『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2018.7.24 トプ画募集中

      職業

      1:まとめらいぶ 2018/04/12(木) 22:43:00.32 ID:lhM9jKZw0● BE:748526364-2BP(2000)
      「エンジニア・プログラマー」が中学生男子の将来就きたい仕事5位に
      アデコが「将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表。「エンジニア・プログラマー」
      が、前回のランク外から全体の10位に、中学生(13歳~15歳)男子の部門では5位に入っ
      た。全体の1位は男子が「サッカー選手」、女子は「パティシエ」だった。

       総合人事・人財サービスを展開するアデコは、2018年3月26日に「将来就きたい仕事」
      に関するアンケート調査結果を発表した。

       調査対象は、日本全国の小中学生1000人。大人になったらどのような仕事をしたいか
      を尋ねたところ、男子(6歳~15歳)の3.2%が「エンジニア・プログラマー」を選んだ。
      前回(2017年)の将来就きたい仕事ランキングではランク外だったが、今回は10位にラ
      ンクインしている。

       男子(6歳~15歳)の1位は「サッカー選手」(8.0%)。2位が「医者」(6.4%)、
      3位「野球選手」(5.6%)と続く。サッカー選手を選んだ男子の割合は、昨年の7.4%
      から0.6ポイント増。昨年の2位から1位に浮上した。

      no title

      【MONOist 】
       http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1804/10/news070.html

      引用元: 中学生男子が将来就きたい職業の第5位に「エンジニア・プログラマー」がランクインしてしまう

      (C)2015 - 2018 まとめらいぶ

      【中学生男子が将来就きたい職業の第5位に『エンジニア・プログラマー』がランクインしてしまうwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/08(木) 12:48:19.53ID:CAP_USER.net


       ネット上では、「個人」の発信が影響力を持つ。

      その代表格が「ユーチューバー」だ。

      小学生、夢はユーチューバー 親子教室にヒカキンも登場
       「YouTube(ユーチューブ)」に動画を投稿する人たち。ゲームの音を発声で
      再現して注目されたHIKAKIN(ヒカキン)さんや、スライム風呂をつくるなど
      破天荒な挑戦をするはじめしゃちょーさんらがいる。動画再生に伴う広告収入などに
      より、専業で生活する人も出てきている。今春ソニー生命が実施した調査で、男子
      中学生の将来なりたい職業3位に「ユーチューバーなどの動画投稿者」が入るなど、
      若い世代に人気がある。

       福井市在住のユーチューバーKazu(カズ)さん(33)は、地元でウェブ
      デザイナーをしていた2010年、「自分を録画するって面白い」と投稿を始めた。
      11年に公開した、100日間で22キロ減量した自身の写真をつなげた動画が
      特に注目を集め、現在は専業のユーチューバーになった。

      【朝日新聞】
       http://www.asahi.com/articles/ASK654HWPK65UCVL016.html
      【【職業】男子中学生なりたい職業3位!ユーチューバーのおしごとwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/01/06(金)19:15:04???
      男の子がなりたい職業、「学者」2位に急上昇 

      連続ノーベル賞効果か 

      第一生命調査

       第一生命保険が6日発表した「大人になったらなりたいもの」のアンケート結果に
      よると、男の子で「学者、博士」が2位となり、前回の8位から大幅に上昇した。

      第一生命は「日本人のノーベル賞連続受賞の影響があるのではないか」と分析している。

      【産経ニュース】 
       http://www.sankei.com/life/news/170106/lif1701060030-n1.html

      学者

      【イメージ画像】
      【【話題】男の子がなりたい職業、『学者』2位に急上昇!連続ノーベル賞効果か?第一生命調査】の続きを読む

        このページのトップヘ