1:まとめらいぶ 2018/04/18(水) 22:59:55.83 ID:CAP_USER9
【AFP】
 http://www.afpbb.com/articles/-/3171533?act=all

2018年4月18日 10:51 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル
【4月18日 AFP】元フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)ドライバーのルーベンス・バリ
チェロ(Rubens Barrichello)氏が、今年1月に軽い脳卒中を発症したことに加え、
首にあった腫瘍を取り除く手術を受けていたことを明かした。

 16日に放送された母国ブラジルのグロボテレビ(Globo TV)でバリチェロ氏は
「家でシャワーを浴びていたら、突然頭に痛みを感じた。10段階で言えば、
8か9くらいの痛みだったと思う」「やばい、モーターが壊れちゃったと思ったよ」
と語った。

 現役時代はフェラーリ(Ferrari)に所属し、ミハエル・シューマッハ
(Michael Schumacher)氏のチームメートだったバリチェロ氏は、その日のうちに
病院へ直行。軽い脳卒中を起こしたという45歳は「自分のような形で回復できる
ケースは、たった14パーセントくらいだと退院する時に言われた」と話した。

 その後、医師が首に良性の腫瘍を発見したというバリチェロ氏は、大きさは小さかった
としながらも「すぐに彼らが摘出してくれた。良性ではあったが大きくなりかけていた
ため、取らざるを得なかった」と付け加えた。F1で通算11勝を挙げ、2011年に現役を
退いた同氏は、自身を「世界一ラッキーな男」と称している。

(c)AFP

no title

元フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)
ドライバーのルーベンス・バリチェロ氏(2017年6月17日撮影、資料写真)。
(c)AFP PHOTO / JEAN-FRANCOIS MONIER mwimgs

引用元: 【F1】バリチェロ氏が脳卒中発症を告白、首に腫瘍摘出手術も「やばい、モーターが壊れちゃった」

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む