1まとめらいぶ2017/03/15(水) 10:16:30.04ID:CAP_USER.net
【ねとらぼ】
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/10/news148.html



日本初のハンバーガーチェーン店「ドムドムハンバーガー」。全国で400店ほど
展開されていた90年代に比べてなかなか見かけない存在となっていますが、
2月28日に6店舗が同時に閉店。残り54店と数少なくなったことが
Twitterで注目を集めていました。

子どものころに味わったお店がなくなるのがさみしいという人もいる一方で、
今だからこそドムドムにハマっている人も少なからず存在します。いくつも
ハンバーガーチェーンが展開されている現在の日本において、ドムドムなら
ではの良さはどこにあるのか有志でドムドムを応援する団体
「ドムドム連合協会」に魅力を語ってもらいました。

ダイエーとともに広がった元祖ハンバーガーチェーン

 ドムドムは1970年にダイエーの子会社ドムドムが東京都町田市にて第一号店を
オープン。独立店舗のほか、ダイエーの大型店舗に出店する形で広がり、最盛期は
北海道から九州まで全国的に400店ほど展開されました。定番メニュー「甘辛
チキンバーガー」には今なお根強いファンが。象のロゴに見覚えのある人も
きっと多いと思われます。

 そんな中での「6店舗同時閉店」とあって、ファンからは「とうとうドムドムが
事業撤退を決定したのではないか」と不安を覚える声もあがっていました。
担当者によると、決算を前に閉店がたまたま一度に重なったただけで、
そういった話はまったくないとのことです。

しかし3月には福岡県にある水巻店の閉店も決まっており、
ドムドムの数が減り続けているのは間違いないようです。
【【食品】ハンバーガーの老舗『ドムドムハンバーガー』が大量閉店!ピーク時400店 → 54店】の続きを読む