経済 : まとめらいぶ

タグ:経済

1まとめらいぶ2017/06/16(金) 20:01:54.66ID:CAP_USER.net
日本人の平均貯蓄高は1820万円と発表されましたが、60歳以上の世帯が平均を押し上げて
おり、若い世代には実感がありません。今回は、将来への大きな武器となる「投資」につ
いて解説します。

2017年5月に総務省が発表した「家計調査報告」の内容が物議を醸しています。それによ
ると、日本の皆さんの平均貯蓄高は「1820万円」だそうです。

 「まじか……」「そんなにない」「というより、周りにそんな人いない」という声が多
く聞かれています。

 それもそのはず、このデータはあくまで国民全体です。実は、60歳以上の世帯が平均を
大きく押し上げていたため、20代から40代にとっては「そんなにあるの?」といまいち
ピンとこなかったのも当然です。

 そこで実態を知るべく、よりリアルな20代から40代の貯蓄額を見てみましょう。対象は
金融広報中央委員会(2016年)のデータによるものです。ちなみに、貯蓄と貯金、預金で
は厳密にはそれぞれ定義が異なるのですが、以下では便宜上なじみがある「貯金」を使用
します。

20代の貯金の平均は「184万円」

 データによると、20代の世帯あたりの平均は「184万円」でした。これは、全体平均
「1820万円」の約10分の1です。20代で金融資産を保有している人は54.7%しかいませ
ん。残りの45.3%は「貯金などない」ということになります。

 そして、中央値はなんと0円でした! 中央値とは、それぞれの貯金額をズラリとなら
べて順位付けし、ちょうど真ん中の順位にいる人の貯金額をいいます。

30代の貯金の平均は「395万円」

 そして、30代の貯金の平均は「395万円」でした。中央値は167万円です。30代では
167万円以上の貯金があれば30代世帯の順位は真ん中より上ということになります。

 30代でも金融資産を持っていない(貯金ゼロ)世帯が全体の約3分の1もいます。

40代の貯金の平均は「588万円」

 40代の貯金の平均は「588万円」でした。30代と比べるとぐっと上がりますね。
中央値は200万円です。こちらは30代とそこまで差がありません。

 40代でも金融資産を保有していない世帯が約3分の1(35%)います。

20代~40代の平均貯金のまとめ

 30代から40代になるときに「金融資産をたくさん持っている人」はより多くを持つ
ようになり、そうでない人との差が開いている、ということが分かります。

 30代、40代の約3分の1はそもそも金融資産など保有しておらず、保有している資産の
中央値は200万円前後ということが分かります。そして、20代に至っては約半数が金融
資産を保有しておらず、中央値は0円という結果でした。

 総務省が発表した「家計調査報告」の平均1820万円という結果とはだいぶ違った
イメージを持たれることかと思います。

【IT media ビジネス】
 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/16/news009.html

有り金

【イメージ画像】
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/05/09(火) 19:25:21.67ID:CAP_USER.net
【朝日新聞】
 http://www.asahi.com/articles/ASK5966K0K59UCVL02F.html

 NHKは9日、2016年度の単体決算(速報値)を発表した。受信料収入は契約
件数が増えたことなどから、前年度より144億円増加して6769億円(税抜き)
となり、3年連続で過去最高となった。事業収入は7073億円で、初めて7千億円
を超えた。事業収入から事業支出を引いた事業収支差金は280億円で、27年連続
の黒字になった。

契約

【イメージ画像】
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/03/19(日) 20:17:14.28ID:CAP_USER.net
【R25】
 https://r25.jp/money/00056163/

「RPG」風に職業を表現した給料・給与のポータルサイト「給与バンク」で、
「YouTuber(ユーチューバー)」の平均給料・給与が「月額747万円」と算出
されことが明らかになり、ネットでは衝撃が広がっている。

同サイトは、資本主義という世界で戦う企業戦士たちを「RPG」に登場するような
キャラクターとして描いた「一億総かっこいい職業」をコンセプトにしたサイト。
お馴染みの“ジョブ”や“スキル”といった言葉を用いて職業の特徴を捉えて
解説している。

YouTuberは、「ニュージェネレーションジョブ(新しい職業)」の一つとして、
歌い手やコスプレイヤー、プロゲーマーなどとともに紹介されている。YouTuberの
ページには「YOUTUBEという動画サイトで活動するネットタレント。人気ジョブ
ランクで上位に君臨しはじめた『新生代ジョブ』の一つ」とあり、「当たれば金と
名声を同時に手に入れることができる一攫千金型の職業」とも記載されている。

給与については、「最近出来た仕事のため平均を算出するのは難しい」としながらも、
動画再生の単価を0.11円として、2016年5月の動画再生数ランキングトップ20から平均
給与を予測。結果、「トップランカーの平均給与747万」と算出されたという。

これは同サイトの全職種の中で、1位・プロ野球選手(平均給与1395万円)、
2位・騎手(平均給与1175万円)に次ぐ堂々3位にランクインしている。

このYouTuberの給与額にTwitterでは、

「ユーチューバーに俺はなる!」
「俺も、YouTuberなろうかな(笑)」
「僕、ブロガーやめてYoutTuberになります!」

と志望者が相次ぐ事態となっている。さらに、

「圧倒的な努力あってこそ!」
「YouTuberの平均給料は747万円って誤解を生みそうなw」
「ユーチューバーって税金どうしてんだろ?ってよく思う」

と思い思いの反応を示している。
ちなみに、同サイトによると日本人YouTuberの収入ランキングベスト3は、

1位がHIKAKIN(推定1億1846万円以上)、
2位がマックスむらい(推定7462万9440万円以上)、
3位がKan & Aki's CHANNEL(推定7400万円以上)だった。

世界ランキングでは、1位ピューディパイ(7億1000万円)、
2位スモッシュ(6億3000万円)など億越えがスタンダードのようだ。

もちろん成功しているYouTuberばかりではなく、「初任給1万円」と記載されている
ように、約8割の人が月1000円未満程度の収入という厳しい世界であるようだ。
といはいえ、多くのユーザーにとってジョブチェンジをも考えさせる
夢のある話題といえそう?

自撮動画

【イメージ画像】
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ