タグ:経済

1まとめらいぶ2017/07/28(金) 20:21:26.96ID:CAP_USER9.net
森永乳業のロングセラーアイス商品「ダブルソーダ」の販売が終了した。
1983年の発売以来、手頃な価格と変わらぬ味で幅広い世代から人気を集めてきた
アイスバーが、34年の歴史に幕を閉じた。
ネット上では、惜しむ声があがっている。

なぜ、販売を終えたのか。森永乳業広報部の担当者は2017年7月28日、J-CASTニュース
の取材に対し、「販売量の減少により、終売の判断をいたしました」と説明した。

前身含めると半世紀以上のロングセラー

ダブルソーダは1983年3月、森永乳業がユニリーバと提携して立ち上げた「エスキモー」
ブランド(2010年に終了、以降は「森永乳業」ブランドに統一)から発売された。

最大の特徴は、一つのアイスに木の棒が2本付いている点だ。
幅広の形をしたアイス部分は縦に「パキッ」と2つに割ることができ、家族や友達、恋人
などと半分ずつシェアして食べることができた。2017年の販売終了時のメーカー希望
小売価格は60円(税別)だった。

今回、ダブルソーダの販売終了をツイッターで報告して注目を集めたのは、
一般社団法人「日本アイスマニア協会」(東京都港区)の代表理事を務める
「アイスマン福留」さんだ。7月28日朝の更新で、

「棒が2本『半分個』にして食べられる、あの思い出のアイス『ダブルソーダ』が
今年の春で販売終了となったそうです」

と伝えたのだ。

このツイートは投稿から半日で1万2000回以上リツイート(28日18時時点)されるなど
大きな反響を呼び、投稿のリプライ(返信)欄などには、

「子供の頃はソーダ味と言ったらダブルソーダでした」
「ダブルソーダなくなるのかよ!大好きだったのに...」
「最近見かけないなぁと思ったら販売終了になっていたんですね...。
小さい頃よく食べた思い出があります。寂しいなぁ」
「俺の青春を彩ってくれたアイスが...」

といった悲しみの声が相次いで寄せられている。

森永乳業の広報担当者によると、販売の終了は2017年3月末。
また、ダブルソーダの前身商品として「ソーダアイス」(1965年発売)があるという。
こちらも含めると、今回の販売終了によって、半世紀以上にもわたって販売が続いた
超ロングセラー商品の販売が終了したことになる。

【J-CASTニュース】
 https://www.j-cast.com/2017/07/28304499.html

30年以上の歴史に幕を閉じた森永乳業の「ダブルソーダ」

続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/22(土) 17:14:41.79ID:CAP_USER9.net
「リポビタンD」に代表される栄養ドリンク剤の売り上げが減っている。

 消費を支えてきた団塊世代のサラリーマンの退職や、特定保健用食品(トクホ)など
ライバル商品の普及が背景にある。ドリンク剤を手がける製薬各社は、女性向けや仕事
のスタイルに合わせた商品の投入などで、巻き返しを図ろうとしている。

 医薬品や指定医薬部外品として薬局やコンビニなどで売られているドリンク剤は、日
本経済の発展と共に普及してきた。

 大正製薬が1962年にリポビタンDを発売して以降、各社が商品を投入し「モーレ
ツ」に働くサラリーマンの疲労回復を担ってきた。バブル期は三共(現・第一三共ヘル
スケア)のリゲインが「24時間戦えますか」のキャッチコピーと共にヒット。市場規
模は2001年度に1537億円と、ピークに達した。

 しかし、長時間労働を見直す機運の高まりや他の健康商品の普及で、16年度には
ピークの4割減にあたる927億円まで落ち込んだ。若い世代ではドリンク剤よりも、
「レッドブル」などエナジードリンクと呼ばれる清涼飲料水が支持されていることも
一因だ。

【読売オンライン】 
 http://yomiuri.co.jp/economy/20170722-OYT1T50029.html

販売額の統計

続きを読む

1まとめらいぶ2017/06/16(金) 20:01:54.66ID:CAP_USER.net
日本人の平均貯蓄高は1820万円と発表されましたが、60歳以上の世帯が平均を押し上げて
おり、若い世代には実感がありません。今回は、将来への大きな武器となる「投資」につ
いて解説します。

2017年5月に総務省が発表した「家計調査報告」の内容が物議を醸しています。それによ
ると、日本の皆さんの平均貯蓄高は「1820万円」だそうです。

 「まじか……」「そんなにない」「というより、周りにそんな人いない」という声が多
く聞かれています。

 それもそのはず、このデータはあくまで国民全体です。実は、60歳以上の世帯が平均を
大きく押し上げていたため、20代から40代にとっては「そんなにあるの?」といまいち
ピンとこなかったのも当然です。

 そこで実態を知るべく、よりリアルな20代から40代の貯蓄額を見てみましょう。対象は
金融広報中央委員会(2016年)のデータによるものです。ちなみに、貯蓄と貯金、預金で
は厳密にはそれぞれ定義が異なるのですが、以下では便宜上なじみがある「貯金」を使用
します。

20代の貯金の平均は「184万円」

 データによると、20代の世帯あたりの平均は「184万円」でした。これは、全体平均
「1820万円」の約10分の1です。20代で金融資産を保有している人は54.7%しかいませ
ん。残りの45.3%は「貯金などない」ということになります。

 そして、中央値はなんと0円でした! 中央値とは、それぞれの貯金額をズラリとなら
べて順位付けし、ちょうど真ん中の順位にいる人の貯金額をいいます。

30代の貯金の平均は「395万円」

 そして、30代の貯金の平均は「395万円」でした。中央値は167万円です。30代では
167万円以上の貯金があれば30代世帯の順位は真ん中より上ということになります。

 30代でも金融資産を持っていない(貯金ゼロ)世帯が全体の約3分の1もいます。

40代の貯金の平均は「588万円」

 40代の貯金の平均は「588万円」でした。30代と比べるとぐっと上がりますね。
中央値は200万円です。こちらは30代とそこまで差がありません。

 40代でも金融資産を保有していない世帯が約3分の1(35%)います。

20代~40代の平均貯金のまとめ

 30代から40代になるときに「金融資産をたくさん持っている人」はより多くを持つ
ようになり、そうでない人との差が開いている、ということが分かります。

 30代、40代の約3分の1はそもそも金融資産など保有しておらず、保有している資産の
中央値は200万円前後ということが分かります。そして、20代に至っては約半数が金融
資産を保有しておらず、中央値は0円という結果でした。

 総務省が発表した「家計調査報告」の平均1820万円という結果とはだいぶ違った
イメージを持たれることかと思います。

【IT media ビジネス】
 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/16/news009.html

有り金

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/09(火) 19:25:21.67ID:CAP_USER.net
【朝日新聞】
 http://www.asahi.com/articles/ASK5966K0K59UCVL02F.html

 NHKは9日、2016年度の単体決算(速報値)を発表した。受信料収入は契約
件数が増えたことなどから、前年度より144億円増加して6769億円(税抜き)
となり、3年連続で過去最高となった。事業収入は7073億円で、初めて7千億円
を超えた。事業収入から事業支出を引いた事業収支差金は280億円で、27年連続
の黒字になった。

契約

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/19(日) 20:17:14.28ID:CAP_USER.net
【R25】
 https://r25.jp/money/00056163/

「RPG」風に職業を表現した給料・給与のポータルサイト「給与バンク」で、
「YouTuber(ユーチューバー)」の平均給料・給与が「月額747万円」と算出
されことが明らかになり、ネットでは衝撃が広がっている。

同サイトは、資本主義という世界で戦う企業戦士たちを「RPG」に登場するような
キャラクターとして描いた「一億総かっこいい職業」をコンセプトにしたサイト。
お馴染みの“ジョブ”や“スキル”といった言葉を用いて職業の特徴を捉えて
解説している。

YouTuberは、「ニュージェネレーションジョブ(新しい職業)」の一つとして、
歌い手やコスプレイヤー、プロゲーマーなどとともに紹介されている。YouTuberの
ページには「YOUTUBEという動画サイトで活動するネットタレント。人気ジョブ
ランクで上位に君臨しはじめた『新生代ジョブ』の一つ」とあり、「当たれば金と
名声を同時に手に入れることができる一攫千金型の職業」とも記載されている。

給与については、「最近出来た仕事のため平均を算出するのは難しい」としながらも、
動画再生の単価を0.11円として、2016年5月の動画再生数ランキングトップ20から平均
給与を予測。結果、「トップランカーの平均給与747万」と算出されたという。

これは同サイトの全職種の中で、1位・プロ野球選手(平均給与1395万円)、
2位・騎手(平均給与1175万円)に次ぐ堂々3位にランクインしている。

このYouTuberの給与額にTwitterでは、

「ユーチューバーに俺はなる!」
「俺も、YouTuberなろうかな(笑)」
「僕、ブロガーやめてYoutTuberになります!」

と志望者が相次ぐ事態となっている。さらに、

「圧倒的な努力あってこそ!」
「YouTuberの平均給料は747万円って誤解を生みそうなw」
「ユーチューバーって税金どうしてんだろ?ってよく思う」

と思い思いの反応を示している。
ちなみに、同サイトによると日本人YouTuberの収入ランキングベスト3は、

1位がHIKAKIN(推定1億1846万円以上)、
2位がマックスむらい(推定7462万9440万円以上)、
3位がKan & Aki's CHANNEL(推定7400万円以上)だった。

世界ランキングでは、1位ピューディパイ(7億1000万円)、
2位スモッシュ(6億3000万円)など億越えがスタンダードのようだ。

もちろん成功しているYouTuberばかりではなく、「初任給1万円」と記載されている
ように、約8割の人が月1000円未満程度の収入という厳しい世界であるようだ。
といはいえ、多くのユーザーにとってジョブチェンジをも考えさせる
夢のある話題といえそう?

自撮動画

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ