『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      自動車

      1まとめらいぶ2017/07/13(木) 09:56:26.90ID:CAP_USER.net
      現代自動車が1回の充填で580キロ走行する次世代水素燃料電池自動車(FCV)を
      来月公開する。2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開催に合わ
      せて来年2月ごろ公開するとしていた当初の計画を修正し、6カ月以上も操り上げた。
      鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車副会長がトヨタやホンダなどライバル企業を抑
      えて世界水素自動車市場で主導権を握るために動き出したという評価が出ている。エコ
      カー普及拡大に取り組む新政権の政策に応じるための側面もある。

      現代車の関係者は12日、「2013年に世界で初めて商用化した『ツーソン』水素自
      動車より走行距離など性能を大幅に向上させた次世代水素自動車を8月に公開すること
      にした」とし「現代車の優れた水素自動車技術力を示し、世界市場の主導権を確保する
      計画も発表する予定」と明らかにした。

      現代車は来年2月ごろこの水素自動車を発売する予定だったが、未来の自動車をめぐる
      グローバル企業の主導権争いが激化している状況を考慮し、公開日程を操り上げたと説
      明した。早ければ年末から本格的に量産に入ると予想され、価格は6000万ウォン台
      (約600万円台、補助金による実際の購買価格は3000万ウォン台)という。

      現代車は今回の次世代水素自動車公開のためにソウル市と手を握った。8月末に汝矣島
      (ヨイド)漢江(ハンガン)付近に水素コンセプトハウスを設置し、ここで次世代水素
      自動車を公開することで合意した。未来の「水素社会」を紹介する水素コンセプトハウ
      スのすべての設備と機器は、展示される水素自動車が生産する電気で稼働するという。

      【中央日報】
       http://japanese.joins.com/article/210/231210.html

      フロアシフト

      【イメージ画像】
      【【自動車】『現代自動車』580キロ走行の水素自動車を8月公開】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/12(水) 19:21:39.56ID:CAP_USER9.net
      スズキは2017年7月12日、コンパクトカー「スイフト」に電動走行も可能なフル
      ハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加し、販売を開始した。

      ■ スズキ独自の軽量・小型・高効率なハイブリッド機構

      今回スイフトに採用されたハイブリッドシステムは、「オートギヤシフト(AGS)」と
      呼ばれるシングルクラッチ式ATに、発電も可能な駆動用モーターを組み合わせたスズキ
      独自のもので、2016年11月に登場した「ソリオ」のフルハイブリッドモデルから導入が
      進められている。これまでにも、スイフトにはマイルドハイブリッド機構が搭載される
      グレードは設定されていたが、フルハイブリッドシステムの採用については今回が初と
      なる。

      組み合わされるエンジンは1.2リッターのガソリン自然吸気で、状況に応じて駆動用モー
      ターが走行をアシスト。クリープ状態や約60km/h以下での一定速走行時には、エンジン
      を止めての電動走行も可能となっており、1tを切る車重とも相まって、JC08モード計測
      で32.0km/リッターという燃費を実現している。また、100Vの高電圧リチウムイオンバ
      ッテリーについては荷室床下に搭載。スイフトのボディーサイズや室内空間はそのまま
      にフルハイブリッド化をかなえているという。

      また、搭載に際してはスイフトの持つスポーティーなキャラクターに合わせ、クラッチの
      切り離し時間を短縮するようAGSの変速制御をチューニング。シフトパドル操作時にはさ
      らに切り離し時間を短くし、スピーディーな変速とスポーティーなシフトフィールを実現
      している。

      走行モードは「標準モード」と「エコモード」の2種類で、後者では停車からの発進時な
      どでより頻繁にEV走行を行い、燃料消費を抑制するという。

      内外装の違いによる差別化も図っており、クロームメッキの加飾付きフロントグリルや、
      ブルーの加飾を施したシフトノブ、ブルーイルミネーションのメーターを採用。エンジン
      回転計の内側には、モーターの作動状態を表示するモーターパワーメーターが搭載される。

      グレードは「ハイブリッドSL」と「ハイブリッドSG」の2種類。前者には自動緊急ブレー
      キや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、
      ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能、
      シフトパドルなどが搭載される。

      価格は以下の通り。

      ・ハイブリッドSL:194万9400円
      ・ハイブリッドSG:166万8600円

      【web CG】
       http://www.webcg.net/articles/-/36735

      画像













      【【自動車】『スズキ・スイフト』に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/04(火) 13:01:54.66ID:CAP_USER.net
      トヨタ自動車は7月3日、ミニバン「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」を
      マイナーチェンジし、発売した。それぞれの個性を際立たせたデザインの改良、
      室内装備の充実などを図った。







       2014年発売のヴォクシー、ノアの3代目とエスクァイアを一部改良。押し出し
      の強いヴォクシー、モダンなノア、両車をベースにプレミアム感を高めたエス
      クァイアの個性を強調している。

      ヴォクシーとノアは、エクステリアではバイビームLEDヘッドランプと面発光の
      LEDクリアランスランプを採用。ヴォクシーでは2段ヘッドランプをよりシャープ
      な印象にし、「カッコよさを強調」(同社)。ノアはモダンで精悍な(せいかん)
      な印象にしている。エアロ仕様のヴォクシー「ZS」とノア「Si」では、「ハ」の
      字をテーマにしたスタイルとし、スポーティーでアグレッシブなイメージを
      強化している。

       インテリアでは、天井までブラックで統一し、ピアノブラック塗装をあしらう
      などして質感を向上。オプティトロンメーターは丸型リングを採用し、リング幅
      を細くすることでシャープな印象にしている。

      エスクァイアもバイビームLEDヘッドランプと面発光のLEDクリアランスランプ
      の採用で先進さと精悍さを強調し、フロントグリルのデザイン改良で高級感や「
      堂々感」を強化。上質な室内空間を備える最上級パッケージ「Gi“Premium
      Package”」を新設定する。

       各車共通で、助手席シートバックには格納式テーブル(カップホルダー2個付き)
      とインパネのセンターロア部に充電用USB端子×2個を標準装備。クルーズコントロ
      ール、紫外線と赤外線をカットするウインドシールドガラスも全車標準装備とした。

       価格は、ヴォクシー、ノアが246万6720円~326万9160円、エスクァイアが267万
      5160円~335万8800円。

       ヴォクシーはネッツ店、ノア店はカローラ店、エスクァイアはトヨタ店とトヨペッ
      ト店で販売。月販目標はヴォクシーが5000台、ノアが2700台、エスクァイアが
      2300台。

      【IT media ビジネス】
       http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/03/news099.html
      【【自動車】トヨタ、新『ヴォクシー』『ノア』『エスクァイア』発売。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/26(月) 20:09:50.44ID:CAP_USER9.net
      新型レクサスLSを日本初公開 = 安全装備を充実 - トヨタ

      トヨタ自動車は26日、高級車ブランド「レクサス」の最高級セダン「LS」の全面
      改良車を日本で初披露した。今秋に発売する。5代目となる新型LSは、自動運転に
      つながる最新の技術を搭載するなど安全装備を大幅に充実させた。
       
      自動ブレーキだけでは衝突回避が難しい場合、ハンドルを自動操作して衝突防止を支援
      する機能を世界で初めて搭載した。日本仕様車には、海外に先駆け、高速道路などで
      車線変更時に方向指示装置を操作すると、車がハンドルや安全確認の動作を支援して
      くれる自動運転につながる技術も備えた。
       
      ゆとりある車内空間を確保しながら、2人乗りクーペのような
      スポーティーな外観デザイン。価格は未定。 

      【時事ドットコム】
       http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062600854&g=eco

      トヨタ自動車が日本で初披露した、今秋に発売する高級車ブランド「レクサス」の最高級
      セダン「LS」の新型モデル=26日午後、東京都千代田区の東京国際フォーラム

      【【自動車】新型レクサスLSを日本初公開!安全装備を充実】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/19(月) 19:57:25.77ID:CAP_USER.net


      フェラーリ・ジャパンは、新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」
      を日本初披露した。価格は3910万円だという。

       812スーパーファストは2017年3月に開催されたジュネーブ国際モーターショーで
      発表された。従来型フラッグシップモデルである「F12ベルリネッタ」同様にV12気筒
      の自然吸気エンジンをフロントに搭載し、後輪を駆動するFR車だが、あらゆる面で
      進化しているという。

       最大の特徴はフェラーリのカタログモデルで史上最高となる800馬力を発揮するV12
      気筒自然吸気エンジンだ。従来型エンジンとの違いは、排気量を従来型の6.2Lから6.5L
      まで拡大したこと、吸排気ダクトの変更や高圧ダイレクトインジェクションの採用を
      行ったこと、そしてエンジン全体の75%が新パーツに置き換えられていることだ。
      これにより最高出力800hp/8500rpm、最大トルク718Nm/7000rpmというロードカー
      として驚異的なハイパワーを発揮。そのパフォーマンスは、0-100km加速、2.9秒。
      最高速度は340km/hだという。

      トランスミッションは従来同様にパドルシフト付き7速DCTを採用しているが、制御
      プログラムを改良することでシフトアップは30%、シフトダウンは40%短縮。より
      すばやく変速できるようになったという。

       さらに走行性能を向上するために、最新の制御システムを搭載。フェラーリ初の
      電動パワーステアリングが採用されたのもニュースだ。また新制御システムにより
      従来型を超える俊敏な加速と鋭いコーナリング性能に加えて、制動距離も短く
      なったといい、100km/hから完全停止までの制動距離はF12ベルリネッタより
      2.5m短い32mになったという。

      中略

      納車までは約1年4カ月? それでも完売の見込み

       昨今、フェラーリの最新モデルも世の流れに従い、ターボ化によって排気量のダウン
      サイズを実現しているが、フラッグシップモデルである812スーパーファストはノン
      ターボとなる自然吸気エンジンを継続しただけでなく、排気量の拡大まで行っている。
      これはフェラーリのカタログモデルの中でも生産数が少ないフラッグシップモデル
      だけの特権であり、トップモデルの誇りとしてあえてこだわっている部分なのだ。

       今後、排ガス規制が一層厳しくなるなかで、フェラーリが効率の悪い大排気量の自然
      吸気エンジンを作り続けられる保証はない。もしかしたら、古き良きフェラーリの伝統
      を受け継ぐV12気筒エンジンを手に入れられるなら今のうちに、という同社の思いが
      このクルマに込められているのかもしれない。

       創業最初のモデルがV12気筒エンジンだったフェラーリにとって、フラッグシップ
      モデルにこの形式のエンジンを搭載することは非常に大きな意味を持つ。またいくら
      ターボが進化しても、エンジンのスムーズさはやはり自然吸気エンジンが上だ。それが、
      F1など古くからターボ化の技術を持つフェラーリでもフラッグシップモデルをターボ化
      しない理由といえる。

       受注から納車までは約1年4カ月かかるという812スーパーファスト。同社全体の総生産
      台数はコントロールされていて、需要があるからといって生産台数をいたずらに増やす
      ことは決してしない方針だ。このため、カタログモデルといえど完売扱いとなることは
      珍しくなく、それは日本でも例外ではない。日本への本格導入は年末以降となりそうだが、
      まず間違いなく年内受注分は早々に終了してしまうことだろう。それがフェラーリという
      ブランドの強さなのである。

      【日経トレンディネット】
       http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/061400787/
      【【自動車】非効率でも年内分完売?3910万円新フェラーリ『812スーパーファスト』日本上陸】の続きを読む

        このページのトップヘ