT media ビジネス】
 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1704/17/news105.html
続きを読む

↑このページのトップヘ