自動車 : まとめらいぶ

タグ:自動車

1:まとめらいぶ 2019/09/04(水) 21:53:15.68 ID:wsoS58ad9
伊ランボルギーニは2019年9月3日(現地時間)、同社初となる市販V12ハイブリッドスーパーカー
「Sian(シアン)」を発表した。ドイツ・フランクフルトで開催されるフランクフルトモーター
ショー(開催期間:2019年9月10日~22日)において、一般公開される。

車名のシアンとは、ランボルギーニが本社を構えるイタリア・ボローニャ地方の方言で“稲妻の閃光
(せんこう)”を意味するものだという。ランボルギーニの市販車で、初めての電動モデルである
ことを示唆している。

フロントフードには「カウンタック」のように斜めのラインが入れられ、さらに前方が斜めに
デザインされたリアのホイールアーチからは、元ベルトーネのチーフデザイナー、
マルチェロ・ガンディーニ氏の作品が連想される。Y字型のデイタイムランニングライト、
6個の六角形のテールランプ、同じく六角形のエキゾーストパイプなどは、ランボルギーニが
現行の市販車で採用しているデザインモチーフの流れをくむものだ。

可動式エアロデバイスの採用も、シアンの特徴のひとつ。車体後端に位置するリアウイングは、
通常はボディーに格納されているが、走行時にせり上がるようになっている。ボディー後方に
設置されたエアインテークの冷却翼は、エキゾーストシステムの温度を感知し、自動で回転。
エンジン冷却の効率を高める。

インテリアには「Terra di Sant’Agata Bolognese(サンタアガタ・ボロネーゼの大地)」と名付け
られたカラーリングのポルトローナ・フラウのレザーが使用されている。3Dプリントで製造された
パーツが世界で初めて市販車に採用されているのもトピックだ。センターコンソール横には、国旗を
モチーフとしたカラーリングとともに車名の刺しゅうが入れられている。

内外装デザインに関して同社のデザイン部門の責任者であるミィティア・ボルケルト氏は
「シアンのデザインはカウンタックからインスピレーションを得ていますが、過去への回顧でなく
未来の象徴です。アドペルソナム(ランボルギーニが行っているビスポークプログラム)による
全面カスタマイズが、さらに特別感を高めます」と紹介している。

シアンのリアミドに積まれるパワーユニットは、チタン製吸気バルブを採用するなどして最高
出力が785PSに高められた6.5リッターV12自然吸気エンジンに、最高出力34PSを発生する48V
モーターが組み合わされたハイブリッドシステム。前述のとおり、ランボルギーニが市販モデルで
ハイブリッドシステムを採用するのは、このシアンが初めてとなる。

同車に初搭載されたハイブリッドシステムに用いられる小型モーターは、ギアボックスに組み
込まれている。ハイブリッドモデルで一般的なバッテリーの代わりにスーパーキャパシタ
(電気二層コンデンサー)が使用されているのも特徴で、同重量のバッテリー比で3倍
パワフルでありながら、同出力を発生するバッテリーの3分の1の重量に収まっていると、
ランボルギーニはアピールしている。

エンジンとモーターを合わせたシステム合計出力は、ランボルギーニの市販車として史上
最高となる819PSに到達。0-100km/h加速は2.8秒以下、最高速は350km/h以上という実力を有する。
さらに30km/hから60km/hへの加速タイムは、「アヴェンタドールSVJ」比で0.2秒、
70km/hから120km/hへの加速タイムは同じく1.2秒短縮しているという。

シアンは、ランボルギーニが創業した1963年にちなんで63台の限定生産となるが、
すでに全車完売しているという。(webCG)

【webCG】
 https://www.webcg.net/articles/-/41451

ランボルギーニ Sian(シアン)

no title

no title

no title

no title

no title

no title

引用元: 【自動車】ランボルギーニ初のV12ハイブリッド「シアン」登場 最高出力は819PS!

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2019/03/04(月) 21:40:29.92 ID:DttGnxWl0
三菱20%って

no title

2:まとめらいぶ 2019/03/04(月) 21:40:58.12 ID:cocR+Cd50
タイヤが空を飛ぶ

引用元: 【画像】三菱自動車、フィリピンでめっちゃ売れていた

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/12/07(木) 13:41:50.25ID:CAP_USER.net
世界で加速する電気自動車(EV)の普及が、各国政府の財政問題に発展する可能性が
出てきた。ガソリンの代わりに電気で走るEVが普及すれば、揮発油税などの税収減が
不可避になるためだ。2050年には先進国の関連税収が8割落ち込むとの試算もあり、
財政赤字の膨らむ日本にとって課題になりそうだ。

「EVもガソリン車と同じ道を走っているので、相応の負担をしてもらう必要がある。
ガソリン税がなくなったらどうするのか」

 石油連盟の木村康会長(JXTGホールディングス会長)は9月の記者会見でこう述
べ、税負担の「公平性」を訴えた。

 ガソリンにかかる揮発油税は元来、1リットル=24.3円だが、政府は「暫定税率
」として2倍の48.6円を徴収している。地方自治体に配分する地方揮発油税の5.
2円を含めると、計53.8円とドライバーに重い負担となっている。

 これに対し、EVや水素を使う燃料電池車(FCV)は燃料にかかる税金がない。現
在も重い税負担に不満が根強い石油業界には不公平感が募る。

 背景には、揮発油税の理念がある。当初は一般財源だった揮発油税は、第1次道路整
備5カ年計画が始まった1954年度に「道路特定財源」に衣替え。政府は自動車の普
及に伴う道路整備という特定の目的のもとで徴税し始めた。

 そのため、道路整備で利益を得る運転手やクルマ所有者など「受益者」負担を原則と
する理念を掲げた。政府は道路特定財源として揮発油税に続き、68年に自動車取得税、
71年に自動車重量税を創設し、高速道路などの整備に活用してきた。

 だが、道路特定財源は必要性の乏しい道路も「財源ありき」で整備する事態につなが
り、批判が噴出。2009年度からは一般財源化し、道路整備と直接結びつかなくなっ
たが、「受益者負担の色合いは依然としてある」(業界関係者)。

 このため、EV所有者らにも負担を求める方法として、「最終的には走行距離に比例
して税金をかける走行税に変えるしかない」(石油大手首脳)との声が上がる。

 石油業界が危機感を強めるのは、世界中でEVへの移行を促す規制の導入が相次ぐ中、
EVやFCVの燃料に税金が課せられないままでは、ガソリン・軽油の需要縮小に拍車
が掛かるとの懸念があるためだ。

 ドイツは30年、フランスや英国は40年にガソリン車などの販売を禁止する方針。
世界最大の自動車市場の中国も19年からEVやFCVなど新エネルギー車を一定割合
販売するようメーカーに義務付ける。

 ◆2兆円が吹き飛ぶ

 結果、ガソリンや軽油などにかかる税収は大幅に落ち込む見込み。日本エネルギー経
済研究所の試算によると、15年の経済協力開発機構(OECD)参加35カ国の自動
車用ガソリン・軽油関連の税収は3700億ドル(約42兆円)に上る。

 だが、自動車の電動化が急速に進むシナリオでは、30年に35カ国の新車販売の3
0%がEVやFCVなどに代わり、税収は2700億ドルと27%減少する。50年に
は新車販売のうちガソリン車などがなくなると想定し、税収は790億ドルと15年の
2割程度に縮小する。

 日本では15年度の揮発油税の税収(国税分)は約2兆4600億円。これが2割程
度になると、消費税1%分に相当する約2兆円が吹き飛ぶ計算だ。

 政府・与党は19年10月に消費税率を8%から10%に引き上げ、増収分は教育無
償化などに充てる方針。20年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化
する目標の達成が一段と難しくなる中、急速なEV化は財政健全化の思わぬハードルに
なりそうだ。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000002-fsi-bus_all
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ