脳 : まとめらいぶ

タグ:脳

1:まとめらいぶ 2020/10/27(火) 11:09:06.71 ID:CAP_USER
脳インプラントで、テレキネシス=念力は可能になる?

 テレキネシス、または念力。

 goo辞書によれば、「静止した物体を動かすなど、術者が念じるだけで事物に物理的効果を
与える現象」。

 仮にこれが超常現象ではなく、科学技術の力で実際に人が身につけられる力だったとしたら?

 4人の専門家に聞いてみたところ、答えは全員YESでした。

■脳内インプラントを使ってモノは動かせる。問題はノイズだ
 Bradley Voytek(カリフォルニア大学サンディエゴ校准教授。Halıcıoğlu Data Science Institute
所属、神経科学の大学院課程を指導)

 非常にアカデミックな答えをするならば、ほとんど可能です。

 テレキネシスが成立するには、われわれの脳波を読み取ってそれらの電気的な信号を変換し、
現実世界での現象につなげる必要があります。

 脳波をたくさん読み取れば読み取るほど、その現象をより精密にコントロール
できるようになります。

 しかし、わたしたちが一度にどのぐらい意識を分散させられるのかが最初のボトルネックとなる
でしょう。

 片手でお腹をさすりながらもう片方の手で頭をポンポンたたくことすらできない人もいるんですよ!

 そう考えると、たとえ脳インプラントの技術が飛躍的に進んで、将来それを使ってテレキネシスの
ようなことをできたとしても、一度に野菜を千切りにして、飲み物をグラスに注いで、メモをした
ためることができるようになると考えるのはちょっとおこがましいですね。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

【ギズモード・ジャパン】
 https://news.yahoo.co.jp/articles/d679491e9662c9c4a86b55712c35311bce84af4b

004KZ1123FOTO_TP_V

【イメージ画像】

引用元: 【脳科学】脳インプラントで、テレキネシス=念力は可能になる?

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2020/07/26(日) 19:32:29.11 ID:Z5F7lW7Ja
胴体なし
豚の脳だけ延命させる研究に
倫理的論争

米イェール大学の研究者たちが、
胴体を除去した豚の脳に対する
血液循環を人工的に回復させ、
最大36時間にわたって生存させていた。
米国の学会で3月28日に発表されたこの研究が、
倫理的論争を呼び起こしている。

研究チームの目的は、
医学研究の研究室で体につながった
人間の脳を研究する方法を開発することだった。

実験に使われた動物に
意識があったことを示す証拠はないものの、
ある程度の意識は残っていたのではないか
という懸念がある。

画像

no title

no title

【BBC】 
 https://www.bbc.com/japanese/amp/43932209

引用元: 【画像】豚を脳だけで36時間生かすことに成功

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2020/06/18(木) 20:39:16.301 ID:ZXzBrdch0
no title

こういうのある?

引用元: 【脳がやられる】錯覚する画像貼ってくれないか?

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/03/14(火) 20:32:52.84ID:CAP_USER9.net
近い将来、試験勉強が数秒で済むようになるかもしれない。そんな夢の技術が現在開発
されているという驚きのニュースが舞い込んできた。なんと、知識を脳に直接
植えつけることが可能になるというのだ!

■ 脳を刺激するだけで言語習得、試験勉強が一瞬で可能に

知識を脳にインストールするといえば、思い起こされるのが映画『マトリックス』の
1シーンだろう。主人公のネオに直接カンフーの技術がインストールされ、瞬く間に
カンフーの達人になる場面だ。こんなことが実際に起こるというのだろうか?

英紙「The Telegraph」(3月1日付)によると、米航空機製造会社
「ヒューズ・エアクラフト」の研究機関「HRL Laboratories」の
マシュー・フィリップス博士らは、学習機能を格段に向上させる
技術の開発に取り組み、素晴らしい研究成果を得たという。
その成果の一端がこの度、科学ジャーナル
「Frontiers in Human Neuroscience」
掲載の論文で明らかになった。

博士らは、熟練したパイロットが飛行機を操縦している時の脳内電気信号を研究。
その電気信号を素人の脳に電極付きのヘッドキャップを通して送り込み、フライト
シミュレーターで操縦技術を学習させたところ、電気刺激を受けなかった被験者
よりも学習が早く、課題を33パーセント増でこなしたという。フィリップス博士
が興奮気味に語っている。

「我々の開発した脳刺激システムは画期的です。まるでSF映画のようですが、
このシステムには膨大な科学的な基礎があります」(フィリップス博士)
「何かを学ぶと脳が物理的に変化します。ニューロン結合が形成され
強まるニューロン可塑性がそれです」





【トカナ】
 http://tocana.jp/2017/03/post_12610_entry.html
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2015/12/17(木) 16:26:24.82ID:CAP_USER*.net
フロリダ州政府柑橘(かんきつ)局はこのほど、
「グレープフルーツの脳機能に与える影響」についての研究結果を発表した。
ホットグレープフルーツジュースを摂取すると、脳が活性化し集中力がアップ
することがわかったという。

同研究は、杏林大学 医学部 精神神経
科学教室の古賀良彦教授に協力を依頼して行った。

被験者は、22~23歳の健康な男女6名(男性4名、女性2名)。被験者には、
「水(常温10℃以下)」「グレープフルーツジュース(常温10℃以下)」
「ホットグレープフルーツジュース(約60℃)」の3種類を3分間かけて
摂取してもらい、その後クレペリン検査用紙を用いて
1桁の数字の足し算を実施した。

実験の結果、計算問題達成数は、
ホットグレープフルーツジュースを摂取した時が一番多くなることがわかった。

常温の水と常温のグレープフルーツジュースの間には、
大きな差は見られなかった。

計算中は、光トポグラフィー検査装置を用いて、脳の血流量も測定。
グレープフルーツジュース摂取の場合は、常温、ホットどちらでも、
前頭葉の脳血流量が増え、脳が活性化する様子が観察できた。

常温では、立ち上がりが速く(効果がやや弱い)、
ホットではじわじわと立ち上がり効果が持続するという違いも明らかとなった。

古賀教授は、常温で摂取したときの立ち上がりが早いのは「(常温ゆえに)素早く
覚醒度が上がりサッパリ感を感じさせるためと考えられる」と見解を述べた。

実験の終わりに、被験者に体感アンケートを実施。その結果、
ホットグレープフルーツジュースは、「落ち着き」「気分」の2項目で、
水や常温グレープフルーツジュースより高い評価が得られた。

古賀教授はこれらの結果から、「ホットグレープフルーツジュースには、
落ち着いて気持ち良く勉強できる雰囲気や状況を作るはたらきがあるのでは」と
推測している。また、受験生が勉強前や勉強の合間にホットグレープフルーツ
ジュースを飲むことは、集中力を高めて勉強の効率を上げるという点
からおすすめであるという。

また、「コーヒー・紅茶の場合はカフェインによる覚醒効果が期待できますが、
摂(と)りすぎると眠りにくくなるなど、生活リズムが乱れる可能性もある。

ビタミンCが豊富で低GI食品でもあるグレープフルーツを使ったホットジュースは、
受験生の健康をサポートするという面からも有効といえるでしょう」
ともコメントしている。





【マイナビ ニュース】
 http://news.mynavi.jp/news/2015/12/17/402/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ