『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2018.1.8

      自動車

      1まとめらいぶ2017/12/07(木) 13:41:50.25ID:CAP_USER.net
      世界で加速する電気自動車(EV)の普及が、各国政府の財政問題に発展する可能性が
      出てきた。ガソリンの代わりに電気で走るEVが普及すれば、揮発油税などの税収減が
      不可避になるためだ。2050年には先進国の関連税収が8割落ち込むとの試算もあり、
      財政赤字の膨らむ日本にとって課題になりそうだ。

      「EVもガソリン車と同じ道を走っているので、相応の負担をしてもらう必要がある。
      ガソリン税がなくなったらどうするのか」

       石油連盟の木村康会長(JXTGホールディングス会長)は9月の記者会見でこう述
      べ、税負担の「公平性」を訴えた。

       ガソリンにかかる揮発油税は元来、1リットル=24.3円だが、政府は「暫定税率
      」として2倍の48.6円を徴収している。地方自治体に配分する地方揮発油税の5.
      2円を含めると、計53.8円とドライバーに重い負担となっている。

       これに対し、EVや水素を使う燃料電池車(FCV)は燃料にかかる税金がない。現
      在も重い税負担に不満が根強い石油業界には不公平感が募る。

       背景には、揮発油税の理念がある。当初は一般財源だった揮発油税は、第1次道路整
      備5カ年計画が始まった1954年度に「道路特定財源」に衣替え。政府は自動車の普
      及に伴う道路整備という特定の目的のもとで徴税し始めた。

       そのため、道路整備で利益を得る運転手やクルマ所有者など「受益者」負担を原則と
      する理念を掲げた。政府は道路特定財源として揮発油税に続き、68年に自動車取得税、
      71年に自動車重量税を創設し、高速道路などの整備に活用してきた。

       だが、道路特定財源は必要性の乏しい道路も「財源ありき」で整備する事態につなが
      り、批判が噴出。2009年度からは一般財源化し、道路整備と直接結びつかなくなっ
      たが、「受益者負担の色合いは依然としてある」(業界関係者)。

       このため、EV所有者らにも負担を求める方法として、「最終的には走行距離に比例
      して税金をかける走行税に変えるしかない」(石油大手首脳)との声が上がる。

       石油業界が危機感を強めるのは、世界中でEVへの移行を促す規制の導入が相次ぐ中、
      EVやFCVの燃料に税金が課せられないままでは、ガソリン・軽油の需要縮小に拍車
      が掛かるとの懸念があるためだ。

       ドイツは30年、フランスや英国は40年にガソリン車などの販売を禁止する方針。
      世界最大の自動車市場の中国も19年からEVやFCVなど新エネルギー車を一定割合
      販売するようメーカーに義務付ける。

       ◆2兆円が吹き飛ぶ

       結果、ガソリンや軽油などにかかる税収は大幅に落ち込む見込み。日本エネルギー経
      済研究所の試算によると、15年の経済協力開発機構(OECD)参加35カ国の自動
      車用ガソリン・軽油関連の税収は3700億ドル(約42兆円)に上る。

       だが、自動車の電動化が急速に進むシナリオでは、30年に35カ国の新車販売の3
      0%がEVやFCVなどに代わり、税収は2700億ドルと27%減少する。50年に
      は新車販売のうちガソリン車などがなくなると想定し、税収は790億ドルと15年の
      2割程度に縮小する。

       日本では15年度の揮発油税の税収(国税分)は約2兆4600億円。これが2割程
      度になると、消費税1%分に相当する約2兆円が吹き飛ぶ計算だ。

       政府・与党は19年10月に消費税率を8%から10%に引き上げ、増収分は教育無
      償化などに充てる方針。20年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化
      する目標の達成が一段と難しくなる中、急速なEV化は財政健全化の思わぬハードルに
      なりそうだ。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000002-fsi-bus_all
      【【自動車】EV普及で『走行税』の声wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/13(月) 20:55:38.29ID:CAP_USER9.net
      ◆ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカー披露 MITと協力

      ランボルギーニの次世代スーパーカーは、車そのものが強力なバッテリーとなるほか、
      自らを修理することもできる。アウトモービリ・ランボルギーニは6日、米マサチュー
      セッツ州ケンブリッジで開催された会議でコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」を
      披露した。イタリア語で「第3千年紀」と名付けられたこの車はマサチューセッツ工科
      大学(MIT)との3年間のパートナーシップにおける1年目の成果だ。

      この車はランボルギーニの伝統に従い、無駄を省いたデザインで、Y型のテールライト
      を装備。フロントガラスは車体上部から運転手の足元ぐらいまであるように見え、車体
      は極めて低い。

      しかし、この車の最も注目すべき特長は、目で見ることができない。
      まだ存在していないからだ。

      ランボルギーニは、スーパーカーに必要となる強力な電力を高速で供給できるスーパー
      キャパシターを開発する計画だ。ランボルギーニは車体の成型に使われるカーボン
      ファイバーのパネルでスーパーキャパシターを製造する方針であるため、
      テルツォ・ミッレニオは自らの車体からエネルギーを引き出すことになる。
      つまり、車そのものがバッテリーになるということだ。

      この車はさらに自らの構造の状態を継続的にモニターし、摩耗や損傷を検出できる。
      カーボンファイバー製の車体にある「回復作用を持つ化学物質」を含むマイクロ
      チャンネルは、小さな亀裂を自動的に修復する。

      同社はその上、インホイールモーターも開発する。
      これにより大型エンジンの必要性がなくなる。

      テルツォ・ミッレニオについては、想定価格もタイムラインも示されていない。
      生産モデルが入手可能になるまでは何年もかかるだろう。
      しかし、「値ごろ感」はランボルギーニが目指すコンセプトではないはずだ。

      写真:ランボルギーニの次世代スーパーカー「テルツォ・ミッレニオ」



      【日刊工業新聞】 
       https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00450419?twinews=20171113
      【【自動車】『ランボルギーニ』次世代の電動スーパーカー披露!車体そのものがバッテリー、小さな亀裂も自動修復。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/11(土) 18:51:11.54ID:CAP_USER9.net
      マツダは2017年11月10日、「ロードスター」および「ロードスターRF」に一部改良を
      実施するとともに、ロードスターに特別仕様車「RED TOP」を設定し、
      同年12月14日に発売すると発表した。

      ■走りの質感もアップ

      今回の改良では、ボディーカラーの追加設定や、機能装備の拡充などを行った。

      ボディーカラーは、「ソウルレッドクリスタルメタリック」「スノーフレイクホワイト
      パールマイカ」「エターナルブルーマイカ」の3色を新たに採用したほか、これまで
      ロードスターRFのみに設定していた「マシーングレープレミアムメタリック」を、
      ロードスターでも選択可能とした。

      機能装備については、リアコンソールボックスの内部に遮音マットを敷くことで、
      収納物の転がり音の低減を図った。また、ファブリックシートのモデルにもシート
      ヒーターを搭載可能としたほか、サンバイザーに表皮巻きタイプを設定している。

      安全装備も強化しており、状況に応じてハイビームとロービームを自動で切り替える
      アダプティブLEDヘッドライトを新たに採用した。

      また、ロードスターにはリアサスペンションと電動パワーステアリングの制御を調整し、
      走りの質感の向上を図った。さらに、タコメーターの文字色を一部変更することで
      視認性を高めている。

      価格はロードスターが249万4800円~320万7600円、ロードスターRFが
      325万0800円~374万7600円。

      ■ほろとインテリアを特別にコーディネート

      特別仕様車のRED TOPは、名前の通りのダークチェリー色のソフトトップに、
      オーバーン(赤褐色)のインテリアを組み合わせた、標準車とは一風違った
      コーディネートを特徴とするモデル。この2色のコントラストを際立たせる
      ため、通常はブラックのドアミラーがボディーと同色にペイントされる。
      このほか高輝度塗装が施された16インチアルミホイールと、
      ナッパレザーシートも備わる。

      価格は6段MT車が304万5600円、6段AT車が315万3600円。
      2018年3月31日までの期間限定で注文を受け付ける。

      【webCG】 
       http://www.webcg.net/articles/-/37588

      ロードスターRF





      ロードスターRED TOP







      【【自動車】赤いほろが目印の『マツダ・ロードスターRED TOP』登場】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/20(金) 04:25:23.95ID:CAP_USER.net
      5代目新型レクサスLSが10月19日に発売されました。「トヨタ」ブランドでは、
      クラウン、そしてセンチュリーと看板サルーンの次期モデル(コンセプトカー)
      を東京モーターショーへの出展が発表されており、さらにLSというレクサスの
      最上級サルーンが発表されたことになります。



      エンジンは、レクサス初のV型6気筒3.5Lツインターボエンジンを搭載し、圧倒的な
      静粛性とフラットなトルク特性を活かした加速フィーリングを両立したとしています。



      また、理想的なボア×ストローク比としたほか、吸気効率向上や燃焼室内の気流強化
      により高速燃焼を実現したそうです。さらに、高効率ツインターボチャージャー
      との組み合わせもあって、世界トップレベルの熱効率、そして高い出力と燃費
      性能を達成。組み合わされるトランスミッションは「Direct-Shift 10AT」。

      ハイブリッドは、LC500hで新開発された「マルチステージハイブリッドシステム」
      を搭載。レクサスのハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた独自の機構で、
      高回転化したV6 3.5Lエンジンと走行用モーター両方の出力を制御。低速から
      力強い駆動力を生み出し、パワフルな走りが得られるそう。

      なお、同日、神戸製鋼製の強度偽装問題についてトヨタは、同社からトヨタに直接
      納入された分のアルミ板の車両への「影響はなし」、仕入れ先経由のアルミ板も
      「影響なし」としています。ほかの銅管、鋼線など、クラッド材、アルミ押出、
      銅製品、鉄粉、ターゲット材などについては確認中とのこと。

      というのも、新型LSにも当然、アルミ材などの軽量化に貢献する部材が使われて
      いるからで、同モデルは「GA-Lプラットフォーム」のもと、アルミ部材を
      積極的に採用しながら、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。

      軽量化やセダンとして理想的な重心高、前後重量配分にするため、アルミ部材の
      採用が欠かせないとしています。また、ボディはねじり剛性向上などの
      高剛性化により、優れた操舵応答性、操縦安定性を実現しているそう。

      ほかにもまさに見どころ満載となっている新型レクサスLS。価格は3.5L V型6気筒
      ツインターボのレクサスLS500が9,800,000円~15,400,000円。3.5L V型6気筒搭載
      のハイブリッドが11,200,000円~16,800,000円です。

      【クリッカー】
       https://clicccar.com/2017/10/19/522457/
      【【自動車】新型レクサスLS発表!世界初の安全装備などを搭載して価格は980万円~1680万円】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/09/19(火) 17:06:21.00ID:CAP_USER.net


      トヨタは19日、モータースポーツ直系ブランド「GRシリーズ」を立ち上げると発表した。
      “究極のスポーツモデル”を追求した「GRMN」を頂点として、量産型スポーツモデルの
      「GR」、多彩なカテゴリーのモデルに展開する「GRスポーツ」の3つのシリーズから
      なる。また、ノーマル車ユーザー向けのアフターパーツ「GRパーツ」も順次投入
      するという。

      GRといえば、これまで『86』や『マークX』、『ヤリス(日本名:ヴィッツ)』に設定
      された台数限定のスポーツモデル「GRMN」を思い浮かべる人も居るだろう。これらの
      モデルは「マイスター・オブ・ニュルブルクリンク(MN)」の名を冠する通り、エン
      ジン、シャシー、ボディをはじめあらゆる部分を戦闘用にフルチューンしたスペシャル
      モデルで、その価格も「マークX GRMN」が540万円、「86 GRMN」が648万円と、
      広く一般に走りの楽しさをうたうには極めて高価、かつ限定的なモデルだった。

      今回新たに発表された「GR」「GRスポーツ」は、モータースポーツやGRMNで
      培われた走る楽しさの要素を、価格面、性能面においてより手軽に味わえるブラ
      ンドとして誕生した。GRスポーツは従来の「G’s」を受け継ぐブランドで、走り
      よりもスタイル重視、というライトユーザーも取り込むグレード、GRはより走り
      に特化したグレードと考えれば良いだろう。

      GRブランドとして共通するチューニングのポイントは3つ。1つ目は、運転本来の
      喜びを伝える「インターフェイス」だ。スポーツ走行時だけでなく、長距離走行にも
      適したホールド性の高いスポーツシート、そして小径ステアリングは、機能性だけで
      なく乗り込んだ瞬間に“走り”を感じさせるものとした。この小径ステアリングは86に
      採用されているものと同径で、ミニバン系にも装着されるのがポイントだ。

      2つ目が「パフォーマンス」。ボディについては溶接を追加(車種により異なる)、
      アンダーフロアに補強ブレースを追加することで剛性を強化。さらに、しなやかで
      的確な操縦性を生むチューニングサスペンション、ブレーキ、外観と機能性を両立
      させた大径アルミホイールが、「意のままに操れる」操縦安定性をもたらす。安心
      ・安全に運転できるということは、走りの楽しさを実現する上では最重要だ。

      そして3つ目が「デザイン」だ。GRシリーズのフロントにはすべて「“ファンクショ
      ナル・マトリックス”グリル」が装着される。垂直に切り立った大開口のアンダーグ
      リルは冷却機能を最優先、ラジエーター形状に合わせたスクエアデザインを採用し
      ている。また大型のアンダースポイラーは、空気の下面流をコントロールするセン
      ター部と、コーナリング時のダウンフォースを発生させるコーナーリップからなる。
      このインパクトある外観は、ストイックに戦闘力にこだわった賜物と言えそうだ。

      今回のブランド発表に合わせて、商品の投入計画も明らかにされた。この9月発表
      ・発売となるのが、GRからは『ヴィッツGR』、GRスポーツからは『ヴィッツGR
      スポーツ』『ハリアーGRスポーツ』『ノアGRスポーツ』『ヴォクシーGRスポーツ』
      『プリウスPHV GRスポーツ』『マークX GRスポーツ』の全7車種。ヴィッツGRには
      5速マニュアルが設定されるのも注目だ。以降は、GRから『86GR』、GRスポーツ
      から『プリウスα GRスポーツ』『アクアGRスポーツ』が今冬発売予定、さらに
      2018年春頃にはGRの頂点に立つ『ヴィッツGRMN』が発売となる予定だ。

      【レスポンス】
       https://response.jp/article/2017/09/19/299921.html
      【【自動車】トヨタ新ブランド『GR』『GRスポーツ』発表】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/09/09(土) 06:44:53.42ID:CAP_USER9.net
      ランボルギーニは、9月12日に開幕する「フランクフルトモーターショー」で
      スーパースポーツカー『アヴェンタドールSロードスター』を初公開する。

      アヴェンタドール S ロードスターは、昨年末、初の大幅改良を受けた
      『アヴェンタドールS』のオープンエアモデル。車体後部はクーペとは
      異なるラインで、ロードスターならではのエアロダイナミクスを発揮
      する。リアウィンドウから車体後部へと流れるエンジンブリッジは、
      ボディカラーとマットブラック仕上げのカーボンファイバー製エン
      ジンボンネットブレードのバイカラー。V12エンジンをそのまま
      見せるトランスペアレントオプションも用意する。

      着脱可能な流線型のハードトップパネルは、重さ6kg弱。外側に膨らんだ形状で、
      広い車内空間を確保する。標準ではマットブラック仕上げのカーボンファイバー
      だが、オプションでハイグロスブラックや光沢仕上げの剥き出しカーボンファイ
      バーも用意する。またルーフパネルは素早く外してフロントトランクに収納する
      こともできる。

      パワートレインはクーペ同様、最大出力740hp、最大トルク690Nmを発生する6.5
      リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンと、50ミリ秒以内のギアシフトを
      実現する7速軽量ISRトランスミッションの組み合わせ。0-100km/h加速3.0秒、
      最高速350km/hという世界屈指のパフォーマンスを発揮する。また四輪駆動と
      新アクティブサスペンション、新四輪ステアリングシステム、EGOドライビン
      グモードを採用。さらにサスペンションと電子制御システムを全面的に再開発
      するなど、トータルな制御コンセプトにより、優れたドライビング、
      乗り心地を実現する。

      アヴェンタドール Sロードスターは、2018年2月より納車開始を予定している。

      【Response】
       http://s.response.jp/article/2017/09/08/299560.html







      【【自動車】『ランボルギーニ』アヴェンタドールSロードスターを初公開】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/09/02(土) 20:22:56.06ID:CAP_USER9.net
      (CNN)

      イタリアの高級スポーツ車メーカー、フェラーリの「365GTB/4」
      シリーズのうち、世界に1台しかない公道走行用のアルミニウム製車両が約40年
      ぶりに日本の納屋で見つかり、今月9日に競売にかけられることがわかった。

      フェラーリは1969~73年の間、1200台以上の365GTB/4を生産した。
      365GTB/4は2人乗りのグランドツーリングカーで、最高時速は約280キロ。
      「デイトナ」という非公式の愛称が付けられている。

      フェラーリは、米フロリダ州デイトナで開かれるデイトナ24時間耐久レース出場に
      向けて軽量合金バージョンを5台生産。このうち公道走行用の車は今回発見された
      1台だけ。

      同車の車体番号は12653で、車体全体にアルミを使用している。1950年代から
      自前の工場でフェラーリの車体組み立てを担当してきた著名デザイナー、
      セルジオ・スカリエッティ氏が手掛けたものだ。

      同車が完成したのは69年。71年に日本の販売店に輸出され、日本の車雑誌
      「カーグラフィック」の72年1月号で取り上げられた。何人か持ち主が
      変わった後、80年ごろに最後の所有者の納屋に収まった。

      イタリア北部マラネロにあるフェラーリの工場で今月9日、同社史上最大規模の
      オークションが行われ、発見された状態のまま修復を施さずに出品される。
      競売元のRMサザビーズによれば、170万ユーロ(約2億2千万円)の
      落札額を見込んでいるという。

      【CNN】
       https://www.cnn.co.jp/showbiz/35106685.html

      1969年製の極めて希少なフェラーリ・デイトナ

      【【自動車】世界で1台のフェラーリ、日本の納屋で40年ぶりに発見。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/09/01(金) 20:34:19.55ID:CAP_USER.net


      欧州トヨタは、9月12日からドイツで開催されるフランクフルトモーターショー2017で、
      新型ランドクルーザーを世界初公開すると発表した。

      ランドクルーザーといえば、日本では「ランクル」として親しまれ、
      SUVの代名詞的な存在。

      トヨタSUVのリーダーシップとして君臨してきたランドクルーザーは、
      セグメント唯一のラダーフレーム構造を特徴としている。

      日本でランクル「100系」が登場したのが1998年、現行モデル「200系」が2007年に
      登場し、今年でちょうど10年。約10年スパンで全面改良が行われてきたランド
      クルーザーも、そろそろ「300系」へのフルモデルチェンジかと言われていた
      タイミングで、今回のアナウンスとなった。

      また、コンパクトSUV「C-HR」のコンセプトモデル「Hy-Power」や、ヤリスGRMN
      (日本名:ヴィッツ)、高度なパーソナライゼーションを搭載したオーリスツーリング
      スポーツ”フリースタイル”も出展する。

      トヨタの記者会見は9月12日8時50分(現地時間)に行われる。

      フランクフルト・モーターショー2017

      9月12日~13日プレスデイ、一般公開9月16日~24日(現地時間)

      【オートックワン】
       http://autoc-one.jp/news/5000092/
      【【自動車】トヨタが新型『ランクル』をフランクフルトショー2017で世界初披露!ついに『300系』デビュー】の続きを読む

        このページのトップヘ