『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.20

      自動車

      1まとめらいぶ2017/03/17(金) 18:17:21.66ID:CAP_USER.net
      【IT media ニュース】
       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/17/news080.html



       「大根もばっさり切れる!」――日本自動車連盟(JAF)はこのほど、自動車の窓を
      自動で開閉するパワーウインドーに手や頭を挟み込まないよう、Webサイトで注意を
      促した。窓の閉まる力を検証したところ、軽自動車では大根が切れるほどだったという。

       昨年11月に2歳の男児が首をパワーウインドーに挟まれ心肺停止に陥る事故が発生。
      JAFが使用時の注意を促すために、パワーウインドーが閉まる力の強さ、挟み込み
      防止機能の作動状況などを調べた。

       軽自動車(ホンダ「N-BOX」)、セダン(トヨタ「プリウス」)、
      ミニバン(日産「セレナ」)の3車種で窓が閉まる力を検証。

      セダンには全ての窓に挟み込み防止機能が備わっていたが、他2車種はそうではなく、
      閉まる力に約7~34.6kgfと差があると分かった(kgfは、1キログラムの物体に働く
      重力の大きさの単位)。軽自動車とミニバンの窓が閉まる力を大根やゴボウで
      テストしたところ、どちらも簡単に切れたという。

      さらに「閉まりかけた窓を片手か両手で止められるか」をミニバンの後部座席で
      試したところ、8歳児は両手でも窓を止められず、30代女性は両手では止められるが、
      片手では難しかった。50代男性は片手でも止められたが、止めるのが精いっぱいで、
      下げることはできなかったという。

       検証結果を基に、JAFは「子どもを乗せる際には十分注意が必要」と注意喚起。
      ドライバーが助手席や後部座席の窓を閉めるときは、安全を確認した上で
      「窓を閉めるよ」などと声をかけるように呼び掛けている。
      【【クルマ】自動車のP/Wで『大根もばっさり切れる!』手や頭を挟まないで、JAFが注意喚起。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/01/31(火) 22:13:04.30ID:CAP_USER.net
      【日本経済新聞】
       http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD31H6F_R30C17A1TJC000/

      三菱自動車は31日、2017年3月期の連結営業損益が10億円の黒字になりそうだと発表した。
      1383億円の黒字だった前期は下回るものの、従来予想(276億円の赤字)からは盛り返す。
      円安進行で輸出採算が改善するうえ、資本提携する日産自動車の損益管理の手法を
      用いたコスト削減なども利益を押し上げる。

       売上高は17%減の1兆8900億円と従来予想を500億円上回る。
      最終損益は2020億円の赤字(前期は725億円の黒字)と
      従来予想の2396億円の赤字から縮小する。

       増益要因で大きいのはコスト削減など169億円に達する経営効率の改善効果だ。日産を
      ベンチマークにして購買費を減らしたり、為替変動に合わせて販売地域を変えたりした。
      同日記者会見した池谷光司副社長は「日産流で経営情報を月次で素早くつかみ、
      採算を重視して機動的に動けた結果だ」と強調した。

       円安も117億円の増益要因となった。16年10月~17年3月の想定為替レートは
      1ドル=109円と従来より9円円安方向に見直した。

       世界販売台数は12%減の92万1000台と従来より1万2000台下方修正する。
      日本は従来より増えるが、北米や欧州など海外販売の減少が大きい。

       2月以降に「RVR」や、プラグインハイブリッド車(PHV)の「アウトランダー」の新車を
      発売し、反転攻勢に出る。池谷副社長は「回復基調を18年3月期につなげ、
      業績のV字回復を確実にしたい」とする。

      薄暮時期

      【イメージ画像】
      【【自動車】三菱自、今期の営業益10億円の黒字に!日産流のコスト削減で利益押し上げ。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/11/21(月) 19:21:22.60ID:CAP_USER9.net
       21日午前3時20分ごろ、札幌市東区の木造2階建て住宅で、1階の車庫に止めていた
      プラグインハイブリッド車(PHV)から出火しているのを、家族の一人が見つけ119番した。
      火が燃え移り、住宅は全焼。室内に家族5人がいたが避難して無事だった。

       東署によると、当時、PHVは車庫のコンセントから車にケーブルをつなぎ充電中だった。
      署は出火原因を詳しく調べている。

      【共同通信】
       http://this.kiji.is/173370138394609147

      ヘルメット女子アナウンサー

      【イメージ画像】
      【【自動車】『札幌』PHVから出火、住宅全焼!車庫で充電中に出火。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/06/17(金) 20:05:46.83ID:Y+dGnTBG0.net BE:875259835-PLT(15000)
      会員制レンタカー事業等を行うThe fun2drive Owners’ Clubは、
      国産車として世界最高峰のラリーであるWRCに参戦し黄金期を
      築いたライバル車両2台、スバル「インプレッサWRX Type R STi Ver.6 Limited」と
      三菱「ランサーエボリューション6トミ・マキネンエディション」をレンタルとして貸し出し、
      その熟成された走りと乗り比べを楽しみながら、箱根・伊豆を巡る
      『インプvsランエボWRC黄金期乗り比べツーリング』
      を2016年9月までの期間限定で実施する。

      オートックワン

      【【自動車】スバル インプレッサ vs 三菱 ランサーエボリューション】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/03/06(日) 22:39:10.51ID:CAP_USER*.net


      電気自動車(EV)の価格が高いことを理由にガソリン車からの乗り換えを
      躊躇している人は、今後それほど長く待たなくてもよくなりそうだ。

      世界のクリーンエネルギーを分析するブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス
      (BNEF)が2月25日付で発表した研究によると、動力源となる電池の価格が下がる
      ことにより、EVの販売価格は今後も下がっていくという。

      原油価格が下落していることを考慮しても、EVは2020年代半ばまでに、
      ガソリン車やディーゼル車と競合できるレベルになるだろうとしている。

      さらにBNEFは、2040年には全世界で普通乗用車の新車販売は35%をEVが
      占めることになるだろうと予想している。つまり年間4,100万台という計算になる。

      おそらく2025年を待たずにEVの価格は下がっていくだろうが、
      所有総経費は従来のクルマの方がまだしばらくは安くあがりそうだ。

      環境への影響に目を向けると、2040年に世の中のクルマの4分の1を
      EVが占めるとした場合、1日あたり1,300万バレルの原油が
      不要になることを意味する。

      ただし、1,900TWh(テラワット時)の電気が代わりに必要になるわけで、
      これは昨年の全世界における電力需要の8%に相当する。

      今回の研究を記したシニア
      アナリストのSalim Morsy氏は次のように述べている。

      「所有総経費に関しては、今後数年間は従来のクルマの方が安く済むと予測され、
      政府からの補助金が差額を補ってくれる地域を除けば、普通乗用車市場において
      EVが占める割合は5%を超えることはないと考えている。
      しかし、2020年代になれば両者のコスト比較値は劇的に変化するはずだ」

      本稿は、Autoblogの姉妹サイト『Engadget』(英語版)に
      掲載されたBilly Steele氏の記事を転載したもの。

      【autoblog】
       http://jp.autoblog.com/2016/03/06/electric-car-price-drop-study/
      【【自動車】電気自動車のコスト、2025年にはガソリン車並み。】の続きを読む

        このページのトップヘ